ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

日本の漫画家。(1955年3月30日~2023年9月8日)

本名は同じだが、筆名は「ぶいち」であるのに対し、本名は「たけいち」と読む。


手塚プロダクション勤務の後、1977年にプロ・デビュー。


代表作は『コブラ(COBRA)』。ポップアートとしても評価されるほど綿密なタッチの作画、独特な世界観とデザイン、妖艶な美女、三枚目なルックスながらハードボイルドな主人公「コブラ」などが人気を博した。作画にこだわるあまり週刊連載のペースに満足できなくなり、途中からある程度書きためてから連載するというやり方になった。

他には「ゴクウ」、「鴉天狗カブト」など。


日本の漫画制作の現場にパソコンによるCGを導入したパイオニア的存在であり、後進に多大な影響を与えている。

導入のきっかけは、師匠に当たる手塚治虫が、晩年パソコンで絵を描くことに対して意見を求められたとき「寺沢君にやらせてみたらどうかな」と言ったと死後に聞き、師の遺言と解釈した事による。ちなみに、このとき手塚は癌と知らされておらず、そんな重い話ではなく雑談の一環だった。

CG作画による漫画第一号は、1985年発表の「BLACK_KNIGHT_バット黒騎士バット>」だったが、当時のパソコンの性能の限界から高い評価は得られなかった。


略歴

1955年3月30日、旭川市(北海道)に誕生。

1974年、旭川東高等学校を卒業。大学の医学部を目指すが受験に失敗し、浪人生活を送る。この頃、投稿漫画賞の賞金目当てに漫画を描いていた。

1976年、他に仕事がないと思い本格的に漫画家を目指して手塚プロダクションのアシスタント募集に応募。本人は手塚治虫に対してはそれ程思い入れもなく、また画風が手塚治虫のそれとは大きく異なることもあって不採用となるが、たまたま絵を見た手塚治虫の「こんな凄い絵を描ける奴を何で落とすんだ!」という鶴の一声で採用。手塚プロダクションの漫画部スタッフとして勤務する。

アシスタント時代は多くの(若い)スタッフが残業する中「自分の創作活動に時間を当てたい」という理由で定時にすぐ帰っていたが、手塚は「彼には才能があるから、早くデビューして独立してほしい」と特に咎めることはなかったという。


1977年、「大地よ、蒼くなれ」で第13回手塚賞佳作に入選。『週刊少年ジャンプ増刊号』(集英社)に読み切り短編「コブラ」が掲載されデビュー。

1978年、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で「コブラ」を連載開始。ヒット作となり1982年に最初のアニメ化。

1987年、寺沢プロダクションを設立。『コミックバーガー』(スコラ)で「ゴクウ」、『フレッシュジャンプ』で「NINJAカブト」を連載開始。

1992年、『コミックバーガー』誌で世界初のフルCG漫画「武 TAKERU」を連載開始。


1998年、悪性の脳腫瘍であることが判明(2003年になって公表)。三度に渡って手術とリハビリを行い、最終的には脳のかなりの部分を切除・後遺症で左半身麻痺となっている。以降は要介護状態で車椅子生活を余儀なくされ、長らく漫画家としての活動は休止状態となっていた。

しかし、その後も公式サイトやTwitter等での発信に加え、OVA版『コブラ』で監督・脚本・絵コンテを自ら手掛け、2019年には新作『COBRA OVER THE RAINBOW』の連載を開始するなど、体調を考慮しつつではあるが活躍を続けた。


2020年5月4日、WEBコミック誌『COMIC Hu』(KADOKAWA)で『COBRA OVER THE RAINBOW』が更新されたが、これが最後に発表された作品となった。


2023年9月11日、X(旧Twitter)で漫画家の森田まさのりが「寺沢武一先生が亡くなられた。交流があったわけではないけど、その先進性と超絶技術は尊敬して止みません。心からご冥福をお祈りします。」と投稿。

その後、寺沢武一作品公式Xアカウント「ブイチギルド」で、株式会社寺沢プロダクション代表・古瀬学により「漫画家・寺沢武一は2023年9月8日に永眠しました」「3度の脳腫瘍の手術を経ても、コブラその人のような生命力で生き抜いてきた寺沢武一でしたが、今回は本人も不意打ちを食らってしまったのでしょう。心筋梗塞でした」と発表された。


トラブルなど

2019年、(自称)元アシスタントの女性がデイリー新潮に介護中の寺沢からセクハラを受けたと告発。

しかし、これについて公式Twitterアカウントが反論。「(前略)寺沢の盗撮画像(本人曰く7000枚)を撮影・知人へに送信、ライン・Twitterの乗っ取り、睡眠薬投与などの危険行為を行ったことを理由に退去させました」と投稿。ここで、女性は漫画制作におけるアシスタントではなく、2018年の数ヶ月だけ生活の手伝いのために寺沢の住むマンションの書斎で寝泊まりしていたことを明かしている。これに加え、寺沢本人の意見としてこの女性とは愛人関係にあったことを示唆した上で、半ば無理やり押しかけられ強引に世話を焼かれていたこと、女性が「高額な報酬を払うと約束したのに反故にされた」と言及していたが、実際にはそんな約束はなく、寺沢の妻が「無償では悪いから」と月に数万円の報酬を渡していただけだと投稿している。

また、先のデイリー新潮の記事では「寺沢の(別の)元愛人とともにツイキャスにて寺沢に対する暴言を吐いていたことが報じられている。


アメコミ影響説について

アメコミっぽい作風の漫画家として有名だが、本人はアメコミに手を出したことはあまりなく、『COBRA』でもそれほど意識していないという。

ただし、師匠である手塚治虫から「ディズニーアニメ、特にピーターパンを意識しなさい」と言われたため、ミッキーマウスやアラジンのランプ魔神など、ディズニーキャラクターを元ネタにした多数のキャラクターが出てくる。


1977年に原作コミック誌(フランスの漫画誌『メタル・ユルラン』のアメリカ版)が創刊され、1981年にカナダ制作の劇場版アニメが封切りされた「HeavyMetal(ヘヴィメタル)」には強い影響を受けたと語っている。


関連タグ

漫画家 コブラ(COBRA) COBRA_GIRLS【宇宙の美女達】 サイコガン 手塚プロダクション カズレーザー

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1528244

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました