ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

競馬のすべてがここにある。

2012年JRA CM「有馬記念」編より


概要編集

毎年12月後半の年末に中山競馬場2,500mコースで争われる、JRA(日本中央競馬会)主催の重賞レース(格付けはGⅠ)。

グレード制導入以前の重賞競走で最も格式と名誉を持つとされた八大競走の一つに数えられ、2000年以降は秋古馬三冠競走の最終戦にも位置づけられている。


出走馬をファン投票で決める「秋のグランプリレース」であり、初夏開催の「宝塚記念」と続けて勝利すると「春秋グランプリ連覇」として高評価を受ける(暦上は冬の開催だが、宝塚記念同様「秋競馬」の締めくくりとして実施されるためこのような呼称がなされる)。ちなみに正式名は「有馬記念(第○○回グランプリ)」(○○には施工回数が入る)だが、一般的には「第○○回有馬記念」と呼ばれる。

競馬は詳しくないが「有馬記念」の名前は知っている」、「普段は競馬はやらないが、年に一度有馬だけは馬券を買う」など、日頃は競馬に縁のない人々からの知名度も高い。

1996年には有馬記念の1レースだけで約875億円の馬券を売り上げて世界記録としてギネスブックに掲載されており、現在も英国の障害競走「グランドナショナル」と並んで世界的にも売上の多いレースである。


試合内容の傾向として2年連続で好走する馬や、3着に人気薄の馬が入着する馬が多い。

また当レース自体が年度代表馬決定戦としてみなされる事が多く、有馬記念を勝って年度代表馬に選出、あるいはJRA賞最優秀馬を受賞した馬も多い。

一方で、中山コースのトリッキーさもあってか、ディープインパクトの史上初にして唯一の黒星の舞台となった他、64年ぶりの牝馬ダービー制覇を成し遂げたウオッカやジャパンカップにて芝2,400の世界レコードを樹立したアーモンドアイのような優駿がキャリア史上最大の大敗を喫することも珍しくはなかったり。


IFHA(国際競馬統括機関連盟)が発表する「世界のトップ100GIレース」によると、2019年の格付けランキングでは世界6位タイ、日本国内のレースでは宝塚記念についで2位に位置付けられている。2020年は世界10位、日本国内では4位となっている。


前史編集

1956年創設。

「春の日本ダービー(東京優駿)に対し、年末にも名物となるレースを作りたい」とする、当時のJRA理事長・有馬頼寧(ありま・よりやす)の呼び掛けにより、プロ野球オールスターゲームを参考にした「ファン投票で出走馬を決定するレース」として設定された。


有馬氏は旧久留米藩主の伯爵家であった有馬家の15代当主で、農政学者として大学で教鞭をとった後に貴族院議員として農林大臣を歴任。

政界を下野した後は日本の競馬界だけでなく、プロ野球チーム東京セネタース(現在の北海道日本ハムファイターズ埼玉西武ライオンズのルーツで戦時中に解散)の経営や、卓球界の基礎づくりにも貢献した。


当初は「中山グランプリ」と仮称され、ファンから正式名を公募したが、約3800通が寄せられたものの結局妙案が無かったため、この呼称を正式名として実施されることとなった。そして1956年12月23日、新スタンドを設けた中山競馬場で第1回「中山グランプリ」が開催される。

出走馬12頭中天皇賞優勝馬が3頭・クラシック競走優勝馬4頭と当時の強豪馬が一堂に会したこのレースは、当時1万人入場すれば盛況とされた中山競馬場に約2万7800人が入場するという大好評をもって迎えられた。


ところが第1回中山グランプリから僅か17日後の1957年1月9日、発起人の有馬氏が急性肺炎のためJRA理事長在職のまま72歳で急逝。

有馬氏の理事長在任期間は2年に満たなかったが、競馬の大衆化などに尽力した有馬氏の生前の功績を讃えて、「中山グランプリ」はこの年から同氏の名を冠した「有馬記念」に改称され、現在に至る。

