ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

※メインイラストは2014年の安田記念優勝馬・ジャスタウェイ号。


基本データ

コース東京競馬場1,600m
格付けGⅠ
条件サラブレッド系3歳以上
フルゲート18頭
負担重量定量(3歳54kg・4歳以上58kg・牝馬各2kg減)

概要

中央競馬(JRA)の重賞競走(格付けはGⅠ)。東京競馬場・芝1,600m戦。


1951年、後述する政治家・安田伊左衛門の功績を称え「安田賞」の名称で創設。1958年に同氏の逝去に伴い現在の「安田記念」の名称に改称された。

なお現在のJRA重賞レースでは、有馬記念(JRA第2代理事長で創設に携わった有馬頼寧に由来)と並び皇族と海外王族以外の個人名に由来する珍しい競走名となっている。


創設以来長らくハンデキャップ競走として開催されていたが、1984年に定量戦への変更とグレード制導入によるGⅠへの格付けが実施され、同時期に新設されたGⅠ・マイルチャンピオンシップと並ぶ春のマイル王決定戦となった。

開催時期はグレード制導入前は6月上旬(1967・1970年は5月下旬、1951・1952年は7月初旬、1972年は7月下旬に開催)だったが、導入後は開催時期を5月中旬(現在のヴィクトリアマイルの週)に改められ、優駿牝馬の前週に行われていた。


1993年に国際競走となり、1995年にハートレイクが外国調教馬として初優勝。また、1995年の指定交流競走化で地方競馬の所属馬も出走可能となる。

1996年の高松宮杯のGⅠ昇格とNHKマイルカップの新設に伴い、東京優駿(日本ダービー)翌週の6月上旬の開催に変更。奇しくも創設時に近い開催時期に戻ることとなった。


2005年から2011年にかけて国際競走シリーズアジアマイルチャレンジの対象競走(他にはフューチュリティSドバイDFチャンピオンズマイル)に指定されていたため、香港馬が多数、出走し、ダイワメジャー等の日本の総大将が迎え撃つなど、ジャパンカップのような光景も見られた。同シリーズの優勝者の調教師や馬主はボーナス或いは高級車を獲得できるが、日本から優勝者が現れることはなかった(2012年以降ならばジャスタウェイが優勝となり得る成績を収めている)。


本競走への優先出走権

JRA所属馬は同年に行われるマイラーズカップ又は京王杯スプリングカップで1着となった馬に、地方競馬所属馬はこの2レースに加えて高松宮記念または大阪杯の2着以内馬(本競走とヴィクトリアマイルのいずれかを選択)、NHKマイルカップの3着以内馬、ヴィクトリアマイルの2着以内馬に本競走の優先出走権が付与される。

また指定された海外の国際GⅠ競走の優勝馬、地方競馬のダート交流GI・JpnI競走の優勝馬にも出走資格が与えられる(2歳馬競走は除外)。


本競走において好成績を収めた出走馬に対する海外競走への優先出走権

本競走は2016年からブリーダーズカップ・チャレンジ対象競走に指定されており、優勝馬には当該年のブリーダーズカップ・マイル優先出走権と出走登録料及び輸送費用の一部負担の特権が与えられる。

また、2017年からはヴィクトリアマイルと共に、本競走の1着馬から3着馬に対しフランスのGⅠ「ジャック・ル・マロワ賞」の優先出走権が付与されることとなった(翌2018年からは上位馬にヴェルメイユ賞優先出走権が付与されることとなった優駿牝馬と共に「デスティナシオンフランス」と称されるようになった)。2021年からはこれに加えて、同じく本競走の1着馬から3着馬にフランスのGⅠ「ムーラン・ド・ロンシャン賞」への優先出走権も付与される(なお、代わりに優駿牝馬上位馬へのヴェルメイユ賞優先出走権付与は取り止めとなった)。


傾向

現在は春のマイル王者決定戦という位置づけであるが、短距離や中距離馬の参戦も少なくない。

前者の場合は高松宮記念以外に春夏期のGIタイトルがなく、かつ主要レースの間隔が空いているためで、後者の場合は2017年大阪杯のGⅠ昇格以前は春競馬のレース体系やローテーションの都合上中距離適性の有力馬にとって狙い目となり得るためであるとされている。

実際にニホンピロウイナーブラックホークロードカナロアのようなスプリンターや、ニッポーテイオーウオッカジャスタウェイなどの中距離馬が専門のマイラーを相手に物ともせず優勝するケースも時折見受けられた。

