ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日本自動車メーカー。主にトラックバス等の大型車両の製造を行っている。

この企業の大本は現在の東京ガスの機械部門が1910年に分離して誕生した東京瓦斯工業であった。1913年に電気器具も制作するようになり東京瓦斯電気工業と名を改めたことを皮切りに事業を多角化、1919年には2年前から陸軍の勧めを受けて開発を始めた自動車「TGE-A型」が完成し自動車メーカーとなった。1918年には航空機のエンジンを作るようになっていったが、1937年に自動車工業(後のいすゞ自動車)と合併し東京自動車工業となった。1942年に旧東京瓦斯電気工業自動車部であった日野製作所が日野重工業として再分離され、1959年に日野自動車工業、1999年に日野自動車と改称し現在に至っている。

1960年代以前はコンテッサなど自社ブランドの乗用車の生産も行っていたが、トヨタ自動車との連携後は大型商用車生産に特化している(ただし現在もトヨタからの委託生産でランドクルーザーなどの乗用車の組み立てを行っている)。現在は、トヨタ自動車が半数の株を持つ子会社

バス部門はジェイ・バスとしていすゞ自動車と経営統合し、両社がジェイ・バスから供給を受ける形になっている。

もっとも前述の通り、歴史的には当時の石川島造船所(現在のIHI)の自動車部門だったヂーゼル自動車(後のいすゞ)の日野製作所が本社の源流、つまり日野はいすゞから再分離してできた会社であるのでこの流れは至って自然とも言えるだろう。

2020年をめどに本社に併設されている日野工場(大型車・中型車を製造)が茨城県古河市に完全移転し、前身である日野重工業創立以来伝統ある工場が姿を消すことになる。なお本社はそのまま東京都日野市に残る。

事業所(国内のみ。関連会社の事業所を除く)

本社・日野工場(東京都日野市)※大型トラック(プロフィア)と中型トラック(レンジャー)を製造
羽村工場(東京都羽村市) ※小型トラック(デュトロ)を製造。トヨタ自動車からダイナ・トヨエース・FJクルーザー・ランドクルーザープラド・73式中型トラック・高機動車(陸上自衛隊向け)を受託生産
新田工場(群馬県太田市) ※鋳物、エンジン部品を製造
古河工場(茨城県古河市) ※日野工場より生産機能を移管予定。現在はKD(海外輸出部品)部門が稼働中

関連タグ

日野 4CV
近畿日本鉄道 - 歴代トップが監査役に名を連ねる。近鉄バスは主要ユーザーの1つ。
富士自動車 - 同じく東京瓦斯電気工業を前身とする会社

関連記事

親記事

自動車メーカーリスト じどうしゃめーかーりすと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「日野自動車」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62528

コメント