ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

中枢神経刺激して眠気覚ます作用や、利尿作用を持つ物質。摂取すると反応時間、覚醒、集中力を一時的に向上させることができ、栄養ドリンクに抽出したものが添加される。

コーヒーに含まれていることからこの名がある。

主にやコーヒー・チョコレート(原料植物経由)およびコーラといった飲料に含まれる。

薬理効果

アルカロイドに分類され、一応は依存性と毒性を持っている。

カフェインの代謝能力には大きな個人差があり、カフェインの代謝能力が低い人は、カフェインを摂ると興奮効果でのぼせたようになったり動悸やめまいなどの症状が出ることがあり、特に西洋ではこのような人が珍しくない。このためカフェインを抜いた「デカフェ」や、「ノンカフェイン/カフェインフリー」を謳う商品も発売されている。杜仲茶麦茶黒豆茶、蕎麦茶、甜茶昆布茶、ハーブティー、ルイボスティーたんぽぽコーヒーなどが有名である。

逆に、日本人を含む東洋人にはある程度のカフェイン耐性がある人がほとんどで、カフェインの毒性が意識されることは少ない。夜にコーヒーを飲んだら覚醒効果で寝付きにくくなったりトイレが近くなる程度。特に耐性の強い人は覚醒効果を期待して栄養ドリンクを摂取しても眠気には効果がなく、集中力も全くと言っていいほど向上しない。一時期はカフェイン強化を謳った栄養ドリンクも発売していただけに、あんまりな結末である

ただし、カフェイン耐性が強い人でも大量のカフェイン摂取に医学的問題がないわけではない。消化器、特に食道の粘膜に少なからず刺激を与えるため、これらに疾患を抱えている場合は摂取を制限されることもある。

また向精神薬を服用している場合は複合効果で双方の効果が過大になったり、逆に減少してしまったりするため服用前後は摂取しないようにとされることもある。

逆に精神治療や禁煙治療・薬物依存症治療のため、他の薬物に比べて毒性の弱いカフェインを投与して症状を和らげることもあり、医薬品としてのカフェイン錠が販売されている。除倦怠剤としてコンビニでも売れる第3類医薬品がほとんどだが、濫用すると危険なので注意

外部リンク

カフェイン - Wikipedia

関連記事

親記事

アルカロイド あるかろいど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「カフェイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43896

コメント