ピクシブ百科事典

浪人

ろうにん

仕官せず、職を失っている状態の武士。転じて、試験に落ち、次期試験準備中の受験生(浪人生)や、所属チームの無いアスリート(主に球技)も指す。
目次[非表示]

概要

仕官せず、職を失っている状態の武士。【同義語】:牢人。以下で解説する。転じて、試験に落ち、次期試験準備中の受験生(浪人生)や、所属チームの無いアスリート(主に球技)も指す。

仕えていた主君が滅亡・取り潰されたり、あるいは何らかの理由でクビになったり、自ら出奔した武士が浪人である。つまり、失業中の武士を指す。主君を失っても武士としての身分まで失うわけではないので、江戸時代に認められていた苗字や帯刀の特権は引き続き持ち続けた。

戦国時代の大名は戦乱続きの世ということもあって人手不足であり、浪人が再仕官できる可能性は高かった。しかし江戸時代になり平和な世が訪れると、浪人たちの前途は苦しいものになった(主君から暇を出された者も少なからずいたとされている)。追い詰められた浪人は犯罪に手を染めたり、中には幕府に対して反乱を企てるものもいた。その一方で武芸や芸術の才能を生かして成功した者もいた(宮本武蔵近松門左衛門など)。

幕末になり幕府の力が衰えると、武士ではない身分の者(町人や百姓など)が勝手に苗字や帯刀を行い、浪人を名乗ることが行われるようになった。
かの新選組を構成していた者たちも、その多くがそうした自称浪人だったとされている。

現代の浪人

現代で「浪人」というと、歴史時代劇の話題でもない限り、前述の通り「入学(あるいは採用)試験に落ちてしまい、次期試験の機会を待っている受験生」のことを指す。
なお、学業に関する「浪人」は正確には「過年度生」と呼称するが、あまり定着はしておらず、専ら「浪人」で通じるケースが大半である。

その他、学業ではなく就職試験の機会を待つ「就職浪人」や、司法試験関係で浪人中の「司法浪人」などが存在する。

一昔前の漫画には「主人公の隣近所に住む浪人生」(苅野勉三など)とか「そもそも主人公自身が浪人生」というキャラクターがよく登場したものだが、近年の作品にはほとんど登場しなくなっている(ニートひきこもりに取って代わられたという見方もできる)。

関連イラスト

傘貼りが似合いそうな浪人。
武士


時代劇で有名な「眠狂四郎」。髷は比較的整っている。
女には不自由しておらぬ

pixivに投稿された作品 pixivで「浪人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 149434

コメント