ピクシブ百科事典

里中千枝

さとなかちえ

里中千枝とは、「ペルソナ4」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避

大家さんは思春期!の同じ読みのキャラについては里中チエの記事へ

プロフィール

生年月日1994年7月30日
星座獅子座
身長158cm
体重非公開(本人曰く「筋肉は脂肪より重いから仕方ないのであるぞよ」)
血液型B型
アルカナ・コミュ戦車
CV堀江由衣
舞台版でのキャスト佃井皆美(VISUALIVE版)伊瀬茉莉也小市眞琴※(P4U版)

※伊瀬茉莉也氏の体調不良(伊瀬氏の妊娠・出産)による降板でキャスト変更された。

メガネ

メガネフレーム→黄色のセルフレーム
レンズタイプ→スクエア

概要

主人公の同級生。 稲羽市出身で、小学校・中学校と地元で過ごしていたごく普通の少女。 彼女が心に抱える闇、ペルソナ使いとしての素質とは、一体。(以上、公式サイトより抜粋)


八十神高等学校の二年生。花村陽介天城雪子ともども、転校してきた主人公のクラスメートとなる。
ちなみに席は主人公の隣。雪子とは幼少時からの幼馴染であり親友

本作のキーワードである「マヨナカテレビ」の存在を主人公たちに伝え、さらには翌日のテレビ探索のきっかけとなる提案をするなど、序盤におけるマクガフィンを担うキャラクター。

人物

生まれも育ちも稲羽市で、一見するとどこにでも居る普通の女子校生。
だが、「色気より食い気」な女の子であり、特にには目がない大食い娘。
ミスコンでのたまった「好きな食べ物はプディングです♪」は陽介と多くのプレイヤーから総ツッコミを受け、後年までネタにされる事となる。
周囲からは校内で目立つグループの中の普通の人として扱われており、「調子に乗るな」と嫉妬される事もある。

大のカンフーマニアで、カンフー映画の鑑賞が趣味。また、それが高じてカンフー研究会なるものを一人設立。放課後は川原などで型や技の練習や基礎トレーニングを行っており、我流ながらその技量はかなりのもの。

見た目どおり、さっぱりした裏表のない性格で、家の事情で周囲から距離を取られていた陽介に対しても含むところなく普通に接し、今では悪友とも漫才コンビとも取れるやり取りを交わす程度の仲になっている。

短気で考えなしな面があるが、強い正義感の持ち主。また時として『野生の勘』ともいうべき直感力が働くこともあり、これが終盤の物語で大きな成果を挙げることになる。

シャドウは登場するが陽介やクマ同様、固定ダンジョンは存在しない。
因みにこの3人のシャドウは目の色が黄色であることを除けば(服装も込みで)本人とまったく同じ姿である。

P4Gでは彼女念願の黄色いジャージがコスチュームとして登場。
これを着た状態で戦闘に勝利すると勝利モーションが変化する。

ムクという犬を飼ってるが雪子からはチョーソカベと言われ続けてる。

容姿

髪の色は茶髪で、髪型は丸い短髪ショート。
緑色のジャージがお気に入りらしく、学校でも制服の上からこれを着ており、夏は腰に巻いている。
闊達な性格で、私服も基本動きやすいものを好んで着ている(色もがほとんど。)。
スカートの下にはスパッツを履いており、どんなにダイナミックな足技を披露しようともパンツは見えない

実は一条康など、一部の男子の間では密かな人気があり、当人は無意識だが、雪子曰くカテゴリー的には「かわいい」に属するらしい。

ペルソナ4男性キャスト及び制作陣が選ぶ好きな女性キャラクターでは選ぶ人が1番多い

戦闘能力

肉ガムの女


武器は「」で、足技を主体とした我流のカンフーで戦う。
物理攻撃力と素早さに特化した典型的な武闘家タイプで、逆に魔法攻撃・耐性は低く、SPの伸びも今一つとなっている。

コミュランクがアップすると覚える『追撃』では、ターゲットをどーん!」という可愛らしい掛け声とともに相手を空の彼方までぶっ飛ばして倒す(バイクでの追撃でも、シャドウをほぼ一撃でぶっ飛ばす。)。
扱いは『即死』。しかもダンジョン内の中ボスだろうと即死させる凄まじい破壊力を誇る。
千枝ちゃんまじパネェ。
しかし、物理攻撃を無効・反射する敵に通用しない。

使用ペルソナ

ペルソナ!


トモエスズカゴンゲンハラエドノオオカミ(ザ・ゴールデン)
物理攻撃系を中心にスキルを修得する。氷結(ブフ)属性に耐性を持ち、火炎(アギ)系に弱い。
スズカゴンゲンにランクアップすることで、アギ系の弱点が無くなる優秀なペルソナ
なお、ペルソナ4ザ・ゴールデンでは仕様変更により弱点がそのままになった。

ハラエドノオオカミ転生時に習得する専用スキルは味方全員の全ステータスを強化する「ドラゴンハッスル」。元より強力なスキルである「ヒートライザー」の強化版なのだから当然強いが、その分消費SPは150とかなり大きいので要注意。

P4Uシリーズ


女を捨てた肉食獣!! 男勝りの足技系ドラゴン、里中千枝っ!!

