ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

CV:安元洋貴

概要

龍が如く5』に登場する東城会系組員及び会長護衛役。同じく護衛役の森永悠を兄貴分として慕っている。見る者を威圧する巨体を誇り、冷静沈着な森永とは違い熱くなると手がつけられない性格をしている。背中の刺青は黒鯉。


劇中の活躍

会長秘書・青山稔の指示により森永と共に、福岡永洲街にて山笠組組長・斑目忠との盃交渉を行っている会長・堂島大吾の護衛をしていたが、彼が単独で乗ったタクシーから降りた後行方不明になってしまったため、そのタクシーを運転していた桐生一馬の元に大吾の行き先を尋ねに来た。そこでの「知らない」という桐生の答えを信用できず森永と二人がかりで無理矢理口を割らせようとしたが返り討ちにされる。

そして、七代目近江連合若頭・渡瀬勝が福岡に来ているという情報から、大吾が拉致されたかもしれないと思い渡瀬の元へ向かい、そこで先に来ていた桐生に説得され、今度は青山が怪しいと聞かされ青山が会長代行として盃交渉としている山笠組本部へ向かうが、裏切った青山によって森永が銃撃を喰らい桐生が暴れている間に撤退。


その後、福岡の埠頭にて桐生の元へ現れた森永によって殺害されたと言われていたが、それは森永のついた嘘で、病院から行方を眩ませた森永の情報を求めサイの花屋の元を訪れる。情報料として賽の河原にある地下闘技場にて闘うが、相手を殴り殺しそうとしていたため、同じく森永の情報を求めてきた冴島大河によって敗北する。そして、花屋から森永が殺されたという情報を得る。


しかし終盤にて、ある目的のために東城会本部へ乗り込み、幹部を殺し回った後、待っていた桐生と対峙し自身の正体を明かす。











以下、ネタバレ注意


















実は今回の騒動の黒幕である近江連合七代目会長・黒澤翼実の息子

黒澤は自分が死ぬ前に相沢を極道社会の頂点に立たせることを目論み、今回の東城会を巻き込んだ近江連合の跡目騒動を引き起こした。


戦闘前、相沢は桐生に対し、「大吾は会長の器か」と問い、力だけが全ての極道において、生まれ持った才能だけで全てが決まるなんて間違っていると思い、桐生と冴島といったカリスマが派手に活躍する裏で自分を鍛え続けていた。

そして、自分の目的が桐生一馬というカリスマを、鍛え上げた力のみ自分が超え頂点に立つことだと告げ最後の死闘を繰り広げる。桐生が手負いだったとはいえ、全力で殴りあい、持ち前の怪力で場所を移しながら屋外まで奮戦したが最後はクロスカウンターで雪の上に崩れ落ち、「何年掛かってもまた向かってこい」という言葉を聞いて意識を失う。


その後の動向だが、『ONLINE』の救援イベント「相沢聖人、その覚悟」によると、桐生に敗北後程なくして目覚め、駆けつけた警察によって傷害および殺人の容疑で逮捕及び東京刑務所に収監される(刑期は不明だが、罪状からして少なくとも10年程の服役は免れないだろう)。

しかし護送中のパトカーの中の相沢に悲壮感はなく、「このまま終わってしまってはあの世の森永の兄貴に合わせる顔がない(この台詞から、冴島の言った通り兄貴分=森永に対する忠義は本物であったことがわかる)」としつつ、再び挑んでくるよう諭してくれた桐生に感謝し、何年、何十年かけてでも「壁=桐生一馬を越えてみせる」ことを誓うのであった。


戦闘スタイル

巨体を活かして相手に突進する力技の戦法で、桐生に敗れはしたものの、二、三階から叩きつけられても無事なタフさ、バイクより重そうな置物を片手で軽々と持ち上げ振り回す怪力、桐生一馬にボッコボコにされても最後まで諦めなかった気合いとかなりの化け物ぶりを見せつけている。


評価

今までのシリーズのラスボスが直系組長クラスであるのに対し、相沢は会長護衛役という下っ端。加えてストーリーにおけるラスボスである伏線が余りにも薄いためぽっと出感が非常に強い

