ピクシブ百科事典

4WD

ふぉーうぃーるどらいぶ

四輪自動車の駆動方式の一つ。
目次[非表示]

概要

前輪、後輪の両方を駆動する四輪車の駆動方式。読み方は「よんだぶりゅでぃー」や「総輪駆動(AWD)」、「四輪駆動」など。

主にオフロードでの走破性を求められるSUV、建設現場や農林業で用いられるトラックピックアップトラック軽トラを含む)、強大なエンジンのトルクを路面に伝える必要があるハイパワー・ハイスピード志向のスポーツカーなどに採用される。2WDに比べて機構を追加する必要があるため車両重量が重く、さらに駆動損失も増えるため燃費が悪い傾向にある。またオフロードでは効果を発揮する四輪駆動だが、機構によっては舗装道での路面追従性や乗り心地に悪影響を与えることもある。

日本車では多くの乗用車に4WDのグレードが設定されている(いわゆる「生活四駆」)。これは日本の北海道や日本海側の豪雪地帯では、凍結した坂道や積雪路でスタックしにくいとして四輪駆動車の需要が大きいためである。もっとも、除雪の行き届いた圧雪路や平坦な凍結路であればスタッドレスタイヤを履いた前輪駆動車でも十分であり、日本の雪国でも(後輪駆動のタクシーバスを含め)多くの2WD車が走っている。

欧州車ではクロスオーバーSUVでも2WD限定の車種が多くなってきたが、日本では「最低地上高が高く、雪道で走りやすい」車としてクロスオーバー車を求めるニーズも大きいことから、2WD専用のクロスオーバー車は少ない。雪国以外でも「SUVは4WDに限る」「2WDじゃ格好がつかない」という信仰が根強いことも一因である。

また、全国規模で車両の移管を行うことがある日本のレンタカーでは、雪国以外でも4WD車が使われていることがある。

種類

4WDを採用している自動車を駆動方式で分けると、大きく分けて次の3タイプに分けられる。

  1. 通常は2WDで走行し、必要なときだけドライバーが手動で4WDに切り替える「パートタイム」方式
  2. 走行している間は常に4輪を駆動する「フルタイム」方式
  3. 前輪が滑った時に駆動力を補うため後輪を動かす「スタンバイ」方式

パートタイム4WDはもっとも古典的な様式である。オフロードでは威力を発揮する駆動方式であるが、乾燥した舗装路では前後輪の回転差を吸収できず、ギクシャクとした動きになりタイヤや駆動系を痛める上、挙動の不安定さから転倒などの事故を引き起こす原因にもなる(タイトコーナーブレーキング現象)ので、オンロードでは2WDに切り替えなくてはいけない。オフロードでも前後輪を対角線に結んだ2輪が空転してしまうと駆動力を失う(対角スタック)という欠点があるが、最近の乗用モデル(もはやジムニーハイラックスくらいしかないが)ではブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールすることでタイヤのトラクションを回復させる「ブレーキLSDトラクションコントロール」が付いている。

フルタイム4WDは、前後輪の回転差を吸収するセンターデフを設け、タイトコーナーブレーキング現象を解消している。状況によっては全車軸と後車軸を直結することもでき、舗装路/砂利道/雪道/凍結路/泥濘地...などなどいかなる路面状況も苦にしない駆動形式であるが、駆動損失の大きさのため燃費も最も悪い。

スタンバイ方式4WDは、どこかのタイヤが滑ってから駆動力が四輪に伝達されるので走破性はそれほど高くないが、フルタイム方式に比べてコストや燃費面での不利は少なく、日本の一般的な乗用車(クロスオーバーSUV含む)に設定される4WDシステムの主流である。それでも機構を追加する必要があるため、車両価格は大衆車レベルでも2WDより10~20万円ほど高く設定される。

このほか、近年は路面状況に応じて前後輪のトルクをコンピュータ制御で変動させる4WDシステム(アクティブトルクスプリット式)を採用する車種が増加している。

歴史

この種の自動車は早くも19世紀には登場しているが、日本で量産されたのは日本陸軍が軍用車として運用した九五式小型乗用車(くろがね四起)が最初である。

現在の隆盛はアメリカ陸軍が運用したジープに端を発し、第二次世界大戦後、各国で同様の機構を用い不整地走行に重点を置いた、現在SUVと言われる車種(ランドローバーランドクルーザー等)が各国で開発され民間にも受け入れられた。

その後1972年に富士重工業が「レオーネエステートバン4WD」を発売、前輪駆動の乗用車にパートタイム4WD機構を追加することでオフロードとオンロードの走行性能を一定水準で両立させることに成功し、今日クロスオーバーSUVと言われるジャンルの先駆けとなった。1980年代にはアウディが独自開発のセンターデフを搭載したフルタイム4WD車「クワトロ」で「曲がりにくい」という4WDの課題を解決、WRCでの活躍が印象付けられ、以降四輪駆動の乗用車が一般化することとなった。

他の駆動方式

FF:フロントエンジン・フロントドライブ
FR:フロントエンジン・リヤドライブ
MR:ミッドシップエンジン・リアドライブ
RR:リアエンジン・リアドライブ

関連タグ

自動車 自動車メーカーリスト
SUV オフロード スポーツカー ピックアップトラック

関連記事

親記事

自動車 じどうしゃ

子記事

  • AWD えーだぶりゅでぃー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「4WD」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 464117

コメント