ピクシブ百科事典

オグリキャップ

おぐりきゃっぷ

笠松出身の競走馬。またの名を「芦毛の怪物」

岐阜県笠松競馬出身。
主な勝ち鞍は有馬記念(1988年1990年)、マイルチャンピオンシップ(1989年)、安田記念(1990年)。
父ダンシングキャップ、母ホワイトナルビーの血統。妹のオグリローマン桜花賞馬。
無名な血統で地方競馬出身ながら中央で数多くの名馬相手に激闘を繰り広げ勝利した太閤っぷりと美しい芦毛で一躍人気となった怪物ホース。
特に有名なのは引退レース(有馬記念)。当時完全に全盛期の魅力を失い、オグリの落ち目っぷりを見たくないために1990年の引退レースを前に「出走をやめろ」というファンの声すらあるような状況だった。
しかし、その引退レースで大接戦を制して見事に1着を飾る。当日は「既に終わった馬」と認識されていたオグリに人気は集まらなかったが、多くの来場者が馬券を外したのにも関わらず場内は「オグリコール」に包まれた。
各実況者も、ついオグリキャップに肩入れしてしまいそうになるほどの圧巻のレースだった。
この時の出来事は、後にJRAの作ったCMのキャッチフレーズ「神はいる、そう思った」の一言に集約されるだろう。

引退後は種牡馬となりシンジケートが組まれるも、こちらでは全く結果を残せず早々に解散、しかし現役時代の鮮烈な印象と芦毛故の白馬となった事から人気は衰えなかった。
2010年死去。大往生。後継種牡馬は唯一ノーザンキャップのみ、しかし当然牝馬が集まらず出産に至った産駒は一頭のみと血の存続は絶望視されていたが、なんとたった一頭の産駒牡馬であるクレイドルサイアーがまさかの種牡馬入り、競争成績は2戦0勝と誰がどう考えても種牡馬にするとは考えられない産駒であった。
オグリキャップの現役時代のミラクルを彷彿させるこの珍事だが、果たして未来にオグリキャップの血が残るのか、それは誰にも分らない…。

ちなみに

日常」で水上麻衣が飼っているもオグリキャップという。

日常の動物たち



競馬ゲーム「ウイニングポスト」ではオグリキャップ産駒であるダークレジェンドというスーパーホースが存在する。しかも父親同様芦毛である。だが、最新作ウイニングポスト8では(ゲーム中の)2013年生まれでなおかつ先述の通り父オグリキャップが死亡したためか父親がクロフネになっている

関連動画

pixivに投稿された作品 pixivで「オグリキャップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65448

コメント