現在のJRA重賞レースで皇族と海外王族以外の個人名がついているものは、他に初代JRA理事長である安田伊左衛門に由来する安田記念のみである。


レースの変遷編集

2000年にジャパンカップの賞金額が大幅に増大されたことや菊花賞秋華賞の開催時期が早まったことで、それまでの有馬記念の「3歳馬と古馬が集結する年末の大レース」という立ち位置が被るようになり、ジャパンカップを目標にして有馬記念を回避する有力馬が増え始める。

ただし1990年代以前はその逆のローテーションを組むことも珍しくはなかった。

また日本馬の強力化や香港国際競走の拡充などもあってジャパンカップに参戦する外国の有力馬が減ったり、マイル~中距離路線を進む国内馬が香港を選択するケースが増えたりもした。

それでも日本競馬の年末の一大イベントという扱いは健在である。


2016年に17年ぶりにジャパンカップと賞金が同額化。

2020年、現在毎年後日に開催されるホープフルステークス中山大障害と同日に行われ、一年で最終開催GⅠとしての有馬記念が4年ぶりに復活した。


余談であるが、地上波を含めたテレビ中継においてフジテレビは有馬記念の実況を最上級クラスとしているようであり、歴代のアナウンス部長やそれに準ずる管理職が実況を担当する傾向である。

有名アナウンサーとして鳥居滋夫盛山毅大林宏大川和彦堺正幸(連続14年含む計17回担当)、三宅正治塩原恒夫青嶋達也などがおり、数多くの名フレーズも誕生した。


競走条件編集

サラ系3歳以上(出走可能頭数:最大16頭)


JRA所属馬(ファン投票選出馬、及びJRA選定馬)

地方競馬所属馬(JRA選定馬のみ)

外国調教馬(最大6頭まで、優先出走)

出走馬の選定方法は以下の通り。


特別登録を行った馬のうちファン投票上位10頭、及び外国馬は優先出走できる。

上記以外のJRA所属馬・地方競馬所属馬は「通算収得賞金」+「過去1年間の収得賞金」+「過去2年間のGI競走における収得賞金」の総計が多い順に出走できる。

負担重量

定量(3歳55kg、4歳以上57kg、牝馬2kg減)


枠順(馬番号)の決定方法について編集


2014年(平成26年)は出走馬の枠順(馬番号)決定方法についてJRA初の試みとして、「出走馬の関係者が希望する枠順を選択する方法」とされた。あわせて、BSフジにてテレビでの生中継も実施された。手順は以下のとおり。


枠順(馬番号)を選択する出走馬1頭を抽選で選定

選定された出走馬の関係者が、希望する枠順を選択

上記を繰り返して、すべての枠順(馬番号)を決定する。


従来「枠順は抽選で決める」としていた競馬施行規程および規約が改正され、2014年(平成26年)11月25日に農林水産省から認可されたことで、このような選定方法が可能になった。


2015年以降は従来通り枠順も抽選に戻ったが、抽選会の生中継は引き続き行われている。馬名の抽選を行う際は、その年のJRAのテレビコマーシャルのイメージキャラクターとして出演した俳優などの著名人2名がゲストとして行う事が多い。抽選方法は以下の通り。


1.ゲスト抽選者が出走馬1頭を抽選で選定。

2.その競走馬の関係者(調教師・騎乗予定の騎手)が登壇し馬番号の抽選を行い、馬番号を決定。

上記を繰り返し、すべての枠順を決定。

但し2については、2020年以降、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、別途招かれた元騎手または元調教師が全て担当し、出走馬の関係者は会場には出席しない。


