ピクシブ百科事典

北海道

ほっかいどう

日本の都道府県のひとつ。日本列島を構成する主要な島のうち、2番目に大きい島自体も北海道と呼ばれる。明治2年に設置された北海道(令制)についても本項目で説明する。
目次[非表示]

北海道は、日本都道府県の一つ。日本最北、最大の都道府県。

隣接県は海峡を挟んで青森県。道庁所在地は札幌市。

また、日本列島を構成するとしては本州に次ぐ大きさを持つ島自体も北海道(北海道島)と呼ばれる。一応、島自体を指す呼称としては「十州島」という名前があるのだが、北海道ですらこの呼称を使う者は皆無に近いのが現状である。

地理

北海道の面積は、九州地方の2倍弱あり、東北地方各県や中部地方各県を合わせたより広い。例えば函館根室の間は、東京から岡山、東京から函館に匹敵する距離がある。当然ながら同じ北海道とは言っても地域ごとに異なる歴史があり、さまざまな文化が育ってきた。

北海道はその全域(北方領土も含む)を14の「総合振興局」もしくは「振興局」と呼ばれる地域(2010年までは支庁という呼称)に区分して各地域の行政を管轄している(以下の記事では、呼び分けの必要のない限り、「振興局」と「総合振興局」をまとめて「振興局」と呼ぶ)。
同様のシステムをとっている都府県はほかにもあるが、多くは県庁所在地から距離がある地域にのみ支庁を設けており、北海道のように全ての市町村がいずれかの支庁に属している例は珍しい(ほかには山形県などが同様の例として挙げられる)。

ただしもとより面積の広大な北海道のこと、14に分割したからといってそうそう小さくなるものではない。振興局のうち最大面積の十勝総合振興局は10,000平方キロメートルを上回り、岐阜県よりも広い。最小の檜山振興局でも佐賀県の面積を上回る。
なお、振興局は気象庁による気象情報や道内の各マスコミでも標準的に用いられるため、道内ではかなり重要な区分である。また一般道民や地場企業による住所区分にも普通に用いられている。

振興局以外の地域区分も当然ながらある。

そもそも「北海道」という地名自体が律令制に基づく「五畿七道」に追加して置かれた「北海道(令制)」に起源を持ち(北海道を含め「五畿八道」と言われる)、「北海道(令制)」のもとに11の令制国が設置されたが、これらの名称は駅名や地名として現在も名残をとどめている。

明治15年(1882年)に、明治初期に開拓のための臨時の地方行政機関として置かれていた北海道開拓使はその役割を終え道外同様の府県制が布かれ函館県・札幌県・根室県の3県が設置され、三県の開拓推進のため農商務省直轄の北海道事業管理局が設置された(三県一局時代)が、「函館県以外はまだ人口が少なすぎるので県に分かれたままだと開拓が進まない」との理由で明治19年(1886年)に内務省直轄の北海道庁に統合。函館県と根室県はそれぞれ支庁として引き継がれたが、本庁と函館支庁・根室支庁の2支庁では管轄範囲が広大過ぎるため1890年には19の支庁が設定された。その後支庁は明治後半から大正時代にかけて14支庁に再編され、戦後の昭和22年(1947年)に北海道庁は都府県と同格の「北海道」とされて現在に至る。

ちなみにこの「三県一局時代」の県名は、令制国名と異なり、現在では全く用いられていない。

北海道の地域区分の一覧

支庁から振興局に変更する際に区域が少しだけ変更されている。

振興局(旧支庁)