あまりにもあんまりなキャッチコピーだが、他の連中も概ねこんな感じである。
オマケにマヨナカテレビによって噂が一人歩きを始めているため、コレを真に受けて彼女の事を怖がる人も出始めている始末。事件解決と女のとしての名誉を取り戻すため、帰ってきた鳴上悠たち特別捜査隊と共に再びテレビの中に飛び込むことになる。

ペルソナ3組の中では真田明彦と関連が深く、彼のことを真田師匠と呼び慕うようになる。
一方で、ギャグルートでは肉丼を巡って対決したことも……。

リーチこそ短いが懐に飛び込みパワフルなラッシュで圧倒する。
なお、条件を満たすと一撃必殺技として「どーん!」が使用可能。喰らった相手はしっかり画面から消える。

追加カラーは『ギルティギア』の蔵土縁紗夢と『ブレイブルー』のマコト=ナナヤを意識したカラーがある。

ペルソナ4 ダンシング・オールナイト


PlayStation Vitaで発売のダンスゲーム。いわゆる音ゲー。
夏休み終了後、りせの要請で芸能イベント「絆フェス」のバックダンサーを務める事になった自称特別捜査隊のメンバー。そのレッスンのため都会の芸能事務所に訪れた一同は、またしても異世界に関する事件に遭遇する。

得意のカンフーを生かしたアクロバティックなダンスが見どころ。

ペルソナQ


ニンテンドー3DSにて発売のスピンオフゲーム。
存在しない鐘の音に誘われ、異世界の「やそがみこうこう文化祭」へと迷い込んだ自称特別捜査隊
そこで出会った特別課外活動部と共に迷宮探索へと乗り出す。

物語がP4U以前の時間軸のため真田との面識はまだ無いが、やはり意気投合し頼れる先輩として慕う。
またお化け屋敷を模した迷宮では、岳羽ゆかりと共にビビリ属性を遺憾なく発揮する。


続編「ペルソナQ2」でも登場。
異世界で出逢った怪盗団とは即座に意気投合し、正義の世直しというヒーローという部分に憧れる。特別上映では、真田に加えP5の武闘派担当である新島真を「コーチ」に据え、より強くなるための鍛錬に勤しむ。

関連イラスト

夏服
ちえちゃん


チエチャン
里中 千枝


アチョーー( ゚∀゚ )ーー!
肉待ち


関連タグ

ペルソナ4 ペルソナ4ザ・ゴールデン P4U P4U2 P4D ペルソナQ ペルソナQ2 
トモエ スズカゴンゲン ハラエドノオオカミ 
自称特別捜査隊 P4二年生組
鳴上悠 花村陽介 天城雪子 巽完二 久慈川りせ 白鐘直斗 クマ
主千枝 花千枝 雪千枝 足千枝

リサ・シルバーマンP2の武闘家ペルソナ使い。カンフー映画を好み、見よう見まねのカンフー技(拳)を使う物理担当。ただし「色気より食い気」な千枝と違い、リサは料理・着付けを嗜み古典を愛する大和撫子。

真田明彦P3及びP3Pにおける武闘家ペルソナ使い。高校のボクシングチャンピオンであり、千枝同様考えるよりも先に体が動く脳筋タイプ。肉もこよなく愛する。P4Uでの二人は千枝が真田を師匠と呼び慕う程の関係になる。

新島真P5及びP5Rにおける武闘家ペルソナ使い。合気道の使い手であり近接戦闘を得意とする。千枝とは違い頭脳派+魚派だが、彼女も男勝りながらお化けが大の苦手と可愛いところがある。さらに、どちらのペルソナもバイクに関係する。

他の記事言語

Chie Satonaka

千枝のシャドウ

※(注意)ここからはネタバレ要素の強い記事になります























ポプ風千影
こんにちは、私


我は影、真なる我

嫉妬と優越感に揺らぐ女王様

千枝の中にある「雪子への"人"として女"としての嫉妬」と、「学校でも美人と名高い雪子に頼られていることへの優越感」がシャドウ化した存在。
マヨナカテレビの中に造られた雪子の影の城を捜索中に、雪子を早く救いたいという焦りから独走していた千枝が迷い込んで入った部屋で遭遇することになる。
性格は非常に高圧的、かつ口調もそれに合わせて傲慢さがにじみ出ている。
千枝本人に拒絶されて暴走すると、八校の女子生徒を積み上げたようなオブジェクトに座ってKKKのマスクのような被りモノを被ったSMの女王様へと変貌を遂げる。
髪の毛が黒のストレートヘアーになっているが、これは彼女の内面にある女性らしさへの憧憬の具象化らしい。

物理攻撃が強力ではあるが、ガル系魔法に弱いという弱点を突けばさほど苦労せずに倒せる。なおトモエブフ系主体なのに対し、ジオ系を唱えてくる。
雪子には告白しておきながら自分は女として見ない、そんな陽介(ジオ系が弱点)への怒りと苛立ちが反映されている……のかもしれない。

関連記事

親記事

自称特別捜査隊 じしょうとくべつそうさたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「里中千枝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22348008

コメント