歴代優勝馬及び鞍上騎手編集

太字はこのレースを勝ち、年度代表馬を受賞した馬である。

※強調タイムはレコード。

年度 優勝馬     騎手  備考
昭和創設・中山芝2600m
第1回1956年メイヂヒカリ蛯名武五郎基準タイム2:43 1/5。中山グランプリとして施行。ラストラン。顕彰馬
第2回1957年ハクチカラ保田隆芳国内ではラストランとなる。顕彰馬
第3回1958年オンワードゼア八木沢勝美
第4回1959年ガーネツト伊藤竹男史上初の牝馬制覇
第5回1960年スターロツチ高松三太史上初の3歳制覇かつ史上唯一の3歳牝馬制覇
第6回1961年ホマレボシ高松三太レコードタイム2:40.8。鞍上の高松は史上初騎手連覇。
第7回1962年オンスロート山岡忞この年より外2600mで施行。 史上初地方競馬出身馬(マル地)制覇
第8回1963年リユウフオーレル宮本悳史上初関西馬の制覇、GP春秋制覇
第9回1964年ヤマトキヨウダイ梶与四松
第10回1965年シンザン松本善登GP春秋連覇、五冠達成、ラストラン。顕彰馬
中山芝2500mで施行
第11回1966年コレヒデ保田隆芳基準タイム2:37.0
第12回1967年カブトシロー大崎昭一6馬身差勝利。
第13回1968年リュウズキ森安弘明
第14回1969年スピードシンボリ野平祐二レコード2:35.1
第15回1970年スピードシンボリ野平祐二史上初の有馬記念連覇、GP3連覇共に史上初、最高齢勝利(7歳)。顕彰馬
第16回1971年トウメイ清水英次古馬牝馬初制覇
第17回1972年イシノヒカル増沢末夫3歳牡馬初制覇
第18回1973年ストロングエイト中島啓之初重賞制覇が当競走
第19回1974年タニノチカラ田島日出雄
第20回1975年イシノアラシ加賀武見3歳制覇
第21回1976年トウショウボーイ武邦彦レコード2:34.0。3歳制覇、翌年宝塚でGP秋春連覇。顕彰馬
第22回1977年テンポイント鹿戸明TTG三強決戦。顕彰馬
第23回1978年カネミノブ加賀武見レコード2:33.4
第24回1979年グリーングラス大崎昭一TTG最後の勝利。
第25回1980年ホウヨウボーイ加藤和宏
第26回1981年アンバーシャダイ東信二
第27回1982年ヒカリデユール河内洋唯一のサラ系制覇
第28回1983年リードホーユー田原成貴3歳制覇 これが初&唯一の重賞勝鞍、ラストラン。
グレード制導入
第29回1984年シンボリルドルフ岡部幸雄レコード2:32.8、3歳制覇
第30回1985年シンボリルドルフ岡部幸雄2頭目の連覇、七冠達成、国内でのラストラン。顕彰馬
第31回1986年ダイナガリバー増沢末夫
第32回1987年メジロデュレン村本善之本命馬2頭落馬故障競走中止と波乱の結末。
第33回1988年オグリキャップ岡部幸雄葦毛頂上決戦
平成
第34回1989年イナリワン柴田政人レコード2:31.7。GP春秋連覇
第35回1990年オグリキャップ武豊史上初隔年制覇、ラストラン。顕彰馬 中山入場者数最多記録
第36回1991年ダイユウサク熊沢重文レコード2:30.6。単勝配当有馬史上最高
第37回1992年メジロパーマー山田泰誠GP春秋連覇
第38回1993年トウカイテイオー田原成貴史上初の父子制覇、事実上のラストラン。顕彰馬 中364日休養明け勝利はGⅠ史上最長
第39回1994年ナリタブライアン南井克巳3歳制覇(2着のヒシアマゾンも3歳であり、3歳によるワンツーフィニッシュ)、唯一の3歳五冠。顕彰馬
第40回1995年マヤノトップガン田原成貴3歳制覇、GP春秋連覇。指定交流競走に
第41回1996年サクラローレル横山典弘
第42回1997年シルクジャスティス藤田伸二3歳制覇
第43回1998年グラスワンダー的場均3歳制覇、初の外国産馬制覇
第44回1999年グラスワンダー的場均3頭目の連覇(外国産馬による連覇は初)、春秋連覇&GP3連覇
第45回2000年テイエムオペラオー和田竜二GP春秋連覇、秋古馬三冠達成、古馬王道GⅠ年間全勝。顕彰馬
第46回2001年マンハッタンカフェ蛯名正義3歳制覇
第47回2002年シンボリクリスエスO・ペリエ<フランス>3歳制覇、外国人騎手有馬初制覇
第48回2003年シンボリクリスエスO・ペリエ<フランス>レコード2:30.5。4頭目の連覇、最大着差9馬身、ラストラン。
第49回2004年ゼンノロブロイO・ペリエ<フランス>レコード2:29.5。史上2頭目の秋古馬三冠達成、同一騎手・同一厩舎3連覇
第50回2005年ハーツクライC・ルメール<フランス>DI国内唯一の敗戦
第51回2006年ディープインパクト武豊GP春秋連覇、七冠達成、ラストラン。顕彰馬
第52回2007年マツリダゴッホ蛯名正義中山巧者による制覇
第53回2008年ダイワスカーレット安藤勝己37年ぶり牝馬制覇、事実上のラストラン。2着に最低人気馬が飛び込む大波乱
第54回2009年ドリームジャーニー池添謙一GP春秋連覇
第55回2010年ヴィクトワールピサM・デムーロ<イタリア>3歳制覇
第56回2011年オルフェーヴル池添謙一兄弟制覇。3歳四冠達成、翌年宝塚でGP秋春連覇
第57回2012年ゴールドシップ内田博幸3歳制覇、翌年宝塚でGP秋春連覇
第58回2013年オルフェーヴル池添謙一2頭目の隔年制覇、8馬身差勝利、ラストラン。顕彰馬
第59回2014年ジェンティルドンナ戸崎圭太牝馬制覇、父制覇は史上初。ラストラン(同期のジャスタウェイヴィルシーナも一緒)。顕彰馬
第60回2015年ゴールドアクター吉田隼人ゴールドシップのラストラン勝利を阻む。
第61回2016年サトノダイヤモンドC・ルメール<フランス>3歳制覇、父子制覇
第62回2017年キタサンブラック武豊GⅠ7勝目 生涯獲得賞金最多記録更新(当時)、ラストラン。顕彰馬
第63回2018年ブラストワンピース池添謙一3歳制覇 鞍上の池添は有馬最多勝利記録更新
令和
第64回2019年リスグラシューD・レーン<オーストラリア>牝馬初のGP春秋連覇、父娘制覇、ラストラン。
第65回2020年クロノジェネシス北村友一春秋連覇、翌年宝塚制し牝馬初GP3連覇、感染拡大防止の為、大幅な入場制限・声出し厳禁の下で施行。
第66回2021年エフフォーリア横山武史3歳制覇。前年覇者・クロノジェネシスと、2017年菊花賞馬のキセキはラストラン
第67回2022年イクイノックスC・ルメール<フランス>3歳制覇、父子制覇、翌年宝塚でGP秋春連覇。鞍上のルメール騎手は三度目のクリスマス有馬制覇
第68回2023年ドウデュース武豊父子制覇(ハーツクライ参加としては2頭目)、鞍上の武は有馬最多勝利記録タイ、同年の秋天前に負傷して以来2ヶ月ぶりのコンビ。タイトルホルダーウインマリリンはラストラン


各種記録編集

レースレコード

タイム:2:29.5

達成馬:ゼンノロブロイ(第49回、鞍上:オリビエ・ペリエ<フランス>)

最多勝利記録

騎手:4勝

  • 池添謙一(第54回・第56回・第58回・第63回)
  • 武豊(第35回・第51回・第62回・第68回) 第35回を除いて全てクリスマスイブ開催

調教師:4勝・池江泰寿(第54回・第56回・第58回・第61回)

競走馬:2勝

  • スピードシンボリ(第14回・第15回)
  • シンボリルドルフ(第29回・第30回)
  • オグリキャップ(第33回・第35回)
  • グラスワンダー(第43回・第44回)
  • シンボリクリスエス(第47回・第48回)
  • オルフェーヴル(第56回・第58回)

騎手最年少勝利記録

武豊(第35回・21歳9ヶ月8日)


騎手最年長勝利記録

武豊(第68回・54歳9ヶ月9日)


最多連続出走

回数:6回連続

達成馬:コスモバルク(第49~54回)

ホッカイドウ競馬所属馬。中央所属馬はスピードシンボリ(第11~15回)、メジロファントム(第23~27回)、ナイスネイチャ(第36~40回)の5回連続が最多。


3年連続3着

達成馬:ナイスネイチャ(第36~38回)

