ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

セントライト

せんとらいと

セントライトは元競走馬・種牡馬。国営→中央競馬における初代牡馬三冠馬である。
目次 [非表示]

概要

日本の競走馬種牡馬

主戦騎手小西喜蔵(1941年4月27日の呼馬戦のみ阿部正太郎が騎乗)。


第二次世界大戦開戦間近のきな臭さ漂う不穏な時代、「軍馬調達」を名目としていた競馬界で活躍し、最初の「三冠馬」となった。

生涯戦績は12戦9勝。二着2回、三着1回。

4歳時点で体高166cm、体重500kg以上と当時としては大柄で、スマートさに欠けていたため「ずんぐりむっくりの大型戦車」などと呼ばれた。


来歴

1938年4月2日、三菱財閥オーナー一族・岩崎家所有の小岩井農場岩手県雫石町)で生まれた。

父・ダイオライトはイギリスで2000ギニーステークスを制しており、初めて日本に輸入された海外重賞勝利馬であった(宮内省が管理する下総御料牧場に導入)。テツザクラグランドライトヒロサクラなどの活躍馬を輩出し、母父としてもオーハヤブサシラオキタカマガハラハクチカラなどを輩出している。

母・フリッパンシーは1928年にイギリスから輸入された繁殖牝馬で、タイホウクリヒカリトサミドリを輩出するなど目覚ましい繁殖成績を残した。トサミドリは顕彰馬に選出され、現在でも顕彰馬唯一の兄弟馬となっている。


1941年3月15日、横浜競馬場新呼馬戦でデビューし1着。

3月30日、2戦目で横浜農林省四歳呼馬(1949年より皐月賞)に勝利。呼馬戦を2つ勝って4連勝。

5月3日、古呼馬特殊ハンデキャップでは58kgの斤量を背負い、シヂリダケの2着に敗れた。

5月10日の古呼馬戦を勝ち、4連闘で東京優駿競争(1964年より東京優駿)に出走し1着。2着に8馬身差をつけての勝利は現在も東京優駿での最大着差である(14年後にオートキツがタイ記録)。その後、秋まで休養に入る。

9月27日、休養明けで臨んだ古呼馬特殊ハンデキャップでは66㎏の斤量を背負い(東京優駿競争2着のステーツより11kg重い)、ステーツの3着に敗れた。

10月5日の古呼馬戦での勝利を挟み、10月12日には横浜農林省賞典四・五歳呼馬(1943年の横浜競馬場閉鎖をもって廃止された重賞)を制する。

10月18日の古呼馬戦での勝利を挟み、5連闘で京都農林省四歳呼馬(1948年より菊花賞)制覇。史上初の三冠馬となる(当時の呼称は三栄冠馬)。


その後は帝室御賞典(1947年より天皇賞)出走のためハンデキャップ戦に挑む予定だったが、72kgという斤量を背負わされる事が判明し、馬主・加藤雄策は「そんな酷量背負わせるぐらいなら」と引退を決めた。

このためセントライトは唯一「現役が1年間のみの三冠馬」となった。


引退後は故郷の小岩井農場に戻り種牡馬として繋養され、オーライトセントオーオーエンスなどを輩出する。


1947年、セントライトの功績を称えて、4歳馬(現3歳馬)限定重賞「セントライト記念」が創設され、菊花賞トライアルの重賞として認知されている。


戦後小岩井農場は競走馬生産をやめ、セントライトの繋養先は岩手県畜産試験場に変わった。このため繁殖牝馬の質が落ちて晩年は目立った産駒を出せず、父系は途絶えた。母系は現在も残っており、マイネルホウオウスイープトウショウなどがセントライトの末裔であった。


1964年、シンザンが戦後初の三冠馬となった。

1965年2月1日、老衰により27歳(旧28歳)で死去。その後も日本には常に三冠馬が最低一頭は生存している。


1984年、顕彰馬に選出。


関連タグ

41世代 競走馬 三冠馬

関連記事

親記事

三冠馬 さんかんば

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 115242

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました