ピクシブ百科事典

久慈川りせ

くじかわりせ

「ペルソナ4」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

生年月日1995年6月1日
星座双子座
身長155cm (活動休止時点)
体重41kg (活動休止時点)
血液型AB型
アルカナ・コミュ恋愛
CV釘宮理恵
舞台版P4Uでのキャスト麻生夏子


メガネ

  • メガネのフレーム:赤白コンビのセル
  • レンズタイプ:オーバル


概要

彗星の如くデビューを果たした人気絶頂の準トップアイドル。主人公たちは彼女といかなる理由で出会うことになるのだろうか?(以上、公式サイトより抜粋)

突然芸能活動を休止し、稲葉市に引っ越してきたアイドルの少女。
転居後は祖母と暮らしており、祖母が切り盛りする豆腐屋の手伝いをしながら、八十稲羽高校に通うことになる。
学年は高校一年生で、主人公たちの後輩であり、巽完二白鐘直斗は同級生にあたる。
ファンからの愛称は「りせちー」。
花村陽介堂島菜々子は彼女のファンである。

人物像

越してきた当初は力ない受け答えしかしてくれないが、本来は明るく感情豊かな少女で、他人の悲喜にも敏感に反応する高い感受性と優しい心を持っている。

コミュレベルにかかわらず、早い段階から主人公を慕っており、千枝雪子の前でも主人公に平然とべったりとしようとする小悪魔気質の持ち主。

かなりの辛党なのか、料理を作る際にはやたらと辛い味付けをする。
オムライスを作ったときには、試食した雪子が声もなくひっくり返ったほど。

ペルソナ

ヒミコカンゼオン→コウゼオン(ザ・ゴールデン)

P4パロ_015【ヒミコ、カンゼオン】


クマとバトンタッチする形で、ダンジョン探索と戦闘のナビゲーションを担当する。

メインキャラでは唯一、戦闘に参加しないが、コミュレベルやペルソナのレベルに応じてダンジョン攻略に役に立つ様々なスキルを修得してくれる。
ペルソナ4ザ・ゴールデン』では、戦闘中も補助技や総攻撃への参加といった形で援護してくれるようになった。P4ではそれほどでもないのだが、P4Gのりせはチート性能であるため、戦闘で楽をしたいなら優先的に上げていきたいコミュニティ。

analysis


また、発動中は上絵のようにペルソナが両手に持っているヘッドマウントディスプレイを装着している。

P4Uでの活躍

PS3/Xbox360で発売中の『ペルソナ4 THE ULTIMATE IN MAYONAKA ARENA』では、なんと実況中継を担当。
熱い対戦を面白おかしく盛り上げてくれることとなった。

ストーリモードではゴールデンウィーク直前から行方不明になっていて、P1グランプリ中はクマ総統と共に度々同士討ちを煽ってくる。
が、こちらはクマ総統同様に偽者であり、本物はその能力によってP1グランプリのカラクリを暴かれることを恐れた黒幕が事前に拉致し、テレビの向こうへと落としていた。

だが、続編のP4U2にてプレイアブル参戦が決定。
アイドルらしく(?)歌とマイクを武器に戦う。



P4Dでは


P4Gの後日談の後の夏休み終了後、しばらくたってから、アイドル活動を再開に向け奮闘している中、またしても奇妙な事件が起こる。りせは事件解決のため、自称特別捜査隊に助けを求める。
P4Dでは、りせと、鳴上悠と、新キャラ真下かなみの三視点から物語が進むこと、また、クレイジーパックの表紙や販促用イラストでは鳴上悠と共に描かれているものが多いことから、本作では彼女は鳴上悠同様主人公の一人というポジションである。

関連イラスト

りせちーは俺の嫁
りせ
ツンデレだと思った?
りせちー
久慈川りせ
Summer
りせちー
りせちー!
P4Dりせちー
りせちー



関連タグ

ペルソナ ペルソナ4 P4 P4 りせちー
完りせ りせ直 主りせ 花りせ

中の人繋がり

水瀬伊織:アイドル繋がり
ドグウちゃん:彼女はアイドル志望だった為、りせは彼女の成長姿なのかもしれない。
ネーナ・トリニティ外の人繋がり
アルフォンス・エルリック/リヒテン:直斗の中の人との外部共演

りせのシャドウ

※(注意)ここからはネタバレ要素の強い記事になります




































ようこそマヨナカテレビへ
ポプ風りえ


「我は影、真なる我」

己をさらけ出す顔無き偶像(アイドル)


芸能活動での多忙さによって精神的な疲労を起こしたことあるが、何よりも「誰も自分を"アイドルの『りせちー』"としか見てくれない」という不満と、多くのテレビ出演の中で作り続けてきたキャラ付けゆえに「本当の自分を知ってほしい」という苦悩がシャドウ化した存在。

『マル九(きゅん)小劇場』というショーパブ小屋をマヨナカテレビ内に造り出し、黄色いビキニを着たきわどい姿で登場する。そして、そこで大胆にも自身のストリップショーを公開するというギリギリな番組を放送しようとした。

本人から拒絶されて暴走すると、七色に光る不気味な肌を持ち、顔にパラボナアンテナが入りついたツインテールの全裸のポールダンサーとなる。
ハマムド系以外のほぼ全属性の魔法を使い分け、それら系統の強力な魔法を容赦なく仕掛けてくる強敵。さらにHPが一定値まで下がると「マハアナライズ」という魔法を使用し、こちらを解析してくる。この魔法自体、反射できない上に必中扱いな上、当たるとこちらの攻撃をすべて避けられてしまうという地獄が待っている。

あまりの反則的な強さ自称特別捜査隊も瀕死にまで追い詰められるが、クマのまさかの特攻によってあえなく倒された。

pixivに投稿された作品 pixivで「久慈川りせ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9303560

コメント