2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2015年に生まれ、2018年に3歳を迎えた世代。2022年現在7歳。
3歳時の古馬GI勝利数、中央平地GI勝利数、世代総GI勝利数などを更新した。

2015年に大種牡馬ステイゴールドが最初の種付け直後に急死しており、その産駒は未勝利で繁殖に上がったため、この世代が事実上のラストクロップと言える世代もなる。
3歳時にマイルCSをステルヴィオが勝つと、ジャパンC、チャンピオンズC、有馬記念、東京大賞典と国内の古馬G1を5連勝、その後も勝ち星を重ね中央平地GⅠ31勝を達成し、史上最多勝利数を更新した。
新型コロナウイルスの影響を受けて海外遠征が中止なった年があるにも関わらず14世代と並んで史上最多の海外G16勝を挙げている。
地方のG1及びJpn1も13勝しているため、合算するとGⅠ50勝の大台に達している。

あまり知られていないが短距離のGⅠが充実した現代において2019年に古馬短距離GⅠ単年度全勝をした唯一の世代でもある。また同世代による短距離G17連勝は歴代最高記録。

3歳から活躍した割に世代全体としては息が長く、7歳に入ってからも3ヶ月で中山金杯、東海S、川崎記念、京都記念、阪急杯、オーシャンS、レッドシーフTH、ドバイゴールドCなど多数の重賞を勝利している。

芝2400メートルの世界レコードタイムを大幅に更新し、シンボリルドルフが芝GIを7勝してから34年誰も更新する事が出来なかった、史上初の芝GI8勝を達成し通算9勝した三冠牝馬アーモンドアイが有名なためアーモンドアイ世代とも呼ばれる。

アーモンドアイ以外にも、栄光・凋落・復活・覚醒の末に大阪杯制覇やエリザベス女王杯連覇を成し遂げたGI4勝馬ラッキーライラック、芝砂兼用の短距離逃げ馬で高松宮記念を制したモズスーパーフレア、マイル~中距離で国内外問わず活躍したクロノジェネシスの姉ノームコア等の牝馬が活躍した。

牡馬は牡馬で芝路線では、香港スプリントを父ロードカナロアと初の父子制覇を果たしたダノンスマッシュステイゴールドのラストクロップから出て春秋マイルGⅠ連覇を果たしたインディチャンプ、3000m級の長距離戦線で活躍したフィエールマン、メジロ血統の母系を持ち香港ヴァーズを2度勝ったグローリーヴェイズなどがいる。

しかしクラシックを制した皐月賞馬エポカドーロは古馬GⅠ初戦で鼻出血、その後は腸捻転を発症し開腹手術までして復帰を目指したがついに叶わず引退。
ダービー馬ワグネリアンは喉鳴りや胆石からくる多臓器不全に苦しみ、現役中に亡くなってしまった。

ダートでは3歳時にジャパンダートダービーに勝利し、同年の古馬GⅠを圧倒的な強さで連勝したルヴァンスレーヴ(怪我で早期離脱、全盛期には戻れず引退)、古馬になってからは史上初の東京大賞典4連覇を達成した大井の帝王オメガパフューム、獲得賞金10億を突破した驚異の安定感を誇るチュウワウィザードの2頭が大いに目立っている。20-21年にはアルクトスもマイルCS南部杯の連覇を達成した。
また、16年ぶりのJRA女性ジョッキーである藤田菜七子騎手に、初の重賞タイトルとGI挑戦をプレゼントし、海外でも勝利を挙げたコパノキッキングもこの世代である。

この世代でGⅠを勝利したフィエールマン・グローリーヴェイズ・チュウワウィザードの3頭はノーザンファーム空港牧場C1厩舎で共に育成された。いわば僚馬である。特にフィエールマンとグローリーヴェイズと同世代の重賞馬ユーキャンスマイルは同じ鞍で調教をしたこともあったという。

上記の競走馬以外にも
牝馬クラシックで活躍したリリーノーブルミッキーチャーム、主な勝鞍が2歳未勝利なのに獲得賞金2億越えのエタリオウ、後のGI馬4頭相手に完勝した伝説の朝日杯勝ち馬ダノンプレミアム、無敗三冠牝馬に勝って睨まれたギベオン、千直番長ライオンボス、ポタジェのライバルサンレイポケット、1つ上の名牝ディアドラと禁断の恋に落ちた巨漢馬ぶーちゃん(池添談)ことブラストワンピースetc…などの面子がおり、たびたびレースを沸かせた。

ステイゴールドの事実上のラストクロップ世代なのは前述の通りだが、他のGⅠ馬が軒並み引退した2022年、中央を走る産駒も残り20数頭しかいないにも関わらずここから妙に存在感を出し始め、Twitterに本馬のアカウントがあるアフリカンゴールド(アフリカンストーリーの半弟)や近親にG1馬を持つステイフーリッシュがそれぞれ初・3年9ヵ月ぶりに重賞を勝利している。

