ピクシブ百科事典

グループB

ぐるーぷびー

グループBとは、WRCの狂気と熱狂の時代である。
目次[非表示]

概要

1981年、国際自動車スポーツ連盟(FISA)が制定した競技用自動車のカテゴリーのひとつで、それまでのグループ4と呼ばれていたものの後継である。WRCはこのグループBによって競われることになった。
ホモロゲーション(カテゴリー認定の条件)取得の条件として、「連続する12ヶ月間に200台生産すること」と定められた。グループ4の時代と比べると半分である。
これは70年代、オイルショックによって各メーカーがWRCから続々と遠のいてしまったため、彼らを呼び戻すために負担を軽くしたためである。

目論見どおり、続々と各メーカーが参戦を表明し、WRCは隆盛を極めた。
「ワークスとして選手権に参戦する車両はエボリューションモデルを20台を作ればホモロゲを認める」という文面が追加されてからは、ケプラー樹脂やカーボンでできたボディにパイプフレームという1トンを切る軽量ボディに500馬力クラスのエンジン、4WD+ミッドシップ+ターボは当たり前というキ○ガイみたいなマシンが続々と登場。「公道を走るF1」とか言われるくらいの尋常ではない速さを誇った。
とにかくスピードを追求した技術者たち、操縦性もへったくれもないマシンを操るドライバーたち、その暴力的な走りに魅了されたギャラリーたち、まさに狂気と熱狂の時代である。

しかし、行き過ぎた開発競争はやがて事故という形でその危険性が表面化した。1985年に2件のドライバー死傷事故が発生したのを皮切りに、1986年には観客を巻き込んだ事故も発生。
FISAは「もう市販車と別物だから新しいプロトタイプカー作ったほうが安全なんじゃね?」と新しいカテゴリーのグループSに移行しようとしていたが、1986年のツール・ド・コルスにて、カーブを曲がりきれず崖から転落したマシンが爆発炎上、ドライバーとコ・ドライバーが焼死するというモータースポーツ史に残る重大事故が発生。グループBは廃止され、それ以降のWRCは下位カテゴリーのグループAで競われることになった。

WRCの舞台から下ろされたグループBのマシン達は、その後パリダカやヒルクライム、ラリークロスに流れて大活躍することになるのだがそれはまた別のおはなし。

グループBのマシンたち

アウディ・クアトロ

アウディ・スポーツクアトロS1


プジョー・205ターボ16

プジョー205T16E2


ルノー5マキシターボ

ルノー5ターボマキシ


ランチア・ラリー037

「ランチア・ラリー037」(2回目)


・ランチア・デルタS4

ランチア・デルタS4


フォード・RS200

FORD RS200 85年RACラリー仕様


・MG・メトロ6R4

MGメトロ6R4


日産・240RS

日産・240RS


トヨタセリカツインカムターボ

セリカ・ツインカムターボ 84年サファリラリー仕様



関連タグ

モータースポーツ WRC

関連記事

親記事

モータースポーツ もーたーすぽーつ

子記事

  • Gr.B ぐるーぷびー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「グループB」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 73823

コメント