ピクシブ百科事典

独裁者

どくさいしゃ

政治や集団を一人で操ることができる人物。特に近代国家においての政治を単独で動かす個人(国家元首)や組織(執政党の党首)のことを指す。
目次[非表示]

概要

独裁制が行われている場合において、その頂点として政治や集団を支配し操る立場の人物を指す。経緯や形態、思想などは様々だが、権力が一個人か思想を同じくする少数の者に集中している点で共通している。
また、制度としては独裁ではないものの、結果的に権限が特定人に集中し独裁的な政権運営が行われる場合も独裁者と扱われる場合が多い。

現代では独裁自体が否定的に評価されることが多く、「独裁者」と呼ばれる場合好意的な評価はされない。
実際有名な独裁者としてはスターリンヒトラー毛沢東ポル・ポトのように数千万単位の死者を出した悪名高き暴政者が多い。
また、独裁者の中に潔癖志向もいるという文献も中には存在する。

一方、独裁制のメリットを生かして近代トルコの礎を築き尊敬されているケマル・アタテュルク、「欧州の火薬庫」ともいえるバルカン半島を優れた統率力でそれを押さえ込み、40年に渡る平和を実現したチトーシンガポールを先進国に発展させたリー・クアンユーのような、国父や英雄として現在でも慕われている独裁者の例も存在する。なお、ケマルは独裁者ではあるが生前から独裁の限界を悟っており没後は集団指導体制を促したという。

映画「独裁者」

チャールズ・チャップリンが監督・製作・脚本・主演を務め、ヒトラーとナチズムの風刺を主なテーマとしたアメリカ映画。それまでのサイレント映画からトーキー映画に変えた作品でもある。1940年10月公開だが、日本は当時ドイツと同盟関係にあったため、公開されたのは20年後の1960年になってから。

ストーリー

第一次世界大戦。トメニアの兵士として戦線で戦うユダヤ人である床屋のチャーリー。逃げるチャーリーは将校シュルツを助けたが祖国は敗れ、逃げた時に意識を失い、以後20年も昏睡状態になった。
その20年後のトメニアはチャーリーと瓜二つのヒンケル総統が国を支配し、自由を民主主義を否定し、ユダヤ人を迫害していた。目覚めたチャーリーは現状を理解できずにいたため突撃隊を怒らせてしまったが、突撃隊隊長がかつて助けたシュルツだったため難を逃れた。
隣国オストリッチ進駐を企てるヒンケルはますますユダヤ人迫害を強め、追放されていたシュルツとともにチャーリーは収容所に送られてしまう。
進駐を邪魔しようとする隣国バクテリアの独裁者・ナパロニを何とか説き伏せたヒンケルはついにオストリッチを侵略する。ところがその直前に脱走したチャーリーとヒンケルが入れ替わってしまい、ヒンケルとなったチャーリーは群集を前に演説をすることに。


この演説シーンの為、サイレント映画だと伝えきれないのでトーキー映画に路線変更したという逸話があるが実際は違うらしい(詳細はチャップリンの項目を参照)。

なお、この映画「独裁者」の製作当時はヒトラーならびにナチスの本当の恐ろしさである「ホロコースト」の事を彼は知らなかったらしい。ヒトラーとナチスを茶化して風刺しているわけだが、もしそれを知っていたら作れなかったという。

代表例(2021年6月現在)

現在

過去

関連タグ

政治 独裁 独裁国家 国家 国家元首 君主 暴君
潔癖症

関連記事

親記事

独裁 どくさい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「独裁者」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「独裁者」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 335140

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました