ピクシブ百科事典

037

ぜろさんなな

イタリアの自動車メーカーであるランチアが開発したラリーカー。

037は、イタリアの自動車メーカーであるランチアが世界ラリー選手権(WRC)に向けて開発したラリーカーである。
車名は、同じくフィアットの傘下でエンジン開発を担当したアバルトの開発コード「037」から。

概要

ランチア・ラリー037


ランチアのミッドシップスポーツカーの「ベータ・モンテカルロ」のモノコックを流用し、前後をパイプフレームとした、ミッドシップエンジン後輪駆動の「グループB」向けラリーカーである。
1982年に世界ラリー選手権に参戦し、翌1983年には当時無敵の存在であった4輪駆動の「アウディ・クワトロ」を退けてマニュファクチャーズタイトルを獲得した。

しかしながら、次第に戦闘力を増すライバルに対しては太刀打ちできず、黄金期は短かったという。
1985年には、ミッドシップ4輪駆動の「デルタS4」にその座を明け渡して第一線から退いた。

余談

  • 流麗なデザインと運動性能が高く評価され「最も美しいラリーカー」と評された。
  • 1994年の全日本GT選手権にスポット参戦したことがある。
  • インターネット通販サイト「Amazon」が配信する自動車情報番組『グラントツアラー』のSeason.2 Episode.7で、ジェレミー・クラークソンが037とアウディ・クワトロとの名勝負の特集を行った。

pixivに投稿された作品 pixivで「037」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 272

コメント