ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

プジョー(PEUGEOT)はフランス四輪自動車二輪自動車自転車のブランド。

現存する最古の量産自動車メーカーである。


元々は歯車ペッパーミルを製造する金属製造業を生業にしていたところからスタートするので、現在でもペッパーミルやコーヒーミルも製造販売している(後述)。


ライオンをモチーフとした企業ロゴ・エンブレムを用いていることで知られる。


シトロエン/DSオートモビルズ/オペル/ボクスホールの各ブランドとともに「グループPSA(Peugeot Société Anonyme、株式会社プジョーの略)」(旧社名PSA・プジョー・シトロエン)を構成していたが、2021年にフィアット・クライスラーと合併して誕生した多国籍グループ「ステランティス」の一員に編成されている。


市販車の特徴

部品メーカーに頼らず独自にサスペンションを開発している。そのしなやかなで路面に吸い付くような足回りが日本では猫足と呼ばれ、一部の車オタクの心を掴んでいる(ただし最近ではドイツ車風の硬めの脚になっている、という論評もチラホラ見られる)。


デザインのおしゃれさでも知られている。


一部を除いて車名の命名規則に208、308といったように“x0x”のように真ん中にゼロを入れる数字とする伝統がある。

最初の数字が車体の大きさ、最後の数字を世代としていたが、208世代を最後に「8」はヨーロッパ向け、新興国向けには「1」を使用することとなった。

また真ん中の「0」はSUVのような大型車の場合は「00」となり4桁の数字となる。


モータースポーツ

最古の公式自動車レース「パリ・ルーアン・トライアル」(1894年)へ参加したのを皮切りに積極的にモータースポーツに取り組んできた。今では想像もつかないが、インディ500で優勝したこともある。


特に1980年代以降のプジョーの活躍はめざましく、以下のようにライバルがやってこなかったような画期的な設計を用いたレーシングカーを多く世に送り出し、成功を収めている。



プジョーのレーシングカーの命名規則は、基本的には市販車を踏襲している。


沿革

プジョー家は1810年頃からブルゴーニュヴァランティニーペッパーミル歯車などの製造を営んでいた。

1865年、アルマン・プジョーが家業の経営に参画。

1882年、自転車製造を始める。

1889年、蒸気エンジン自動車を4台製作。

1890年、ダイムラー社、パナール社と話し合い、パナールがライセンス生産したダイムラーのガソリンエンジンを自社の自動車に採用する。

1896年、自社製エンジンを搭載したタイプ15を開発。

1974年、シトロエン社を合併し、持株会社PSAを設立。

1979年、イギリス・クライスラー社、シムカ社を傘下に収める。

2005年、トヨタ自動車との合弁会社、トヨタ・プジョー・シトロエン・オートモービルを設立。

2014年、中国の東風汽車と資本提携。

2017年、ゼネラルモーターズからオペルボクスホールを買収。

2019年、フィアット・クライスラー・オートモービルズと経営統合。

販売車種

107

108

206

207

208

306

307

308

407

408・・・クロスオーバーとセダンの2種類がある。

508

607

806

807

リフター

トラベラー

ボクサー

エキスパート

パートナー

ランドトレック

ピックアップ

2008

3008

5008

RCZ

関連タグ

フランス PEUGEOT 自動車メーカーリスト


プジョー車が重要なキャラクターとなる作品

関連記事

親記事

自動車メーカーリスト じどうしゃめーかーりすと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 248809

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました