ピクシブ百科事典

天皇賞

てんのうしょう

競馬のGⅠ競争。古馬の最高峰の名誉あるレースの1つ。春と秋、2回行われる。
目次[非表示]

概要

中央競馬(JRA)の古馬日本一決定戦。正賞は天皇楯。
天皇「杯」は各種競技で行われるが、天皇「賞」は競馬だけである。
競馬界で「盾」といえば天皇賞のことを指すのが普通。

春は京都競馬場芝3200m、秋は東京競馬場芝2000mで行われる。

1937年(昭和12年)秋の「帝室御賞典競走」を第1回天皇賞としている。
優秀な内国産繁殖馬の選定を目的に、外国産馬やセン馬の出走を認めてこなかったが、
2000年に外国産馬、2008年にセン馬の出走が認められた。
1981年に廃止されるまで勝ち抜き制が採用されていたため、一度勝利すると出走資格を失い、その後の目標となる大レースが有馬記念しか存在しなかったが、同年創設されたジャパンカップを含める形で古馬の競走体系が整備される。
1984年にグレード制の導入とスピード競馬への移行に伴い、秋の天皇賞が2000mに短縮。コース形態を巡る諸問題(後述)を抱えながらも、同年G1競走に位置付けられた宝塚記念を加え、現在に至る古馬の中長距離路線が確立される。

優勝馬

第118回 1998年秋 優勝:オフサイドトラップ サイレンススズカ故障事故発生、「沈黙の日曜日」と呼ばれている。JRA史上初となる8歳馬(数え年)によるG1競走優勝。
第119回 1999年春 優勝:スペシャルウィーク
第120回 1999年秋 優勝:スペシャルウィーク
第121回 2000年春 優勝:テイエムオペラオー
第122回 2000年秋 優勝:テイエムオペラオー
第123回 2001年春 優勝:テイエムオペラオー
第124回 2001年秋 優勝:アグネスデジタル
第125回 2002年春 優勝:マンハッタンカフェ
第126回 2002年秋 優勝:シンボリクリスエス この年は中山競馬場で開催。
第127回 2003年春 優勝:ヒシミラクル
第128回 2003年秋 優勝:シンボリクリスエス
第129回 2004年春 優勝:イングランディーレ

競馬 イングランディーレ

「イングランディーレの一人旅!」前年はダートグレードで走っていた馬が大逃げを打ち、後続のゼンノロブロイら有力馬の先着を許さない大波乱。
第130回 2004年秋 優勝:ゼンノロブロイ
第131回 2005年春 優勝:スズカマンボ
第132回 2005年秋 優勝:ヘヴンリーロマンス 「エンペラーズカップ100年記念」として明治時代以来106年振りの天覧競馬。勝利騎手の松永幹夫はレース後鞍上から敬礼。
第133回 2006年春 優勝:ディープインパクト
第134回 2006年秋 優勝:ダイワメジャー 
第135回 2007年春 優勝:メイショウサムソン
第136回 2007年秋 優勝:メイショウサムソン
第137回 2008年春 優勝:アドマイヤジュピタ
第138回 2008年秋 優勝:ウオッカ

138回天皇賞(秋)

「大接戦ドゴーン!(by アオシマバクシンオー)」を演じた末に、1着ウオッカ・2着ダイワスカーレット・3着ディープスカイと、1着から3着までは人気通りの決着。尚、あわやの末脚でハナ差の4着まで追い込んだ7歳馬カンパニーが翌年の覇者だったりする。
第139回 2009年春 優勝:マイネルキッツ
第140回 2009年秋 優勝:カンパニー JRA史上初となる8歳馬によるG1競走優勝。
第141回 2010年春 優勝:ジャガーメイル
第142回 2010年秋 優勝:ブエナビスタ
第143回 2011年春 優勝:ヒルノダムール NHK中継は国会中継の為、中止(補正予算審議を大型連休返上で行った為)。
第144回 2011年秋 優勝:トーセンジョーダン
第145回 2012年春 優勝:ビートブラック 石橋脩騎手

【春天優勝】ビートブラック&石橋脩


第146回 2012年秋 優勝:エイシンフラッシュ

天皇賞、デムーロとエイシンフラッシュの今日のハイライト

ミルコ・デムーロ騎手、貴賓席の天皇皇后両陛下に下馬して礼。
第147回 2013年春 優勝:フェノーメノ
第148回 2013年秋 優勝:ジャスタウェイ
第149回 2014年春 優勝:フェノーメノ
第150回 2014年秋 優勝:スピルバーグ
第151回 2015年春 優勝:ゴールドシップ
第152回 2015年秋 優勝:ラブリーデイ
第153回 2016年春 優勝:キタサンブラック
第154回 2016年秋 優勝:モーリス
第155回 2017年春 優勝:キタサンブラック
第156回 2017年秋 優勝:キタサンブラック
第157回 2018年春 優勝:レインボーライン
第158回 2018年秋 優勝:レイデオロ クリストフ・ルメール騎手
第159回 2019年春 優勝:フィエールマン 平成最後のGⅠ、ルメール騎手が連勝.
第160回 2019年秋 優勝:アーモンドアイ クリストフ・ルメール騎手、3連続の天皇賞勝利
第161回 2020年春 優勝:フィエールマン 史上5頭目の春連覇。ルメールはこれで4連続の天皇賞制覇。 新型コロナウイルス感染拡大及び緊急事態宣言発令の為、無観客開催。NHK中継も緊急事態宣言による非常体制により中止。
第162回 2020年秋 優勝:アーモンドアイ 史上2頭目の連覇達成。ルメールは天皇賞5連続勝利を達成。
第163回 2021年春 優勝:ワールドプレミア

その他

武豊騎手は2017年秋までに、春8勝、秋6勝の計14勝しており、特に春の8勝は同一G1レースにおける最多勝利記録である。そのため「平成の盾男」と呼ばれる。

秋(偶数回)の天皇賞は東京競馬場が改装される2003年まで1番人気が勝てないレースとして知られていた。改装前の東京2000mコースはスタート直後にカーブがあるため、特に外枠の先行馬が不利になりやすいコース形態だった。具体的にはシンボリルドルフ(1985年・8枠17番)・トウカイテイオー(1992年・7枠15番)親子が共にハイペースを先行した結果、人気薄の差し馬に強襲を許したり、メジロマックイーン(1991年・7枠13番)に至っては6馬身差をつけながらスタート直後のカーブで進路妨害を取られて降着の憂き目に合っている。対照的に内枠の人気馬ビワハヤヒデ(1994年・2枠2番)、サイレンススズカ(1998年・1枠1番)がレース中の故障で勝利を逃している。

関連項目

JRA 高松宮記念 エリザベス女王杯 天皇杯 
4月29日 昭和30年から平成2年までの春の天皇賞は、ほとんど4月29日に開催されていた。これは昭和天皇の誕生日であるため。

大阪杯→天皇賞→宝塚記念:春の古馬三冠レースで、大阪杯がGⅠに昇格した2017年に確立された。
天皇賞→ジャパンカップ有馬記念:秋の古馬三冠レース。三連勝するとボーナス1億円。達成した馬はテイエムオペラオー(2000)とゼンノロブロイ(2004)の2頭のみ。

関連記事

親記事

八大競走 はちだいきょうそう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天皇賞」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 182928

コメント