石狩振興局 札幌市を中心とする地域。北海道の人口の約半分を有する。
空知総合振興局 石狩の東隣。かつて炭鉱で栄えたが衰退している町が多い。
後志総合振興局 石狩の西隣。最大都市の小樽市は東端のため中央部の倶知安町に振興局が置かれている。
渡島総合振興局 函館市を中心とする南端の地域。
檜山振興局 渡島の西隣。市町村合併により二つに分断されている。
胆振総合振興局 石狩の南隣。工業が盛ん。
日高振興局 胆振の東隣。競走馬の育成で有名。
上川総合振興局 旭川を中心とする地域。幌加内町は空知支庁からこちらに移った。
留萌振興局 空知の北西に位置する。
宗谷総合振興局 稚内市を中心とする北端の地域。幌延町は留萌支庁からこちらに移った。
オホーツク総合振興局 かつて網走支庁という名前だった。振興局は最大都市の北見市ではなく網走市にある。
十勝総合振興局 帯広を中心とする地域。畑作農業が盛んで、日本有数の農業王国である。
釧路総合振興局 釧路を中心とする地域。産業は漁業と酪農が中心。
根室振興局 釧路の東隣で北方領土はここに含まれる。
 

北海道(令制)

渡島国 / 後志国 / 胆振国 / 日高国 / 石狩国 / 天塩国 / 北見国 / 十勝国 / 釧路国 / 根室国 / 千島国
このうち千島国は千島列島色丹島で、十州島(北海道本島)にはまたがっていない。ちなみにこの「十州島」という名前も、北海道本島に千島国以外の10の国があったことからそう呼ばれるようになったものである。

その他

道北 / 道東 / 道央 / 道南
「どの地域(市町村ないし振興局)が道北・道東・道央・道南のどれに該当するか」という明確な区分はない。
北海道では行政上、
・宗谷・留萌・上川を道北に
・オホーツク(網走)・根室・釧路・十勝を道東に
・石狩・空知・後志・胆振・日高を道央に
・渡島・檜山を道南に
と区分しているが、日高や胆振地方を道南に組み入れている例や、オホーツク地方を道北に組み入れる例も少なくない。

北海道は他府県に比べ広大過ぎるため、4県(旭川県・釧路県・札幌県・函館県(県名はいずれも仮称))に分割する案も存在するが、この場合はオホーツク地方は旭川県に組み入れる案が提示されている。

この行政上の区分をしてもなお、ひとつの支庁の面積がひとつの府県に匹敵するほど巨大である。それが北海道。

北海道に存在する主な都市


気候

北方にあるので、は寒くも涼しいというイメージがあるが、実のところ北海道と言っても広大なので、地域により気候風土にかなり差がある。

道南の渡島半島日本海側(江差など)は冬は大量のが降るが、太平洋側(室蘭函館など)は雪が少なく比較的温暖である。北海道内陸部は夏暑く冬寒い気候で、道北に向かうにつれ冬の冷え込みは厳しくなる。道東(帯広網走など)は夏涼しいが、冬は非常に寒く、内陸では連日のようにマイナス20度以下になるが、雪はあまり積もらない。最東部の根室・千島地方は夏もに閉ざされ、湿度が高く肌寒い日々が続く。道北は降雪量の多さに加えて風が強く、特に日本海側の地域では強烈な地吹雪で交通が寸断されることも。

北海道の気候の厳しさを表現して試される大地などと言われたりするが、正直言ってこれだけ多種多様な気候の地域を一緒くたに語るのは大間違いである

道南太平洋側(伊達など)のように、夏は涼しく冬も大して冷え込まない快適な気候(冬は-10℃を下回る事は少なく夏は30℃を超える事は少ない)の地域もあれば、オホーツク海沿岸の内陸部(野付牛〔現:北見市の中心部〕など)のように夏は暑く冬は猛烈に寒い(冬は-25℃ まで冷え込むが夏季には35℃を超える事もある)、過酷な気候の地域もある。

産業・交通など

  • 日本の食糧基地と自称するほど第1次産業が栄えており、生乳やジャガイモの生産量は日本一。他にも、テンサイ、小豆大豆小麦玉ねぎなどの生産が盛ん。
  • 水産業も盛んで、全国の水揚げ量のおよそ4分の1を占めている。ホタテカニウニ昆布がよく獲れ、江戸時代から北前船で全国に運ばれていた。寿司鍋物など、和食の食材が豊富。
  • 工業は製紙業や鉄鋼業、石油産業など素材工業の比率が多め。農業が盛んなため、製造業においても食料品生産の割合が高い。
  • ニセコはスキーヤーやスノーボーダーの聖地とされており、オーストラリア人に非常に人気がある。
  • 自然が豊かで、著名な観光地を多く有していることから観光業も盛ん。火山温泉も多い。
  • 北海道はアジアの観光客に人気があり、とりわけ台湾人や中国人韓国人には北海道への憧れが強い。近年、日本では海外旅行が身近になったことから北海道の魅力が相対的に薄れてきており、近年の北海道の観光業は外国人観光客の招致に力を入れている。
  • 札幌市ではパソコン黎明期からIT産業が栄えてきたが、ハドソンやウェルネットなど成功した企業が拠点を首都圏に移してしまうのが悩み。
  • 近年は札幌から苫小牧にかけての地域を除く北海道全体での過疎化が進み、結果的に札幌都市圏への一極集中となっている。
  • 北海道には貨物専用線を除いて私鉄が存在しない。国鉄分割民営化により、気候条件の厳しいJR北海道は経営が極めて苦しくなることが予測され、1980年代に多くの道内ローカル線が特定地方交通線に指定されて廃止された。特定地方交通線の廃止後は支線を除けば1995年に深名線が廃止されただけであったが、JR北海道の経営悪化が深刻になってきたことで近年、再びローカル線廃止の流れが加速しており、2014年には江差線の一部区間が廃止、また留萌本線についても一部区間の廃止が協議されているほか、存続する路線でも列車本数の大規模な減便が予定されるなど、北海道の鉄道は危機に晒されている。
  • その一方で、2016年3月26日には北海道新幹線新函館北斗駅まで開業し、東京から北海道まで新幹線の線路が繋がる。だが、札幌市への延伸はまだまだ先の2030年頃になると言われており、東京~新函館北斗間も所要時間が4時間を超えることから、開業しても北陸新幹線ほどの経済効果はもたらされないのではないか、という懸念もある。
  • 特に元々の人口密度が低い道北や道東は人口減少が目立っており、旭川市帯広市北見市などごく一部の都市を除いて殆どの市町村が過疎地域に認定されている。近年では北海道第4の都市である釧路市が新たに過疎地域に指定されるなど、都市部でも過疎化が問題となっている。
  • 比較的人口密度が高い道央や道南でも、北海道第3の都市である函館市、北海道第7の都市である小樽市の衰退傾向は長く続いており、両市は過疎地域に認定された。とりわけ、かつて主力であった鉱業が1980年代に急速に衰退したことで、夕張や三笠、歌志内などのかつての鉱業都市の財政状況は厳しく、夕張市は2006年に財政破綻した。
  • LED信号普及率は全国最下位であり未だに電球式信号機が多い。これは北海道の雪が非常に激しく、熱を出す量が少ないLEDでは雪が溶けにくいなどの問題が起きる為である。尚、雪が強く降る土地柄故か厚型のアルミ分割型灯器は原則不採用となっており、一体型になって本格的にアルミ灯器を採用し始めた。ちなみに電球がバンドミラー(70W)なのもソフトホワイト(60W)より熱量が多く、京三製作所に至ってはアルミ灯器移行後もレモンレンズが主流なのはブツブツレンズよりレモンレンズの方が雪国の視認性では良い事も影響している。


北海道出身の主な人物(札幌市除く)

札幌市出身者は札幌の項を参照。

小説家

漫画家・イラストレーター

歌手・ミュージシャン・音楽家

俳優・タレント

声優

その他


北海道出身(もしくは出身と思われる)架空のキャラクター


北海道を舞台とした作品


北海道を舞台にした楽曲


北海道の民謡など

ソーラン節 江差追分

北海道を拠点とするスポーツチーム

北海道日本ハムファイターズ(野球) コンサドーレ札幌(サッカー) レバンガ北海道(バスケットボール)

ゆるキャラ

関連記事

親記事

都道府県 とどうふけん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「北海道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6478675

コメント