また、3歳馬の挑戦もそこそこ多く、世代戦のマイル距離GⅠがNHKマイルカップのみということもあり、マイルカップを好走した馬が出走する事がある。流石に古馬とは実力に開きがあるため、3歳馬は苦戦することが多いが、過去には安田賞時代のイツセイスウヰイスー(※彼ら2頭は旧4歳。新表記では3歳となる。)、近年ではリアルインパクトが3歳馬として優勝している実績がある。


概ね1999年までは人気順と結果の内容が堅いGⅠの一つとされていたが、2000年頃から傾向が変わり荒れやすくなっていたとする見方が強い。


安田伊左衛門

本競走の競走名の由来となった安田伊左衛門(やすだ・いざえもん)は、日本の陸軍軍人・政治家(1872 - 1958)。

陸軍騎兵戸山連隊時代より競馬会発足に参加し、国会議員に転身後も旧競馬法の制定や現在の東京優駿の創設などに貢献したことから、「日本競馬の父」「日本ダービーの父」とも呼ばれる。


1938年にそれまで日本競馬の開催を行っていた11の競馬倶楽部を統合する形で創設された「日本競馬会」の第2代理事長に就任。その後戦時期を越えて、日本競馬会がGHQに独占禁止法に抵触すると判断されたために解散することとなった1948年までその職務にあたった。

1954年、日本競馬界を引き継いで1948年から開始された国営競馬が、国が競馬を開催することそのものへの批判が強まったことから特殊法人に承継されることとなり、その特殊法人である日本中央競馬会(JRA)が同年に設立された。安田はその初代理事長に就任し、翌1955年に有馬頼寧を後任として退いた後は同会顧問となった。


1958年、86歳で逝去。現在は東京競馬場のパドック脇に胸像が建立されている。

2022年は同氏の生誕150周年にあたり、本競走に「安田伊左衛門生誕150周年記念」の副題が付けられ開催された。


歴代優勝馬

馬の太字はJRA最優秀短距離馬(2023年度より最優秀マイラー)受賞馬、騎手の太字は騎手顕彰者。

回次年 馬名    騎手  備考・イラスト
昭和
第1回1951年イツセイ保田隆芳初代勝ち馬。
第2回1952年スウヰイスー保田隆芳牝馬。同年の桜花賞オークス二冠牝馬。鞍上の保田は史上初の騎手連覇。
第3回1953年スウヰイスー保田隆芳牝馬。史上初の連覇。保田は史上唯一の三連覇。
第4回1954年フソウ高橋英夫
最良スプリンター設置
第5回1955年クリチカラ森安弘明
第6回1956年ヨシフサ渡辺正人
第7回1957年ヘキラク蛯名武五郎皐月賞
第8回1958年ラプソデー坂本栄三郎菊花賞
第9回1959年ヒシマサル小野定雄ヒシスピードの祖父。初代ヒシマサルと言われる。
第10回1960年オンワードベル高橋英夫
第11回1961年ホマレボシ八木沢勝美同年の有馬記念馬。
第12回1962年トウコン山岡忞
第13回1963年ヤマノオー森安弘明
第14回1964年シモフサホマレ油木宣夫
第15回1965年パナソニツク嶋田功牝馬。
第16回1966年ヒシマサヒデ小野定雄
第17回1967年ブツシヤン大和田稔
第18回1968年シエスキイ郷原洋行
第19回1969年ハードウエイ加賀武見牝馬。
第20回1970年メジロアサマ矢野一博同年の天皇賞(秋)馬。
第21回1971年ハーバーゲイム野平祐二牝馬。
第22回1972年ラファール中島啓之牝馬。
第23回1973年ハクホオショウ伊藤正徳
第24回1974年キョウエイグリーン東信二前年スプリンターズS優勝。
第25回1975年サクライワイ小島太牝馬。前年及び同年スプリンターズS優勝。
第26回1976年ニシキエース森安重勝
第27回1977年スカッシュソロン横田吉光牝馬。
第28回1978年ニッポーキング郷原洋行
第29回1979年ロイヤルシンザン的場均
第30回1980年ブルーアレツ嶋田功
第31回1981年タケデン増沢末夫
最優秀スプリンターに名称変更
第32回1982年スイートネイティブ岡部幸雄牝馬。2着ブロケード
第33回1983年キヨヒダカ郷原洋行
グレード制導入
第34回1984年ハッピープログレス田原成貴
第35回1985年ニホンピロウイナー河内洋前年マイルCS優勝。秋春マイルGⅠ制覇。
第36回1986年ギャロップダイナ柴崎勇前年天皇賞(秋)馬。
第37回1987年フレッシュボイス柴田政人
第38回1988年ニッポーテイオー郷原洋行前年天皇賞(秋)・マイルCS優勝。2頭目の秋春マイルGⅠ制覇。
平成
第39回1989年バンブーメモリー岡部幸雄初重賞かつ10番人気の勝利。
第40回1990年オグリキャップ武豊レコードタイム1.32.4。3頭目の秋春マイルGⅠ制覇。
第41回1991年ダイイチルビー河内洋牝馬。グレード制導入後初の牝馬制覇。同年スプリンターズS優勝。
第42回1992年ヤマニンゼファー田中勝春田中勝初GⅠ制覇。
最優秀短距離馬に名称変更
第43回1993年ヤマニンゼファー柴田善臣柴田善初GⅠ制覇。2頭目かつグレード制導入後初の連覇。同年天皇賞(秋)勝利
第44回1994年ノースフライト角田晃一牝馬。同年マイルCS優勝し、初の春秋マイルGⅠ制覇。
第45回1995年ハートレイク武豊初の外国馬(UAE
第46回1996年トロットサンダー横山典弘浦和競馬出身馬で、前年のマイルCS優勝で4頭目の秋春マイルGⅠ制覇。最高齢勝利(現7歳)。ラストラン。
第47回1997年タイキブリザード岡部幸雄
第48回1998年タイキシャトル岡部幸雄二人目の騎手連覇かつ、5頭目の秋春マイルGⅠ制覇。顕彰馬
第49回1999年エアジハード蛯名正義2着グラスワンダー。同年のマイルCSも制し2頭目の春秋マイルGⅠ制覇。
第50回2000年フェアリーキングプローンロバート・フラッド騙馬。2頭目の外国馬(香港
第51回2001年ブラックホーク横山典弘2頭目の最高齢勝利タイ、ラストラン。
第52回2002年アドマイヤコジーン後藤浩輝後藤初GⅠ制覇。
第53回2003年アグネスデジタル四位洋文最後のGⅠ勝ち。
第54回2004年ツルマルボーイ安藤勝己
第55回2005年アサクサデンエン藤田伸二
第56回2006年ブリッシュラックブレット・プレブル騙馬。3頭目の外国馬(香港)。
第57回2007年ダイワメジャー安藤勝己前年天皇賞(秋)、マイルCS制覇で6頭目の秋春マイルGⅠ制覇。
第58回2008年ウオッカ岩田康誠牝馬。前年日本ダービー馬。
第59回2009年ウオッカ武豊牝馬。同年ヴィクトリアマイルJC優勝。3頭目の連覇。顕彰馬
第60回2010年ショウワモダン後藤浩輝第49回優勝エアジハード産駒。
くろうにん
第61回2011年リアルインパクト戸崎圭太第2回優勝馬・スウヰイスー以来の3歳馬制覇。
リアルインパクト
第62回2012年ストロングリターン福永祐一レコードタイム1.31.3
第63回2013年ロードカナロア岩田康誠前年スプリンターズS香港スプリント、同年高松宮記念優勝。顕彰馬
第64回2014年ジャスタウェイ柴田善臣前年天皇賞(秋)優勝、同年ドバイDF制覇。
第65回2015年モーリス川田将雅同年マイルCS、香港マイル優勝し、3頭目の春秋マイルGⅠ制覇。
第66回2016年ロゴタイプ田辺裕信2013年皐月賞馬。最後の勝利。
第67回2017年サトノアラジン川田将雅
第68回2018年モズアスコットクリストフ・ルメール
令和
第69回2019年インディチャンプ福永祐一レコードタイム1.30.9。同年マイルCS優勝し、4頭目の春秋マイルGⅠ制覇。
第70回2020年グランアレグリア池添謙一牝馬。前年桜花賞馬。同年マイルCS優勝し、5頭目の春秋マイルGⅠ制覇。
第71回2021年ダノンキングリー川田将雅
第72回2022年ソングライン池添謙一牝馬。
第73回2023年ソングライン戸崎圭太牝馬。4頭目の連覇。同年ヴィクトリアマイル優勝
第74回2024年ロマンチックウォリアージェームズ・マクドナルド騸馬。4頭目の外国馬(香港)。
第75回2025年


関連項目

競馬 JRA 重賞 GⅠ 東京競馬場


マイルチャンピオンシップ ヴィクトリアマイル

高松宮記念 スプリンターズステークス

関連記事

親記事

GⅠ じーわん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 306145

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました