ピクシブ百科事典

キリシタン

きりしたん

キリシタンとは、日本前近代のカトリック信徒たちである。
目次[非表示]

江戸時代以前の日本において、キリスト教カトリックを信仰した人々。近代以降のキリスト教徒はクリスチャンと表記する。前近代の日本ではプロテスタントは布教されず、プロテスタント信者のオランダ人たちはキリシタンとは認識されなかった。

概要

戦国時代宣教師バテレン)により伝わったカトリック信仰は、九州を中心にその支持者を広め、安土桃山時代にはカトリックを信仰する領国の支配者であるキリシタン大名が出てくるほどだった。

しかし、彼らの中には日本で古来から信仰される神道や、神道と結びつきが強い仏教など、土着の信仰を異教だと敵視し、寺社仏閣を襲撃して建造物や像などを破壊し冒涜する蛮行を働いた者も多くいた。

これには貿易によって影響力を強めていたキリスト教修道会のイエズス会が、キリシタン大名を援助して権力争いに介入することで、神社仏閣の物理的な破壊に暗黙の了解を与えて、土地の寄進や寺社の破壊を大名や信者たちに行わせていたことも起因している。

また、イエズス会がこれに乗じてポルトガル商人に日本人を奴隷として海外に売り捌かせていたことも発覚(当時イエズス会は世界各地の奴隷使役の上に成り立っていた)。事態を重く見た豊臣秀吉はイエズス会日本支部準管区長のガスパール・コエリョを問い詰めたが、イエズス会は事態の終息に消極的どころか誤魔化そうとする始末で、秀吉はそれを知ると決意を固め「伴天連(バテレン)追放令」を発令。貿易は認めるがキリスト教の布教を禁じ、宗教と経済の切り離しを計った。

こうした経緯から、後に徳川幕府からも危険視されたことによって、キリスト教は禁教とされた。キリシタン全てがそうというワケではないが、そうしたキリスト教を利用して利権を得ようとした異国の権力者と結託していた悪人たちによって、善人なキリシタンたちまで迷惑を被ってしまう結果となった。

彼らの多くはキリスト教が禁止された江戸時代に信仰を捨てる事を強いられたが、一部の者は隠れてカトリックの流れをくむ信仰を続けた。漢字では吉利支丹と表記するが、禁教以降は切利支丹、鬼理死丹などと蔑称的表記もなされるようになった。

禁教以降は大変に厳しく取り締まられるようになり、「隠れキリシタン」として仏教的、神道的なカモフラージュで自身の信仰を守らざるを得なくなった。白衣観音慈母観音聖母マリア像に見立てたり(マリア観音)、仏像の裏や底、ポーズの中に「十字」のマークを潜ませる、経文や祝詞に偽装して主の祈りや聖句を唱える(オランショ、あるいはオラショと呼ばれる)等の努力がなされた。

当時翻訳された聖書の巻はごく一部であり、禁教により宣教師の指導、日本人司祭の育成が出来なくなってしまったこともあり、時代を経るにつれその信仰内容は変質し、また本来はカモフラージュにすぎなかった仏教や神道の信仰に愛着を感じるものも出てくるに及び、元のカトリックとは別物になってしまった。
その一方で、長崎浦上のように、カトリック本来の教義や儀式を忠実に守り抜いたキリシタン集落も多く、幕末に建造された大浦天主堂の司祭が浦上の隠れキリシタンを調べた際、洗礼方法が全く変化していない事に驚嘆していたという。

禁教がなくなり、信仰の自由が認められた近代に至ると、大半はカトリック教会に復帰し、もしくは教会との接触を嫌って仏教や神道だけを信仰するようになったが、現代においても、変質した「カクレキリシタン」の教えを継承する人々がいる。

現在の、特に長崎のカトリック信徒は、辛い禁教の記憶を思い起こさせる「キリシタン」を自称せず、そう呼ばれることを好まない傾向にある。

2015年、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として世界遺産への推薦書を提出していたが、2018年6月30日に日本としては22件目の世界遺産として登録される事となった。

関連タグ

キリシタン大名
島原の乱
天草四郎
フランシスコ・ザビエル

外部リンク

長崎の教会群とキリスト教関連遺産(ウィキペディア)
天地始之事─隠れキリシタンの手作り聖書─:隠れキリシタンの口伝をまとめた書物の現代語訳

pixivに投稿された作品 pixivで「キリシタン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25854

コメント