ピクシブ百科事典

コカ・コーラ

こかこーら

スカッと爽やかな炭酸飲料。
目次[非表示]

概要

1886年、薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士により、米国ジョージア州アトランタで誕生。以降120年以上にわたり、国境や文化を越えて世界中の人々に愛されており、その規模は200以上の国や地域に及ぶ。
ディズニージーンズナイキスニーカーと並ぶアメリカ文化の象徴的存在。
「コカ・コーラ」という名前は、発売当時経理を担当していたロビンソン氏が、リズミカルで覚えやすい名前がいいと考えてつけたもの。

登場時は味わいを出す為未精錬のコカイン葉が使用されており、名前の由来のひとつだったが、その後本国を始めほとんどの先進国でコカインが違法化された為、カフェインに取って代わられた。
なお、コカインが禁止されるという事態に対して当初コカコーラ社が使用した対策法は「コカイン成分を徹底的に洗い流したコカの葉をアルコールに漬け、そのアルコールを微量添加する」というウルトラCであったという。現在でもこれを行っているのかどうかは不明。

そのレシピは極秘となっており、一部が流出するだけでも大変な騒ぎとなる。
また、完全なレシピを知っている人は全世界で二人しかおらず、事故やテロで同時に死亡することを警戒して、決して同席しないという。

ローカライズ

コカ・コーラは日本人に最も馴染み深いと思われるコーラで、日本国内でのコーラ=コカコーラと言っても過言ではない。

これはコカ・コーラの日本進出に当たって徹底したローカライズが施された事が功を奏したものである。
炭酸の強さを若干抑え、代わりにシロップ濃度をあげる事で味をしっかり感じられるようにし、基本的に炭酸飲料にも爽快感と同時に味わいを求める日本人の好みにマッチさせたもの。

米本国仕様のコーラは「COCA COLA CLASSIC」の商標名で1990年頃から輸入・販売されるようになったが、こちらの味は、表現するならペプシコーラにより近いものになっている事がわかる。

このような徹底したローカライズがコカコーラの強みで、「海外で強いコカ・コーラ」「国内(アメリカ)で強いペプシコーラ」という構図になっている。

ちなみに日本の文献で最初にコカ・コーラについて言及しているのは、収録作品に「コカコオラもう一杯」というものがある、詩人の高村光太郎による作品集「狂者の詩」(1914年発表)であるとされる。高村は明治末期に渡米しているため、この際に飲用した感想であろう。

関連動画



関連タグ

飲み物 炭酸飲料 炭酸 コーラ マクドナルド ボトラー
加山雄三:最初のCMタレントとして「ランチャーズ」とともに出演。

表記ゆれ

CocaCola コカコーラ コカ・コーラ コーク

外部リンク

コカ・コーラ - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「コカ・コーラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 257191

コメント