また、桐生はラスボス戦前に黒澤によって腹部に銃弾を受けて負傷しており、万全という状態でなくても完勝してしまう。そのため、彼の上司で数々の裏切りシーンを起こした森永や、ライバル組織のリーダー格である渡瀬の方がラスボスとしてのインパクトがあったと言われる始末。

実際、相沢も「自分にもよく分かんないんすよ」と、これまで碌に知りもしなかった実父の勝手な遺志に翻弄されて、気付いてみれば自分の望みとはかけ離れた場所に流れ着いてしまった道化に過ぎない己の立ち位置の自覚を口にしている。


これは一部しか語られていないこともあって推測で補完せざるを得ない部分もあるが、本作のシナリオライターである横山昌義によると、このようなことになってしまったことへの一因には桐生を主人公に据えた物語を展開するのに限界を迎えていたせいで第一章の部分まで書き進めていた時点でさえ誰をラスボスにするかを全く決めることができない程にまでシナリオの構築が難航し、そのまま最後まで尾を引く形で行き当たりばったりのまま脚本を書き進めた結果、気が付けばラスボスという位置に定められてしまったことによるものらしい。

この一件については上述の批判を受けて横山を始めとするスタッフ達も反省したようで、続編である『6』以降の作品におけるラスボスは唐突な形にならないように、格などはどうあれ中盤辺りから黒幕及びラスボスであることを匂わすなど伏線を張るようになった。


バトル面でもHPだけはかなり多いが特徴的な技を持たず、ラスボスとしての強さも微妙で、他の主人公たちと戦うことになる馬場茂樹金井嘉門が強敵の為、余計に弱く感じる。

一方、バトル面の演出とBGMや相沢が闘う理由である「コネが横行する極道社会に反発する」「桐生が四代目会長として残ってくれていたらこんなことにならずに済んだ」(とはいえこれまでの事件で桐生の残した禍根も多い為、それはそれで別の問題に東城会は悩まされてしまうことになるのだろうが)などは正論であり、確かにラスボスとしては不相応であるが一ボスとしてならまさに今作のテーマである「夢」を象徴する敵に相応しいと評価する声もある。


龍が如く維新!』では

新撰組十番隊隊長「原田左之助」として登場。隊長の中では唯一の長槍使い。

上昇志向の強い相沢同様、新撰組で名を挙げ、幕府から旗本に取り立ててもらう事を目標としている野心家であり、身元が判然としない癖に直系幹部に登用された斎藤一坂本龍馬)を好ましく思っていない。


劇中では、物語後半に起きたの大火の際に、火事場泥棒を働いたことを斎藤に咎められるが開き直り、自身を銃でもなんでも利用する「新撰組最強」と豪語し、仕事の邪魔として排除しようと襲いかかるが敗北。

その後、自身の背後で炎上していた火の見櫓が倒れ、助けを乞いながらその下敷きとなった(この扱いに関しては『5』本編での相沢の在り方を批判していたプレイヤーも「流石にやり過ぎ」という声も)。

なお、敗北後に斎藤が正体を明かすまで、戦っていた相手が坂本龍馬であることに気づかなかった。


関連タグ

龍が如く 龍が如く5 東城会 極道 ラスボス(龍が如く)

桐生一馬 森永悠 冴島大河 黒澤翼


錦山彰…相沢と同じく鯉の刺青で桐生と戦ったラスボス繋がり。


荒川真斗…同じ名前の読み仮名のキャラ繋がり。相沢と同じく極道の息子でかなりの野心家だが、極道ではなく別の道を進むこととなる。


堂島大吾…同じく極道の息子で桐生と戦ったラスボス繋がり。こちらは桐生を倒すのではなく極道として跡を継ぐことでその背中を超えようとしている点が異なる。


巌見恒雄…同じく極道の息子で桐生と戦ったラスボス繋がり。しかし、父親が彼の心情を全く顧みなかったせいで作中で相沢以上に暴走することとなる。

関連記事

親記事

龍が如く5 りゅうがごとくふぁいぶ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10350

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました