ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「「尾道の秘密」は私が受け継ぎます。それによって大道寺稔からもたらされる権力も金もすべてね…」

CV:大森南朋

概要

広島で活動する極道組織『陽銘連合会』会長 「来栖猛」こと巌見兵三の息子であり、陽銘連合会のフロント企業である巌見造船の社長。
龍が如く6における実質的な黒幕。
一見、穏やかながらもどこか冷徹さを感じさせる雰囲気ながら、その実、裏社会で絶大な力を持つ父を超えるという功名心と、陽銘連合会、そして「来栖猛」の渡世名を手に入れるというどす黒い野心を秘めている。

上記の通り、本人の立場は全くのカタギである。しかし、物語中盤時点で「陽銘連合会の黒幕」と評されているように、実質的には兵三に次ぐ陽銘連合会のナンバー2の立ち位置にあった。本来のナンバー2にあたる陽銘連合会の若頭・小清水をも指揮下に入れており、その実、父の兵三を差し置いて陽銘連合会を自由に動かす権限を持つに至っていた。

命乞いも辞さないなど、本質的にはカタギらしいヘタレっぷりも見せるが、経歴とは不釣り合いな頑強な肉体に加え、極道の道さえ踏み外すほどの異常な残虐性を併せ持つ。
また、人心掌握と謀略の手腕は広瀬も認めるほどで、父の兵三も我が子の非凡な能力に苦悶の表情を隠せなかったという(兵三は恒雄が表社会で生きる事を望んでいた為)。
己の野心を実現させる為なら女子供を含めどんなものでも利用するばかりでなく、不必要となったりや邪魔者となりうる存在は容赦なく排除する。

劇中では韓国マフィアの真拳派を抱き込んで、『東城会』と中国マフィア『祭汪会』の同士討ちを図ったり、染谷巧の元妻である笠原清美を人質にとって染谷に桐生抹殺をけしかけたり、桐生に対し腕づくでは敵わないと見るや澤村遥とその息子のハルトを人質にとって桐生を手出しさせない様にした上で一方的に痛めつけるなど、勝つためならどんな汚い手段をも厭わない、非常に性根の腐った下衆野郎

経歴

父親の兵三からは、上記の野心を見抜かれており、我が子には日の当たる道をと願った兵三により裏社会との関わりを制限され、無理矢理に表社会の日の当たる道を歩かせようとされるが、そんな父の想いを理解する事はなく、逆にフラストレーションと野心を増長させた結果、同じく東城会を手に入れる事を目論んでいた菅井克己や染谷巧、『陽銘連合会』若頭の小清水寛治、祭汪会総帥 ビッグ・ロウや彼の息子であるジミー・ロウと結託し、『6』における全ての事件の裏で糸を引いた。

劇中後半で桐生や陽銘連合会末端組織 広瀬一家が『尾道の秘密』を暴いたことをきっかけに、『陽銘連合会』のバックについていたフィクサーの大道寺稔から父親や桐生の殺害を依頼され、それを名目に小清水に父 兵三を殺害させて、自身はまんまと会長の座を手にする。
その後、同じく桐生を排除する為に染谷の元妻の清美を人質に取ると、染谷に対して桐生の殺害を命令するが、桐生に敗れた染谷が自害したために失敗。
後に巌見造船所に乗り込んできた桐生と広瀬一家若頭の南雲に対し、自ら菅井や陽銘連合会を引き連れて直接対峙する事となる。手始めに嗾けた小清水が倒されると、切り札として事前に連れ去っていた遥とハルトを人質に取り、桐生達を無抵抗にした上で菅井と共に一方的に暴行して窮地に追いやるが、勇太達の広瀬一家の若衆の乱入によって遥達が解放されてしまう。遂に桐生と一対一のタイマンを張るも、所詮は極道気取りのにわかチンピラに過ぎず、呆気無く返り討ちにされ、悪あがきに菅井に遥とハルトの殺害を命じるなど往生際の悪さを見せたところで、遂に怒りが限界に達した桐生から渾身のワンパンを食らい、ノックアウト。
その後は登場せず、全てが終わった後、陽銘連合会会長の座は小清水に継承される事となり、自身は警察に逮捕された事が、釈放された堂島大吾達の会話で明らかになる。つまり、恒雄の野望は文字通り三日天下に終わったのだった。

