ピクシブ百科事典

前輪駆動

ぜんりんくどう

自動車や人力車において前輪を駆動輪とする構造方式。ここでは主に四輪車のFF方式を説明する。
目次[非表示]

概要

一般的な三輪車リカンベント(仰向け搭乗型自転車)、ハンドサイクル(手漕ぎ式自転車)の多くが前輪駆動であるが、本項ではもっぱら自動車(四輪車)のFF方式を取り上げる事にする。

イカ娘と前輪駆動自転車



四輪自動車のFF方式

Front Engine Front Drive(フロントエンジン・フロントドライブ)の略称。
エンジンを車体の前部ボンネット内に搭載して、前輪を駆動する方式である。

現在の中・小型の大衆車ミニバンの大半、商用車の一部などで主流となっている。高級車ブランドのエントリーモデルでも採用例は多いが、価格が高く車体が大きくなるにつれて採用車種は少なくなっていく。
また中型以上のバストラックについても、高馬力エンジンの必要性や搭載する人員貨物の重量バランスなどの問題からほとんど採用されない。

「パワートレイン一式(エンジン・トランスミッション・ドライブシャフトなど)を全部前方にまとめたほうが空間効率は良い」「前輪で引っ張ったほうが直進安定性が良い」という発想自体はかなり昔からあり、数々の試行錯誤が行われていた。
しかし駆動と操舵を一つの車軸に兼ねさせるには前輪やハンドル周辺部の負担が大きいという技術上の困難があった事から、FRRRなどの後輪駆動方式と比べて普及するのは遅かった。
唯一シトロエンはこの方式を戦前から多くのラインナップにFF車を展開する、稀な存在であった。同社のトラクシオン・アバン2CVは一廉の評価を得たが、FF車に不可欠な等速ジョイントの技術はまだまだ未熟であり、他社には広まらなかった。

1950年代末にミニ(BMC)が、横置きエンジンとトランスミッションを上下二段に纏める「イシゴニス式」を採用し、これに精度の高い等速ジョイントを組み合わせた。この結果FFのメリットを最大限に利用し、小さくても大人4人が乗れてパワーもある車両を開発できるようになり、FF技術のブレイクスルーが始まった。

そして1960年代にフィアットが開発した、横置きエンジンとトランスミッションを直結して横に並べる「ジアコーサ方式」と呼ばれるレイアウトが決定打となり、以降は世界中の大衆車に広く普及することになる。

日本でも富士重工業(SUBARU)や本田技研工業(ホンダ)が黎明期にFF開発に熱心だったことで知られる。特にホンダは創業者・本田宗一郎の「MM思想」(マンマキシムメカミニマム=人のためのスペースは最大に、メカニズムは最小に)に沿って、古くからFFに強いこだわりを見せており、宗一郎の引退後もスポーツカーや大型セダンなどでも積極的にFFレイアウトを採用した。

前述の通り前輪が駆動と操舵を兼ねる機構上、サーキットでは不利になりやすいため、FRと混走する場合は重量などのハンデをもらわないと互角に戦うのは厳しい。しかしベース車両としては入手しやすく、低コストで参戦できるため、プライベーターを中心に参戦例は跡を絶たない。
またラリーではFRよりFFのほうが有利な場面が多いため、二輪駆動クラスの主流となっている。

主な長所

・プロペラシャフトのない床が平らな車種が多く、後部座席中央部の足元空間が狭まらない(=居住空間を広く取りやすい)。
・エンジンを小型化しやすい事から小型車の製造に向いている。
・前輪で引っ張るため、基本的に直進性に優れる。
・荷重が前輪に集中してトラクションが効くため、FRと比べると未舗装路や雪道で横滑りしにくい。
・現代の技術においては生産コストを抑えやすく、廉価車の量産に向いている。
・同じフロントエンジン車として比べた場合、プロペラシャフトを必要としない分駆動ロス・重量の分だけFRより燃費に優れる

主な短所

・前輪に大きく荷重と負担がかかり、タイヤとブレーキ系統の摩耗が激しい。
・直列6気筒のような長いエンジンの搭載には不向き。
・高出力エンジンのパワーを有効に伝えきるのが難しい。
・エンジンルーム内に変速機も同居するために狭くなり、他の補機類の配置が難しくなる。
・前輪の切れ角を大きくできないため、最小回転半径が大きめになり、小回りがきかない車になりがち。
・アンダーステアになりやすいので、速度超過時にハンドルとペダル操作を誤れば急カーブを外側に膨らんで曲がり切れない。
・駆動配置効率の悪さから加減速がしづらく、急坂では上りづらく下りではブレーキとタイヤの負荷がかなり大きくかかる。
・フロントヘビーなため雪道では横滑りした際のコントロールがしづらい。
・自動車として前進するという大前提において、悪路では前方の倒木や穴のくぼみ、ぬかるみなどにはまって脱出しづらくなる。
・最上級の快適性の確保や強力なエンジンを積むのには向いていないため、高級車や本格的なオフロード仕様車でFFを採用する車種は少ない。
・ハイパワー車だと、左右のドライブシャフトの長さが異なることに起因する「トルクステア」が発生することもある。

関連項目

自動車 FF FR 4WD
MR RR 工業

関連記事

親記事

自動車 じどうしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「前輪駆動」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「前輪駆動」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3401

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました