ピクシブ百科事典

リアエンジン・リアドライブ

りあえんじんりあどらいぶ

自動車の駆動形式。(Rear-engine Rear-drive)

概要

車体後部にエンジンを搭載し、後輪を駆動させる方式。

駆動系が占有するスペースが小さく、スペース効率が良い。また前輪駆動車のように駆動軸のジョイントが大きく首を振らなくても良いので小回りが利く。

また重量物が後ろに集中しているため、ブレーキ性能に優れる。大馬力のエンジンの駆動力を伝えることにも向いている。ただし難点として、カーブでは後ろが重いことにより、一旦滑ってしまうと修正が難しい。また駆動系の配置によってはリバースステアといって、アンダーステアの後、オーバーステアが遅れて出てくることがある。

現在、乗用車ではあまり使われないが、中型以上のバスはこの方式をとることが多い。

第二次世界大戦前にポルシェ博士らにより研究され、VWビートルやルノー・4CVスバル360など小型車で広く使われた。現在の小型車・中型車では前輪駆動が主流となっており、RRは珍しい。近年スマートと3代目ルノートゥインゴ(両車は基本設計を同一とする)がモデルチェンジの際このレイアウトを採用したことで話題となった。またポルシェ911は長年このレイアウトを採用している。

最近までスバルサンバーも採用していた。

ちなみに、エンジンルームが後ろなのでトランクは前のボンネット内に設置されることが多い(セダンクーペの場合)。ワンボックスのサンバーやハッチバックのトゥインゴではエンジンの上が積載スペースになっており、エンジンの整備性にやや難がある(オイル交換などの際はリヤバンパーやエンジンハッチを外さなければならない)。

関連タグ

自動車 MR フロントエンジン・リヤドライブ 4WD サンバー

コメント