ラスボスとして…

極道組織の頂点に立つ野望を持っているだけあって、密かに身体を鍛えあげたり、背中に刺青を彫るなどヤクザぶっているものの、4の宗像征四郎以来のカタギラスボスなうえに前述の恥知らずな行動のせいで極道としての格が皆無。さらにサラリーマン風の地味な風貌もあってか、あまり強そうに見えない。
ストーリー中に対峙する広瀬徹や染谷、ハン・ジュンギや小清水といった魅力的な敵役たちの印象が大きいのも一因。
ただし、彼がラスボスであることを匂わせる伏線は物語中盤以降からしっかりと張られており前作の相沢聖人のような唐突的な展開にならないように脚本構成面では前回の反省が活かされている。
バトル面でも、攻撃力が高めであるという以外に特徴がない敵である。対処しにくい攻撃動作などはなく、全体的に動作の機敏さを欠く。おまけにシステム上体力ゲージが1本しかなく、のように体力ゲージでハッタリを利かすことも出来ない有様。結果、最高難易度でもそれまでの強敵を退けてきたプレイヤーからすればさして苦戦しうる相手でもなく、桐生が対峙する最後の敵にしてシリーズ屈指のがっかりラスボスとなってしまった。
演出上体力ゲージが2本用意されていて、かつ直前に対戦した小清水の方がまだ厄介な敵である。
でも白沢の刺青とBGMはかっこいい。

余談

上記の通り、5の相沢のような唐突感についてはちゃんと改善されていたが、それでもラスボスとしての風格や個性、強さの無さ、そして下衆さや小物さとそれに相応する様なスカッとさせる報いを受けなかった事。
そして何よりも、彼の往生際の悪さが遠因となって桐生は、戸籍上死亡する事となり、遥や児童養護施設『あさがお』の子供達、そしてこれまで自分を慕っていた大吾や、真島の兄さん冴島秋山ら共に戦ってきた仲間達とも二度と会えなくなってしまうという死よりも辛く、悲しい境遇に立たされてしまうという、往年の『龍が如く』ファンにとっては許容しがたい胸糞オチを迎える事となり、言うまでもなくamazonをはじめとするゲームレビューや作品を制作したセガの公式サイトには大量のクレームが寄せられ、「龍が如くの物語をメチャメチャにしやがって」「桐生ちゃんの人生を返せ」と『龍が如く』ファンからの怒りの抗議文が多数寄せられる事となり、それらの批判について脚本を担当した横山氏は「シナリオへの賛否両論はあくまで狙ったもので、真摯に作品に向き合ってくれる人が多いという事がとても嬉しい」と返しており、「批判しているのはそういうことじゃない」とかえって火に油を注いでよりファンの怒りを買ってしまい横山氏や名越氏を初めとした開発スタッフの責任を問う声が上がるようになった。
元々、桐生を主人公に据えた龍が如くの物語の構成していくのに横山氏たち開発スタッフも頭を抱えるほど既に限界に達していたにも関わらず、高まりすぎた桐生の人気に引っ張られて主人公に据え続けてしまったことが前作の5や今作の6における悲劇の一因でもあるため、作品を重ねることに桐生の主人公としての魅力が上がるにつれて気がつけば作品制作の上で大きすぎるハードルと化してしまったという意味では開発スタッフたちにとって不幸だったと言える。

このようにあまりにも反感を買いやすいキャラクターであるせいで恒雄のモーションと声を担当した大森南朋氏にまでも批判が飛び火するという風評被害を発生させている。言うまでもないが、大森氏は役者/声優としての仕事をこなしただけであり、氏を批判するのは筋違いである。
その抗議文に加えて大森氏にまで迷惑をかけてしまうことになった深い反省からかスピンオフ作品「ジャッジアイズ:死神の遺言」のラスボス(リンク先ネタバレ注意)は改善されている

関連タグ

龍が如く 龍が如く6 吐き気を催す邪悪(ゲーム系) 外道 ヘタレ 小悪党 小物界の大物 ラスボス ラスボス(笑)

宇佐美勇太…同じく龍が如く6の登場人物。恒雄同様にキャラクターへの非難が過ぎて、演者までもが批判される羽目になった。

堂島宗兵嶋野太新藤浩二神宮京平千石虎之介倉橋渉高島遼玉城鉄生アンドレ・リチャードソン柴田和夫葛城勲斉藤宗像征四郎青山稔釘原広志黒澤翼米田老鬼エド菅井克己南光坊天海二階堂哲雄DD原田左之助武田観柳斎山内容堂松重日吉公信飯渕圭筒井正俊鶴見正沖田忍メテオ鈴木大場庄助田中一郎カズ柿崎品原マサル金城風太タルーガ…龍が如くシリーズで恒雄に匹敵する外道共。

相沢聖人…龍が如くシリーズで恒雄同様にファンからの不満を買っている拍子抜けなラスボス。

ネタバレの為伏せ…世界観を共有するジャッジアイズのラスボスであり、俳優がモーションと声を担当した外道繋がり。

関連記事

親記事

龍が如く6 きりゅうかずまでんせつさいしゅうしょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「巌見恒雄」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2106

コメント