ピクシブ百科事典

繁殖牝馬

はんしょくひんば

牧場で子馬を産むために飼養されている牝馬(ひんば、メス馬)のこと。英語ではブルードメア(broodmare)。
目次[非表示]

繁殖牝馬の生活

の寿命は、品種や環境によって変化するもののおおむね20~30年。そして、牝馬は3歳ほどで繁殖できる身体になり、15~18歳ころまで妊娠・出産が可能である。
妊娠期間は335日前後であり、ふつう1回の出産で1頭のみが生まれる。よって、一頭の母馬が一生の間に残せる子どもは多くて10数頭ということになる。

繁殖シーズンは主に春であり、牝馬が発情し交尾が可能な状態と見なされると、種牡馬のいる牧場に連れて行き、種付けが行われる。
(ふだん、牡馬と牝馬を一緒にはしておかない。意図しない妊娠が発生する可能性があるし、言い寄った牡馬が気に入らないと気が立った牝馬が蹴るなど、事故のもとになるからである。)
妊娠した母馬は、次の年の春に子を産み、身体の回復と発情を待って次の種付け、また次の春に…というサイクルを繰り返す。

生まれたばかりの子馬(0歳、「当歳馬」とも呼ばれる)は、競走馬の場合、買い手が決まり厩舎に入るまでの間母親とともに暮らす。

産んだ子が成長し重賞を取るような活躍をすれば、その弟妹たちに高値がつくようになるし、娘たちの繁殖牝馬としての価値も高まる。こうした生産牧場の経営を支える優秀な繁殖牝馬を讃えて「竈馬」とも呼ぶ(かまどうま。かまどは一家の食と生を司る、昔の家屋の中心部だったことから。カマドウマではない)。

馬のきょうだい関係

競走馬の場合、馬のきょうだい関係は「同じ母親から生まれたか」を基準に決められる。
というのも、父親の側の種牡馬は、人気の馬であれば生涯で1000頭以上の子を成すため。牧場や競馬場を見渡せばそこら中に父親が同じ馬がおり、これでは数が多すぎてきょうだい関係を表すのに不適当だからである。

また、繁殖牝馬は一生の間に複数の種牡馬との間に子を残すのが普通。血統のバリエーションを増やし、将来「みんな父親が同じでどうあがいても近親相姦」といった事態を防ぐためである。

  • 「父親も母親も同じ」という馬を全兄弟全姉妹と呼ぶ。
例:アグネスフライト(1997年生・牡)とアグネスタキオン(1998年生・牡)
どちらも父サンデーサイレンス・母アグネスフローラ。
「アグネスフライトはアグネスタキオンの全兄」「アグネスタキオンはアグネスフライトの全弟」のように使う。

  • 「母親は同じだが父親は違う」という馬を半兄弟半姉妹と呼ぶ。
例:オグリキャップ(1985年生・牡)とオグリローマン(1991年生・牝)
どちらも母親はホワイトナルビーだが、オグリキャップの父はダンシングキャップ、オグリローマンの父はブレイヴェストローマン。
「オグリキャップはオグリローマンの半兄」「オグリローマンはオグリキャップの半妹」のように使う。

繁殖牝馬の記録

種牡馬の方には、その子ども達が1年間のレースで合計いくらの賞金を稼ぎだしたかという「リーディングサイアー」という優秀さのひとつの基準があるのだが、繁殖牝馬にはそうした統一基準はない。
なのであくまで参考に記録例を挙げる。

子のGI獲得数合計

合計9勝が最高。3例が存在する。

  • スカーレットブーケ(1988~2018)
ダイワメジャー5勝+ダイワスカーレット4勝)
  • オリエンタルアート(1997~2015)
ドリームジャーニー3勝+オルフェーヴル6勝)
アーモンドアイ9勝)

一頭の母が産んだGI馬

4頭が最高。戦前の例なので「現在のGIに相当するレースに勝利した」ということではあるが、戦後もこれに並ぶ母は出ていない。また4頭のうちセントライトトサミドリの2頭が顕彰馬に選出され、現在まで唯一の兄弟顕彰馬である。

  • フリッパンシー(1924~1948)
(タイホウ、セントライト、クリヒカリ、トサミドリ

一頭の母が産んだ重賞馬

中央競馬においては6頭が最高と言われている。ビワハイジは多くの種牡馬との間に活躍馬を産んだことでも知られ、重賞産駒6頭の父親は5頭にまたがる。

  • ビワハイジ(1993~)
 アドマイヤジャパン(父:サンデーサイレンス
 アドマイヤオーラ(父:アグネスタキオン
 ブエナビスタ(父:スペシャルウィーク
 トーセンレーヴ(父:ディープインパクト
 ジョワドヴィーヴル(父:ディープインパクト)
 サングレアル(父:ゼンノロブロイ

関連項目

競馬 競走馬 交配 種付け 種牡馬 子馬

関連記事

親記事

牝馬 ひんば

pixivに投稿された作品 pixivで「繁殖牝馬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3190

コメント