ピクシブ百科事典

目次[非表示]

アイマス楽曲はコチラ ⇒ 『「自転車」
ポケモンどうぐについては ⇒ じてんしゃ

解説

自分の脚力のみで快適に、高速に移動できる車両。チャリンコチャリ)とも言う。徒歩に比べて格段に速く移動でき、それでいて体力の消耗や疲労は自分の足で走るよりも少なくて済み、人力以外に動力を必要としない(電動アシスト付き自転車は別だが)のでエコであり、なおかつ自転車を漕ぐことは運動にもなるため健康にも良い…と、非常に理に適った乗り物である。

自転車での移動は、徒歩の5分の1程度しかエネルギーを必要としない。一定の距離を移動する時に消費するエネルギーをいろいろな生物や機械と比較すると、自転車による移動は生物と機械の両方の中で、その移動に要するエネルギーの量に関して突出して効率的であるといわれる(ただし、これは平坦な舗装道路という自転車にとって有利な条件での比較である)。

しかし、その一方で交通面での様々な問題が絶えない。自転車は安全性・危険性共に中途半端な車両で、『自転車は人力で安全だから歩行者と同じ』等とはき違えるあまり、自転車通行規制区域(自転車マーク付)が明示されているにもかかわらず歩道や歩行者天国を走ったり、一秒でも早く目的地に着く為一時停止せずにいきなり進入したり、斜め通行等を駆使したり、雨天時に傘をさしながら走ったりする自転車が多い。なお、自動車や単車のウインカーにあたる手信号が存在するが、その存在自体全然知らない者が多く、「手信号で事故の確率を最小限に抑えられます。」と交通安全教室等で教えて貰っても誰もしないのが現状である。また、車両の為、右側を走ると逆走扱いになる(日本において)。近年ではスマホをいじりながら自転車に乗った若者が歩道で高齢者に衝突し、その高齢者を死亡させる等の自転車絡みの交通事故並びに多額の損害賠償を請求される事案が後を絶たない。その為、警察や行政機関等による前述の手信号の普及等、自転車のマナーに関する様々な取り組みが見られる。

歴史

世界初の自転車らしきものは、1817年にドイツのカール・フォン・ドライスという人物が発明した「ドライジーネ」と呼ばれるもので、このときのものはフレームに車輪を2個取り付けてあるものの、現在の自転車のような車輪に動力を伝えるペダルはなく、搭乗者が足で地面を蹴って進ませるキックスケーターだった。この形式のものは、21世紀の現在も幼児向けのおもちゃとして売られている。

1861年、これに車輪への動力を伝える工夫として、三輪車のように前輪に直結したペダルを取り付けた「ベロシペード」が登場する。
この時期には、フレームの形においても、サドルの前にある三角形の部分の上側(専門用語で「トップ・チューブ」という)を削り、下側の一本の太いフレーム(専門用語で「ダウン・チューブ」という)のみで支える現在の「ママチャリ」に通じるものが登場している。

「ベロシペード」が登場してから約20年後の1880年頃、イギリスのジェームズ・スターレーという人物が自らの息子と協力し、それまで前後輪がほぼ同じ大きさであった「ベロシペード」の駆動輪である前輪を極端に大きくしてスピードが出せるようにした「ペニー・ファージング」という形の自転車を造りだした。
これは、自動車速度を上げるためにタイヤをより大きな直径のものに交換したり、蒸気機関車の動輪が大きくなっていたりするのとまったく同じ理論である。
車輪をスムーズに回転させることができるよう、車輪の軸受けにボールベアリングが組み込まれるようになったのもこの頃からである。

このようにして生まれた「ペニー・ファージング」であったが、重心が高く独特のバランス感覚を要する他、着座位置が高く段差に前輪が引っかかった場合は、そのままの速度で最悪前につんのめる形で転倒して命にかかわることもしばしばという危険なシロモノであり、「ペニー・ファージング」を発明した人物の甥にあたるジョン・ケンプ・スターレーは叔父から独立して興した企業において、1886年に「ベロシペード」のフレームを利用した新しいタイプの自転車である「安全型自転車(セーフティ)」を造りだした。
それまでの自転車と「安全型自転車」の主な違いは、次のとおりである。

  • ペダル直結の前輪駆動からチェーンドライブの後輪駆動になったこと。
  • ペダルの位置がサドルの真下付近に移動したこと。
  • 前輪を操舵専用としてハンドルの形を改良したこと。
この「安全型自転車」は、重心が低いために前輪が段差に引っかかっても転びにくく、少々の練習で乗れるようになることから爆発的に売れた。

1930年代に駆動輪の回転数がペダルの回転数以上になるとペダルのギヤが空転するフリーホイール機構が組み込まれるに至り、現在の自転車に繋がる基本的な機構が完成した。

自転車は1970年代以降、さらに長足の進歩を遂げる。スポーツバイクの世界においてカンパニョーロが「グループセット」、シマノは「コンポーネント」と称する自転車部品の一揃いをセット販売するようになり、両社は新技術を次々と投入し、スポーツバイクの性能は著しく向上し操作も簡単になった。シマノは廉価なコンポーネントも揃えることにより、低価格な自転車にもスポーツバイクで培われた新機構(外装式変速機など)が徐々に浸透していく。また1993年にはヤマハが世界初の電動アシスト自転車を発売し、その後世界的に普及していった。

自転車の種類

日本ではひと昔前まで「自転車」というと、日常の短距離移動用のシティサイクル(いわゆるママチャリ)のイメージが強かったが、ロードバイクロードレーサー)などのスポーツ仕様車は平坦な道であれば自動車並みの平均速度で一日100km以上も走ることができる。リヤカーをつなげば数百kgの荷物も運べる文明の利器である。

オフロード走行が可能なマウンテンバイクMTB)やシクロクロス、荷物運搬用の実用車、ランドナーのような旅行用自転車、複数人が乗車するタンデム自転車BMXのようなエクストリームスポーツ専用車などその種類は多種多様。最近では、ロードバイクやクロスバイクが通勤やレジャー用として注目され、メディアで取り上げられる機会が多い。

関連イラスト

ポリウレタン
佐渡トラ、行ってきます!
Tour de France/ツールドフランス
ふたり乗り



関連タグ

交通 乗り物  バイク 原付 三輪車 一輪車

じてんしゃ サイクル ママチャリ MTBマウンテンバイク) ロードバイク ロードレーサー クロスバイク オーディナリー 小径車 折り畳み自転車 タンデム自転車 ピスト トラックレーサー

ハンドル ブルホーンバー エビホーン SwingCrip サドル クランク ペダル リアディレーラー 補助輪 3本ローラー 空気入れ 駐輪場 ぶどう坂 レーパン レーシングパンツ

サイクリング 競輪 サイクルロードレース ヒルクライム 自転車選手 ツールドフランスツール・ド・フランス

二人乗り 空飛ぶ自転車 電車と競争 チャリカス

E.T. アオバ自転車店 アンダルシアの夏 OverDrive 弱虫ペダル ろんぐらいだぁす! 宮尾岳

自転車関連のメーカー・ブランド

ブリヂストン ANCHOR パナソニック(旧・ナショナル) 宮田工業 FELT(自転車) Bianchi メリダ ORBEA トレック BMC(自転車) Giant プジョー KTM

シマノSHIMANO) ELITE MINOURA NITTO

他の記事言語

Bicycle

関連記事

親記事

くるま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「自転車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22070060

コメント