ピクシブ百科事典

ダカールラリー

だかーるらりー

パリでもダカールでも開催されなくなった、2009年以降から現在までのパリ-ダカールラリーのこと。

概要

ヨーロッパからアフリカ中部までを縦断する、ロマンとスリル溢れるモータースポーツとして人気を博していたパリ-ダカール・ラリー(通称パリダカ)であったが、年々アフリカの治安や情勢悪化がひどくなっていき、参加者やジャーナリストが生命を脅かされたり、実際に生命を奪われてしまう事件が相次いでいた。

そして2008年に、前年末のフランス人旅行者殺害事件や運営への相次ぐテロ予告などといった事態も鑑みて、開幕前日というギリギリで中止が決定された。

この反省から、2009年に南米を舞台に移して開催されることが決定した。長年築いてきたブランド力を鑑みて、"ダカール"の名は残したまま"ダカールラリー"と名乗ることとなった。実態的には開催場所が変わっただけで運営や開催時期などには変化がないため、連続記録や累積記録も"パリダカ"時代から継続して計測されている。
改称して10年経った今でも「パリダカールも通らないのに?」と批判が出ることがあるが、北米のオフロードレースはバハ半島の"バハ"、耐久レースはル・マン24時間レースの"ル・マン"をそれぞれブランドとして他のレース名につけているし、インディカーだってインディアナ州以外でも走るわけだから、むしろこうした名付け方はモータースポーツ界ではごく一般的な慣例である。

ウユニ塩湖をはじめ南米には南米の面白さがあったが、経済的事由により開催国数が減少。2019年にはペルー1国開催という前代未聞の事態となった。
そして翌2020年は中東・サウジアラビアへと舞台を移している。

パリダカ時代からの四輪・二輪・トラックの3部門に加え、2009年にクアッド(四輪バイク)、2017年にS×S(サイド・バイ・サイドビークル、全地形車)、2021年にはクラシックカーの部門がそれぞれ創設された。S×Sは2021年に軽車両(ライトウェイトビークル)部門と改称され、現在は計6部門で争われている。

日本ではJSPORTSがダイジェスト放送を行っている。

参戦メーカーと趨勢

リーマンショックによる不況を契機に、南米に舞台を移す直前に史上最強の三菱自動車パジェロ軍団が撤退した四輪部門ではフォルクスワーゲンが台頭。3連覇を果たした直後に撤退し、今度はミニが4連覇、続いてプジョーが3連覇という2巨頭時代を迎えた。プジョーは2018年末で撤退しミニの天下になるかと思われたが、今度は南アフリカ法人のTOYOTA GAZOO Racingが力をつけてきて、2019年に初優勝を飾り、2021年現在までミニvsトヨタの構図が続いている。
2016年以降は規定のバランスやコース特性の影響で4WDより2WDの方が優位となっているため、2WDでの参戦が珍しくなくなった。また近年は中国系自動車メーカーの参戦も目立つ。

四輪市販車クラスではトヨタ車体のチームランドクルーザー(TLC)がパリダカ時代に引き続き圧倒的で、2021年までに8連覇を達成している。

二輪部門はパリダカ時代からKTMが実力はもちろん運も味方に完全無欠の連勝を重ね、まさかの20連覇まで手が届くかと思われたが、2020年にモンスターエナジーホンダがこれを見事に阻止。2021年も連覇した。
他にもヤマハ発動機ハスクバーナヒーローシェルコなどもワークスチームを送り込んでいる。

トラック部門はカマズ勢が勝率8割以上という圧倒的な力を見せつけている。
日野チームスガワラはベース車両の都合で10L未満部門クラスでだが、パリダカ時代から参戦を継続。12連勝を達成し、総合でも最高5位まで食い込む活躍を見せ、一定の地位を築いている。
一方ダカール参戦回数のギネス記録保持者である菅原義正は2019年を持って引退した。

クアッド部門ではヤマハ発動機が2021年まで勝率100%で、ほぼワンメイク状態である。

軽車両部門はプライベーターでも勝負しやすいことから四輪部門からの転向者が多く、エントラントから人気を集めている。ヤマハ発動機がミニをオペレーションするX-raidとのジョイントにより、YXZ1000Rの改造車で2021年から参戦している。

関連記事

親記事

モータースポーツ もーたーすぽーつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ダカールラリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1073

コメント