ピクシブ百科事典

4CV

かとるしゅぼ

4CVとはフランス・ルノーが1946年から1961年まで製造した大衆車である。日本では日野自動車がライセンス生産を行い、「亀の子ルノー」として親しまれた。

1946年より1961年までルノー公団(現・ルノー)が製造した自動車。開発は第二次大戦中のドイツ占領下で極秘に行われていた。

全体的な基本設計にフォルクスワーゲンタイプ1の影響が色濃く、特にリアデザインはビートルそっくりであるため、第二次大戦後フランスに抑留されていたポルシェ博士(ビートルの設計者)が設計させられた自動車であるという伝説があるが、ルノーが開発中の4CVにポルシェ博士のアドバイスを求めたというのが真相である。

フランスで初めて登場した戦後世代のモデルで、発表当初は売れ行きがよくなかったが、やがて戦後復興が軌道にのるとともに、フランスの乗用車で初めて販売台数が100万台を超えた人気車となった。エンジンは760ccと小排気量ながら当時の大衆車の水準では高性能なもので、最高速度は100km/hを超えた。

日本でも日野自動車日野ルノーとしてライセンス生産を行い、本国での生産終了後の1963年まで生産が行われ、昭和30年代のタクシーによく使われていたが、当時の道路環境の
悪さからギアボックス・ケースを割ったり、アクスルを折ったりしてルノーは足廻りが弱いと悪評を
こうむった。

フランス本国では1961年に、フランス史上最大のベストセラー車であるルノー4(カトル)にバトンタッチし生産を終了した。

関連記事:

クラシックカー フランス車 ルノー 日野自動車
2CV...ライバル車
大衆車

pixivに投稿された作品 pixivで「4CV」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 140

コメント