ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

Mejiro Asama(1966年2月23日~1986年12月1日)

日本の競走馬種牡馬

初の芦毛の天皇賞馬となった。

馬主の北野にとっても初めての天皇賞馬であり、その後はメジロアサマの子孫による天皇賞制覇に執念を燃やし続けた。


プロフィール編集

性別
毛色芦毛
パーソロン
スヰート(母父:ファーストフィドル
生産者日高シンボリ牧場
馬主北野豊吉
調教師尾形藤吉東京競馬場)→ 保田隆芳(東京競馬場)
生涯成績48戦17勝

来歴編集

1966年

2月23日、日高シンボリ牧場(北海道新冠町)に誕生。

父のパーソロンは1964年にシンボリ牧場和田共弘メジロ牧場創設者の北野豊吉アイルランドから共同購入した種牡馬

母のスヰートはフランスの名牝ラトロワンヌが牝系の先祖で、牡系の先祖であるザテトラークから葦毛遺伝子を受け継いでいた。

「大尾形」と呼ばれた名調教師・尾形藤吉に預けられる。


1968年

7月14日、矢野一博騎手を鞍上に函館競馬場のオープン戦(芝1000m)に出走し2着。

7月28日、函館競馬場のオープン戦(芝1000m)に出走し初勝利を挙げる。その後3連勝。

9月15日、北海道3歳ステークスに出走し5着。その後は重賞に挑戦するも勝てないレースが続いた。


1969年

4月26日、東京競馬場のオープン戦(芝1600m)に出走し8ヶ月ぶりの勝利を挙げる。


1970年

3月、保田隆芳が尾形から10馬房を割譲され開業。メジロアサマは保田厩舎へ移籍した。

5月31日、安田記念に出走し、初の重賞勝利。

11月29日、池上昌弘騎手を鞍上に天皇賞(秋)に出走し1着。

12月20日、ファン投票で有馬記念への出走を果たす。スピードシンボリの5着に敗れた。


1971年

5月9日、アルゼンチンジョッキークラブカップに出走し1着。

5月30日、宝塚記念に出走し、メジロ商事の後輩メジロムサシの2着に敗れる。

10月17日、ハリウッドターフクラブ賞に出走し1着(メジロムサシが2着)。

12月19日、有馬記念に出走予定だったが、馬インフルエンザのため出走取消し。


1972年

4月30日、アメリカジョッキークラブカップに出走しレコード勝ち。

6月4日、宝塚記念に出走しショウフウミドリの6着に敗れる。

12月17日、有馬記念に出走し、イシノヒカルの2着に敗れる。引退が発表される。


1973年

種牡馬生活に入るが、馬インフルエンザに罹って使った抗生物質の後遺症のため精子が極度に少なく、初年度は受胎数はゼロでシンジケートは解散した。北野はメジロアサマをメジロ牧場に引き取り、「アサマの仔で天皇賞を勝つ」と執念を燃やした。


1975年

アングロアラブ種のワイオミングがメジロアサマの仔の受胎に成功し、オークアサマが誕生。


1976年

ヤマノボリがメジロアサマの仔の受胎に成功し、メジロエスパーダが誕生。


1978年

シェリルがメジロアサマの仔の受胎に成功し、メジロティターンが誕生。


1986年

12月1日、死去。


関連タグ編集

競走馬 JRA 北野豊吉

関連記事

親記事

69世代 ろっきゅうせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44191

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました