ピクシブ百科事典

モンスターエナジー

もんすたーえなじー

モンスタービバレッジ社が販売している栄養ドリンク(エナジードリンク)。
目次[非表示]

概要

2002年、アメリカで発売された清涼飲料水。
モンスターエナジー社が販売。アメリカではコカ・コーラ社の下で流通されている。
海外では多種多彩なフレーバーと555ml缶や700ml缶ボトルでの販売となっており、レッドブルは宿命のライバルの関係。
フレーバーの数は2017年現在63種で、炭酸飲料の他にコーヒーベースのJAVAモンスターシリーズや紅茶ベースのリハブシリーズ、プロテイン入りのマッスルモンスターシリーズ等様々な種類が販売されている。

日本版モンスター

日本ではアサヒ飲料によって2012年から以下の物が販売されている

モンスターエナジー

ベーシックなフレーバーのモンスターエナジー。自販機で売られてるのも基本これ

モンスターエナジーM3

通常版モンスターエナジーと同等の成分を150ml瓶化したいわば圧縮版。通常版より量が少ないので、少ない量で多くエナジー成分を取りたい人向けとなっている。
ちなみに、成分等の関係からか他のシリーズと異なり栄養ドリンクコーナーで売られてる。

モンスターカオス

フルーツフレーバーのモンスターエナジー。わかりやすく言うとオレンジジュース
かつては果汁50%だったが、現在は果汁30%に減少している(ただしエナジー成分や味に変化なし)

モンスターエナジーアブソリュートリーゼロ

カロリーゼロ、砂糖ゼロのローカロリーのモンスターエナジー。ダイエット向け

コーヒーモンスター

「JAVAモンスター」日本版で、250mlと他のモンスターシリーズよりも少ないがカフェイン含有量はJAVAモンスターの2倍近くある。
値段が他のモンスターシリーズ同様200円帯でありながら、味の面であまり一般的な缶コーヒーと差別化が出来なかったためか、現在では残念ながら販売終了となってしまっている。

モンスターエナジーウルトラ

「モンスターエナジーゼロウルトラ」日本版で、アブゼロ同様こちらもカロリーゼロ、砂糖ゼロのローカロリー。
缶が特殊で表面がざらざらしているのが特徴。

モンスターロッシ

Moto GP会場限定配布の非売品で後にヨーロッパ圏内限定発売だった「モンスターエナジー ザ・ドクター」の日本版。バレンティーノ・ロッシとのコラボ商品であるため、ロッシという名前で販売されているが、缶にはヨーロッパ版同様「THE DOCTOR」と書かれている。
柑橘系のフレーバーで2017年夏の限定販売とのこと


薬事法との関係から、日本国内版は若干の成分変更と355mlへの減量が行われているが、ごくわずかな違いなのであまり関係はない。
また、宿命のライバルレッドブルが同価格でありながら185mlと少ないので、コスパの点では勝っているのには変わりない。

また、NASCARなどカーレーススポンサーとしても名を馳せる。

インプ



他のエナジードリンクにも言えることだが、過剰摂取は命の危険にも関わる。
過去には超過剰摂取等が原因の死亡事故も存在するので、用法容量を守って飲みすぎないように注意しよう。


関連タグ

栄養ドリンク エナジードリンク
レッドブル ロックスター

pixivに投稿された作品 pixivで「モンスターエナジー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 718666

コメント