ピクシブ百科事典

グループB

ぐるーぷびー

グループBとは、WRCの狂気と熱狂の時代である。
目次[非表示]

概要

1981年、国際自動車スポーツ連盟(FISA)が制定した競技用自動車のカテゴリーのひとつで、WRCにおけるグループ4規定の後継である。
ホモロゲーション(カテゴリー認定の条件)取得の条件として、「連続する12ヶ月間に200台生産すること」と定められた。グループ4の時代と比べると半分である。
これは70年代、オイルショックによって各メーカーがWRCから続々と遠のいてしまったため、彼らを呼び戻すために負担を軽くするためである。

目論見どおり、続々と各メーカーが参戦を表明し、WRCは隆盛を極めた。
「ワークスとして選手権に参戦する車両はエボリューションモデルを20台を作ればホモロゲを認める」という文面が追加されてからは、ケプラー樹脂やカーボンでできたボディにパイプフレームという1トンを切る軽量ボディに600馬力クラスのエンジン、4WD+ミッドシップ+ターボは当たり前というキ○ガイみたいなマシンが続々と登場。「公道を走るF1」とか言われるくらいの尋常ではない速さを誇った。
とにかくスピードを追求した技術者たち、操縦性もへったくれもないマシンを操るドライバーたち、その暴力的な走りに魅了されたギャラリーたち、まさに狂気と熱狂の時代である。

しかし、行き過ぎた開発競争はやがて事故という形でその危険性が表面化した。1985年に2件のドライバー死傷事故が発生したのを皮切りに、1986年には観客を巻き込んだ事故も発生。
FISAは「もう市販車と別物だから新しいプロトタイプカー作ったほうが安全なんじゃね?」と新しいカテゴリーのグループSに移行しようとしていたが、その議論のさなかに死亡事故が連発。1986年ツール・ド・コルスでの死亡事故が決定打となってグループBは廃止され、それ以降のWRCは従来下位クラスであったグループAで競われることになった。

突如としてWRCの舞台から下ろされたグループBのマシン達であったが、その後パリダカやパイクスピーク・ヒルクライム、ラリークロスなどに流れて大活躍した。また競技で使用できなくなったマシンはメーカーが保管していたりコレクターの手に渡るなどしているが、デルタS4の様に日本のナンバーを取得して一般道を走っている個体も存在する。

今でも熱心な信者が多く、今のWRCが話題になるたび「グループB規定に戻せ」と息巻くオールドファンは跡を絶たない。現代のWRカーは派手な外観とグループBを遥かに凌ぐ速さから『現代のグループB』と称されることもあるが、コストの関係で規制が多く、車種やアイディアのバリエーションの豊富では全く太刀打ちできていない。

Gr.Bマシンの遍歴

1982年
前年にアウディがターボxAWDの初代クワトロをWRCに持ち込み、既に4WDの優位性が認められ始めていた。前年の課題を克服して女傑ミシェル・ムートンがドライバーズランキング2位につけるなどしてアウディがマニュファクチャラーズタイトルを獲得するが、ドライバーズ/コドライバーズはオペル・アスコナ400がグループ4規定・FR車最後のタイトルをヴァルター・ロール/クリスチャン・ゲイストドルファー組の手で飾っている。
またこの年、ランチアはグループB用にMRのラリー037を投入している。
日本勢では日産がマニュファクチャラーズ選手権で3位につけているものの、2位のオペル・1位のアウディとはほぼ倍の大差であった。

1983年
グループB元年。クワトロとラリー037の一騎打ちで、マニュファクチャラーズはランチア、ドライバーズ/コドライバーズはアウディが制するという結果となった。

1984年
マシン熟成とドライバーラインナップ刷新をしたアウディが圧倒的な速さでマニュファクチャラーズ/ドライバーズ/コドライバーズの3冠を達成するが、前年からスポット参戦を続けてきたプジョー205ターボ16が反撃の兆しを見せてきた。外見は205をワイドにした程度だが、中身は1800ccターボ+4WD+車重1t以下という正にモンスターマシンである。MR+4WDというレイアウトは当時未知のものであったが、プジョーの開発陣の優秀さがこれを結実させた。
サファリラリーでトヨタが初優勝しており、以降86年まで3連覇を果たすこととなる。またこの年を持ってオペルが撤退している。

1985年
前述のプジョー205が圧倒的な強さで3冠を制した年だが、グループBの危険性が表面化した年でもある。1tそこそこの車重に450~600PS(デルタS4は最終的に870PSにもなる)前後のパワー、さらに空力性を上げるためのエアロがついた事もその理由である。
結局速さだけを求めてしまい結果として制御不能な領域に達してしまった。この年にアッティリオ・ベッデガが037で木にぶつかり死亡。アリ・バタネンはアルゼンチンラリーで大クラッシュを起こし瀕死の重傷を負ってしまう。
トリフラックスエンジンと4WDで武装した、ランチア・デルタS4がようやく投入された年でもある。

1986年
満を持して投入されたデルタS4も強力であったが、ユハ・カンクネンの駆る205ターボ16の活躍によりプジョーが完全無欠の3冠2連覇を手にした。
しかしポルトガルでワークス参戦していたフォードのRS200が200km/hで観客席につっこみ、死者3名を含む40人以上が死傷する大事故を起こす。そして第5戦のツール・ド・コルスでこの規定の終わりを決定づける事故が起きる。ヘンリ・トイヴォネンの駆るデルタS4が(緩い)左コーナにノーブレで突っ込み崖下し転落、直後に爆発炎上、彼はコドライバーのセルジオ・クレストと共に死亡した(ヘンリの弟のハリがWRCから引退するきっかけにもなる)。FISAはこの事態を重く見て86年でグループBを廃止とし、これに伴ってグループSも施行前に消滅となった。

グループBのマシンたち

アウディ・スポーツクアトロS1


プジョー205T16E2


ルノー5ターボマキシ


「ランチア・ラリー037」(2回目)


ランチア・デルタS4


FORD RS200 85年RACラリー仕様


MGメトロ6R4


日産・240RS


セリカ・ツインカムターボ 84年サファリラリー仕様



生産されたものの公認取得ができなかった車両

ポルシェ959 - 生産されたがグループB消滅後の為
三菱スタリオン4WD - グループBに投入する予定だったが間に合わずプロトタイプクラスで参戦。また、ランエボの4WDシステムの開発用としても使われた
トヨタ222D - AW11ベースのグループSマシンだが、グループB消滅のため公認が取れなかった

以下はグループS版デルタS4
ECV - 小径ツインターボとトリフラックスエンジンに変更したもの
ECV2 - ハイテク素材と空力改善のテスト用。冷却系を改良し水冷式I/Cに変更されている

関連タグ

モータースポーツ WRC

関連記事

親記事

モータースポーツ もーたーすぽーつ

子記事

  • Gr.B ぐるーぷびー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グループB」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108383

コメント