2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要


繁殖牝馬は種付けをして受胎したまま国を越えて輸送されることがあり、母馬が種付けした国と異なる国で出産することも珍しくない。こうした種付けした国と異なる国で生まれた馬を「持込馬」という。
日本における持込馬は外国で母馬に種付けされ、受胎したまま輸送されて日本国内で生まれた馬のことをいう。現在は内国産馬と同じ扱いになっているが、一時期外国産馬扱いになっていた時期があった。

国内の当歳馬や1歳馬がセリに出されるセレクトセールでは毎年のように外国種牡馬を父に持つ持込馬が上場・売却されている。これは国内海外問わず繁殖牝馬セールに受胎馬が上場しており、受胎したまま日本の事業者に購入された繁殖牝馬が出産前に輸入されるためである。

主な持込馬

馬名父馬持ち込み元
ヒカルメイジ(牡)ボワルセルイギリス
タイテエム(牡)セントクレスピンイギリス
マルゼンスキー(牡)ニジンスキーアメリカ
マーベラスクラウン(セン)ミスワキアメリカ
ニシノフラワー(牝)マジェスティックライトアメリカ
ビワハヤヒデ(牡)シャルードイギリス
サクラローレル(牡)レインボウクエストフランス
フサイチコンコルド(牡)カーリアンアイルランド
アドマイヤコジーン(牡)コジーンアメリカ
キングカメハメハ(牡)キングマンボアメリカ
エイシンフラッシュ(牡)キングズベストドイツ
サトノクラウン(牡)マルジュアイルランド
タワーオブロンドン(牡)レイヴンズパスアメリカ
ソウルスターリング(牝)フランケルフランス
ダノンファラオ(牡)アメリカンファラオアメリカ
グレナディアガーズ(牡)フランケルアメリカ


関連記事

外国産馬

関連記事

親記事

競走馬 きょうそうば

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました