ピクシブ百科事典

ビッグブラザー

びっぐぶらざー

1984年(小説)に登場する人物。
目次[非表示]

概要

舞台であるエアストリップ・ワンのロンドン、及びオセアニア(国家)を支配しているイングソック体制の頂点に立つ独裁者。B-B、偉大なる兄弟とも。
ロンドンの至る所にあるポスターやテレスクリーンに「ビッグ・ブラザーがあなたを見守っている(Big Brother is watching you)」のスローガンと共に黒い髪に黒い口ひげを貯えた人物として描かれている。真理省により神格化されている。
真理省の記録によると後に「人民の敵」となるエマニュエル・ゴールドスタインと共に「党」を結党し、イングソック体制を打ち立てた功労者とされており、現在もなお党を率いている。
その実在は不明瞭なところが多く、記録を遡ろうにも真理省が絶えず情報を改ざんしているためにそれを確認することはできない。
また、エマニュエル・ゴールドスタイン著の禁書『少数独裁制集産主義の理論と実際』によると、オセアニアは党上層部の少数独裁制により指導されているらしく、恐怖と尊敬を受け易い一人の存在の必要性から生まれたものであるとされる。

類似する人物

スターリン
ポスターに描かれる肖像と似ており、世界史史上ヒトラーと並んで神格化された人物。

関連タグ

1984年(小説)
三橋貴明 - 自著および公式ブログのタイトル『新世紀のビッグブラザーへ』は、本タグが由来。

pixivに投稿された作品 pixivで「ビッグブラザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3704

コメント