ピクシブ百科事典

FELT(自転車)

ふぇるとばいしくる

ドイツおよびアメリカ・カリフォルニア州に拠点をおく自転車メーカー。

沿革
創設者であるジム・フェルトはもともとヤマハ、カワサキ、スズキ、ホンダなどのメカニックとしてモーターレース用のオートバイフレームを製作していたが、1989年、自身が乗るためのトライアスロン用自転車フレームのデザインを始めた。このフレームの出来に驚いたプロ選手たちがジムにフレームの製作を依頼するようになる。

やがて自転車業界では新興メーカーであったイーストン・スポーツから声がかかり、ジムはイーストンの依頼で製品開発に携わることになる。特にトライアスロンとシクロクロスの分野では彼の製作したフレームが幾多のチャンピオンを生み、その評価を確固たるものとした。

1994年イーストンを離れたジムは2000年までアンサー・プロダクツと提携して製品開発を続け、2001年独自ブランドを立ち上げた。これに際し、従来ハイエンドのレース用機材が中心であったものを、世界的マーケットで幅広いラインアップを擁する総合自転車メーカーへの転換をビジョンとして、ジムのパートナーとなったのがアメリカ人ビル・デューリングとドイツ人ミヒャエル・ムルマンである。

ビル・デューリングはワシントンD.C.で3代続く自転車店経営者の家庭に生まれ、大手自転車問屋に就職する。そこでBMXを中心とした自転車の流通・販売ノウハウを得た。一方ミヒャエル・ムルマンは大学で経営学と経済学を学ぶかたわら学費を捻出するためにスポーツ用品の輸入販売を営み、自ら自転車店を開業したり、のちにはBMXやマウンテンバイクの製造をも手がけるようになった。2人はBMXの販売を通じて知り合い、フェルトブランドの立ち上げに資金面および人材面で協力することとなる。

その後はヨーロッパとアメリカの二極体制で事業を展開し、現在ではロードバイク、トライアスロンバイク、シクロクロス、BMX、マウンテンバイク、トラックレーサー、軽快車などラインアップを拡大し、27か国に140モデルを供給する中堅メーカーとなっている。

日本におけるプレゼンス
日本においてはGTバイシクルズと同じく、ライトウェイプロダクツジャパンが総輸入代理商社となっている。

フェルトはもともと大規模な宣伝を打たず口コミでシェアを伸ばしてきた経緯から、日本のスポーツ車マーケットでは地味な印象を拭えなかった。しかし2007年にはアメリカのUCIコンチネンタルプロチーム、チーム・スリップストリーム・パワード・バイ・チポートレ(現、ガーミン・サーヴェロ)に機材供給を開始、2010年まで同チームに機材を供給した。2008年にはジロ・デ・イタリアのチームTTで優勝し、同年のツール・ド・フランスにワイルドカード枠で出場した。2009年のブエルタ・ア・エスパーニャでは3つのステージ優勝をチームにもたらすなど、その認知度は着実に上昇している。

尚、同名の東方アレンジサークルが存在する

FELT Music - FELT

FELT bicycles - この記事

pixivに投稿された作品 pixivで「FELT(自転車)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2766

コメント