ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:釘宮理恵

概要

桐生一馬錦山彰澤村由美の3人が育った養護施設ヒマワリにいた少女。
母を捜すためにヒマワリを飛び出し、神室町で桐生と出会った。

愛らしい見かけによらず肝が据わっており、自分の命が危険に晒されていても一歩も引かない胆力の持ち主。初登場時の1から、抗争に巻き込まれて腕に銃槍を負っても心配する桐生を「かすり傷だから平気」と突っぱねたり、プロボクサーのジャッカル八木沢のファンだったり、わずか9歳にしてソープランドがナニをする場所なのか理解していたり等々、並の女児ではない様を見せていた。

龍が如く』では9歳、『龍が如く2』では10歳、『龍が如く3』では12歳、『龍が如く4』では13歳、『龍が如く5』では16歳、『龍が如く6』では20歳になったが、相変わらず桐生に対してのおねだりは健在である。シリーズを追うごとの成長は、着実に背が高くなっており、桐生との間に築かれた信頼関係は目を合わせただけで意志の疎通が出来る程になっている。


経歴(ネタバレ込み)

その正体は神宮京平と澤村由美の間に生まれた私生子。政界進出間近の神宮にとってはスキャンダルの種であり、神宮の急所を握ろうと目論む中国マフィア「蛇華」に身柄を狙われていた。

1では出生そのものがネタバレのためか、澤村由美の娘という点を伏せるため、登場人物の紹介等でも名字は無く単に「遥」としてクレジットされている。またギャンブルの才能を垣間見せており、後にトラブルの種となった。

2以降は桐生の実質的な養子となり、共に暮らしていた。(姓は「澤村」のまま)

3では桐生と共に沖縄へ移り、養護施設「アサガオ」を運営していた。

5では主人公の一人に昇格。芸能事務所の社長に見初められアイドルとしての才能を開花させた。

6では自身が原因のスキャンダルに子供たちを巻き込む事を恐れ、アサガオを離れて姿を暗ませていた。後に一夜の過ちから妊娠していたことが発覚。新たな争いの種を(文字通り)生むことになる。彼女の母親は死去の際に彼女に対して「逃げたら幸せが逃げる」と遺している。この幸せを“桐生の側に居る”事と捉えると、奇しくも母親と似た経緯を辿ってしまった。

桐生一馬との物語が終えたところでジャッジアイズ、ONLINE及び7(因みに0は生誕前)では登場していない。
ONLINEではほぼ最高レアリティでピックアップされる事が多いがどちらも過去シリーズを題材にしているので現在はどうなってるかは不明。ジャッジアイズではモブが持っている雑誌にマスコミが本人を追っていると思われる内容が記されていた。

関連タグ

龍が如く 澤村由美

関連記事

親記事

龍が如く りゅうがごとく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「澤村遥」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「澤村遥」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3263288

コメント