海外では2019-21年にかけて16連勝を果たし、香港マイル戦線を牽引している豪州産の香港馬ゴールデンシックスティがここの世代。そのほかにディープインパクト産駒のフランス調教馬でリアルスティールラヴズオンリーユーの親戚にあたるスタディオブマンや日本生まれのアイルランド調教馬サクソンウォリアーがおり、ともに種牡馬入りを果たしている。米国では無敗の3冠馬ジャスティファイが出て、古馬との対決を待たずに種牡馬入り。複数の持込馬がセレクトセールで億越えを出した。他には牝馬路線のモノモイガールや短距離路線のフィレンツェファイアなどが活躍。

勝利したGⅠ

グランプリやマイルは上下の世代(リスグラシュー・グランアレグリア・クロノジェネシス)の台頭後は勝ち星が伸びていない。
GⅠを複数回勝利した競走馬が11頭いる。同一GⅠを二回以上勝ったリピーターが7頭(うち連覇を達成したのは5頭)いる。

2-3歳

全日本2歳優駿ルヴァンスレーヴ
朝日杯FSダノンプレミアム
阪神JFラッキーライラック
ホープフルSタイムフライヤー
皐月賞エポカドーロ
日本ダービーワグネリアン
菊花賞フィエールマン
桜花賞アーモンドアイ
オークスアーモンドアイ
秋華賞アーモンドアイ
NHKマイルCケイアイノーテック
ジャパンダートダービールヴァンスレーヴ


古馬

距離
芝短距離
  • ダノンスマッシュ
  • タワーオブロンドン
  • モズスーパーフレア
芝マイル
  • インディチャンプ(2)
  • ステルヴィオ
芝中距離
  • ラッキーライラック
  • アーモンドアイ(2)
芝長距離
  • アーモンドアイ(2)
  • フィエールマン(2)
牝馬限定
  • ラッキーライラック(2)
  • ノームコア
  • アーモンドアイ
グランプリ
  • ブラストワンピース
中央ダート
  • ルヴァンスレーヴ
  • チュウワウィザード
地方
  • ルヴァンスレーヴ
  • オメガパフューム(5)
  • チュウワウィザード(3)
  • アルクトス(2)
海外
  • ダノンスマッシュ
  • ノームコア
  • グローリーヴェイズ(2)
  • アーモンドアイ
  • メールドグラース


代表的な競走馬

(2022年1月現在)

日本馬

馬名性別主な勝利レース備考
アーモンドアイ牝馬三冠/ジャパンC(2回)/天皇賞(秋)(2連覇)/ヴィクトリアマイル/ドバイターフ
ラッキーライラック阪神JF/エリザベス女王杯(2連覇)/大阪杯
ブラストワンピース有馬記念
フィエールマン菊花賞/天皇賞(春)(2連覇)
インディチャンプ安田記念/マイルCS
ダノンスマッシュ香港スプリント/高松宮記念
ノームコアヴィクトリアマイル/香港C
ルヴァンスレーヴチャンピオンズC/マイルCS南部杯/Jダートダービー/全日本2歳優駿
オメガパフューム(※現役)帝王賞/東京大賞典(4連覇)
チュウワウィザード(※現役)チャンピオンズC/川崎記念(2回)/JBCクラシック
アルクトス(※現役)マイルCS南部杯(2連覇)
タワーオブロンドンスプリンターズS
モズスーパーフレア(USA)高松宮記念
ワグネリアン日本ダービー
グローリーヴェイズ(※現役)香港ヴァーズ(2回)
エポカドーロ皐月賞
ステルヴィオ(※現役)マイルCS
ミスターメロディ(USA)高松宮記念
メールドグラースコーフィールドC(豪)
ステイフーリッシュ(※現役)レッドシーターフH(沙)
アフリカンゴールド(※現役)セン京都記念
マイネルファンロン(※現役)新潟記念
タイムフライヤー(川崎)(※現役)ホープフルステークス
ダノンプレミアム朝日杯FS


海外馬

馬・出身国性別調教地域主なレース備考
ゴールデンシックスティ(AUS)セン香港香港マイルなど多数2019-21年にかけ16連勝
サクソンウォリアー(JPN)IRE英2000ギニーディープインパクト産駒
スタディオブマン(IRE)FR仏2000ギニーディープインパクト産駒/近親にリアルスティールラヴズオンリーユー
ジャスティファイ(USA)USAケンタッキーダービー/プリークネスS/ベルモントS無敗で三冠達成
ロアリングライオンGBエクリプスSなど2018年の欧州年度代表馬
メンデルスゾーン(USA)IREBCジュベナイルターフ
モノモイガールUSABCディスタフなど
フィレンツェファイアUSAシャンペンS


関連タグ

17世代 ← 18世代 → 19世代

関連記事

親記事

競走馬の世代一覧 きょうそうばのせだいいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「18世代」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「18世代」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29001

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました