ピクシブ百科事典

デルタS4

でるたえすふぉー

。ランチアが開発した「グループB」向けのラリーカー

デルタS4は、イタリアの自動車メーカーであるランチア世界ラリー選手権グループB向けの037に代わるマシンとして開発したラリーカー。

概要

ランチアのコンパクトハッチバック「デルタ」を基に開発された。
外観以外にベース車の面影は無く、エンジンは縦置きミッドシップ、4輪駆動、シャシはパイプフレームを組んでその上に「それっぽいボディカウルが載ってる」という異形のマシンである。

Lancia Delta S4 Gr.B Rallycar



車重は890kg。EK9型シビックよりも100kg以上軽い。

エンジンは、1759ccでスーパーチャージャーとターボチャージャーが搭載され、少なくとも400ps以上、1986年のアクロポリス・ラリーでは600psを発揮していたと言われる。

凄まじく速いマシンであったが、ドライバーは文字通り命懸けの操縦が強いられた。
このマシンに留まらず、グループBのモンスターマシンは凄惨な重大事故を何件も発生させたため、1987年から世界ラリー選手権のグループBカテゴリーは廃止となった。

pixivに投稿された作品 pixivで「デルタS4」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1371

コメント