同一八大競走、同一GⅠでの3年連続3着はともに史上初(4年目はライスシャワーが3着に入り、自身は5着で逃した)。


馬の父子制覇

父娘制覇


サイン馬券編集

一年の総決算といわれる競走のためか、特にサイン理論が起こりやすいレースとしても知られる。


2001年

この年の9月11日にアメリカ同時多発テロ事件が発生。

1着がマンハッタンカフェ(蛯名正義)、2着がアメリカンボス(江田照男)と事件に関係のあるキーワードで決着となった。


2012年

この年の「今年の漢字」が「金」だったが、1着はゴールドシップ(内田博幸)だった。


2014年

この年からプレゼンターを務めた長嶋茂雄と優勝したジェンティルドンナ(戸崎圭太)は誕生日が同じ2月20日である。

ちなみに鞍上の戸崎圭太は7月8日が誕生日。


2016年

この年のプレゼンターは田中将大だったが、6枠11番のサトノダイヤモンド(クリストフ・ルメール)が1着、1枠1番のキタサンブラック(武豊)が2着となり、馬単は田中の誕生日である11月1日と同じ11-1となった。(ちなみに田中自身は外した。)

また、4着ヤマカツエース、5着ミッキークイーンを含めて、トランプに関係した馬が4頭掲示板に乗る結果になった。(1,2着馬はスートと数字)


2017年

この年の「今年の漢字」が「北」で、キタサンブラックが有終の美を飾った(そもそも「北」が選ばれた理由の一つにキタサンブラックの活躍があるため、サインとしてはやや自作自演の面はあるが)。また、2着にクイーンズリングが入り、2年連続でトランプ絡みの結果となった。


2018年

平成最後の有馬記念は平成最後の天皇誕生日(12月23日)の開催となった。

結果は8番のブラストワンピース(池添謙一)が1着、12番のレイデオロクリストフ・ルメール)が2着、15番のシュヴァルグラン(ヒュー・ボウマン、豪州)が3着となったが、ワイドの1つが8-15で、天皇陛下が12月で八十五歳になったという年齢を示すサインとなった。(アラビア数字の8→5ではなく、漢数字の8-15が正解だった。)

また、「今年の漢字」は「災」で、ブラストワンピースの「ブラスト(blast)」には「突風」という意味があり、また名前にラストを含んでおり、平成最初の優勝馬イナリワンとの対比にもなった。

このレースで勝利した池添謙一は、有馬記念最多勝利記録を更新する4勝目をマークした。またこの年の秋G1は全て短期免許含めた外国人騎手が制しており、池添は本シーズン唯一の日本人G1勝利騎手となった(厳密には秋初戦のスプリンターズステークスも日本人騎手の川田将雅が勝利しているが)。


ウマ娘プリティーダービー』の有マ記念編集

本レースをモチーフにしており、詳細は有マ記念を参照。


アプリゲーム版においては育成シナリオ中にクラシック級(2年目)・シニア級(3年目)で最大2回の出走が可能で、一部キャラのシナリオ仕様の超高難度から「有馬チャレンジ」というワードが広まっている。


関連項目編集

競馬 JRA 重賞 GⅠ 中山競馬場

(秋古馬三冠)

天皇賞(秋) ジャパンカップ 有馬記念


(グランプリレース・年末開催関連)

宝塚記念 東京大賞典


(その他年末の公営競技レース)

賞金王決定戦競走(ボートレースグランプリ)(競艇)

原則として住之江競艇場で開催されるが、7年に一度平和島競艇場などで開催される事もある。


賞金女王決定戦競走(クイーンズクライマックス)(競艇)

女子選手のみが出場し、各競艇場の持ち回りで開催。


KEIRINグランプリ競輪

立川競輪場京王閣競輪場平塚競輪場を基本に持ち回り開催。


スーパースター王座決定戦オートレース

川口オートレース場で開催。


(その他)

冬コミ

年末の大一番ということで一部で「有馬記念」が俗称にもなっている。

これまで冬コミ開催期間中に東京大賞典、KEIRINグランプリ、スーパースター王座決定戦が開催されているが、有馬記念も同日開催された事がある。


Fate/Grandorder

2019年の第64回にて、アニメ版『絶対魔獣戦線バビロニア』が放送中のためなのか『Fate/Grandprix Order -絶対競馬戦線アリマニア-』と題しコラボした。

関連記事

親記事

八大競走 はちだいきょうそう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3127194

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました