ピクシブ百科事典

眠狂四郎

ねむりきょうしろう

柴田錬三郎の小説及び、時代劇に登場する剣客。
目次[非表示]

概要

 封建の世に、転びバテレンと武士の娘との間に生まれ、平然と人を斬り捨てる残虐性を持つ。
その生い立ちを背負い、虚無感を持ちつつ「円月殺法」という剣術を用いて無敵の活躍をし、以後剣豪ブームを巻き起こした。
 ちなみに眠狂四郎という名は、入水自殺した後で偶然助けられた時、咄嗟に名乗ったデタラメな偽名である。

 1956年5月から『週刊新潮』にて「眠狂四郎無頼控」の毎週読み切りという形の連載で初登場し、新潮文庫で出版されていたが近年長編全点が改版され、後半3作品は1巻本だったが上下巻になった。

円月殺法

 眠狂四郎が師匠にも隠れて編み出した技。剣の切っ先で「まる」を描く動作を行って相手を挑発し、焦りのある相手をカウンターで仕留める必殺技である(ず相手を)。
 弱点として「元から盲目で、心眼で戦う剣豪」には全く通用しなかった。狂四郎自身に薬が盛られて精神統一が出来なかった時にも、円月殺法を仕掛ける事は出来なかった。

 映画化された時に、この設定がアレンジされた殺陣が採用された。その後現代でも「まるを描いてから斬る技」を円月殺法と呼ぶ事もある。

映像化作品主演

映画鶴田浩二市川雷蔵松方弘樹
テレビドラマ江見俊太郎平幹二朗田村正和片岡孝夫(現・片岡仁左衛門
舞台GACKT

関連タグ

時代劇 小説 柴田錬三郎 剣客 剣士 着物

pixivに投稿された作品 pixivで「眠狂四郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15597

コメント