ピクシブ百科事典

キリスト教

きりすときょう

救世主にして王のイエス・キリストが処刑され蘇り、天に昇ったあと、再び人類最後の日に再び現れて千年王国を作るとされる宗教。
目次[非表示]

英:Christianity(クリスチャリー)
ギ:Χριστιανισμός(クリストース)

概要

ナザレのイエスメシアキリスト(救い主)として信じる宗教 イエス・キリストが、神の国の福音を説き罪ある人間を救済するために自ら十字架にかけられ復活したものと信じ、イエスが処刑され蘇り、天に昇ったあと、再び人類最後の日に再び現れて千年王国を作るとされる宗教。

その多く(正教会・東方諸教会・カトリック教会・聖公会・プロテスタントなど)は「父と子と聖霊」を唯一の神(三位一体・至聖三者)として信仰する。

日本では〈キリスト教〉や〈基督教〉、ギリシャ語では〈Χριστιανισμός〉、ラテン語では〈Religio Christiana〉、英語では〈Christianity〉と表記される。
ユダヤ教から枝分かれした、世界的に広く信仰されている宗教欧米中南米の人々の多数派はキリスト教徒であり、アフリカ中東などにもキリスト教徒が多数派の国がある。アジアでは中国韓国フィリピン東ティモールにキリスト教徒が多い。
 開祖にして救世主であるイエス・キリストと聖なる父と聖霊三位一体を崇める一神教。ユダヤ教の聖典であるタナク(旧約聖書)に加えて、新約聖書教会で信者達に説かれている。教派はカトリックプロテスタント正教会などに分かれており、教義面や作法で多くの違いがある。キリスト教(ヘブライズム)はギリシャ文明(ヘレニズム)と並んでヨーロッパ文明の源流とされ、欧米の伝統的な美術音楽文学哲学はこの二つの文明を基盤としている。
 
 キリスト教および同根のイスラム教ユダヤ教は、極端に他宗教・他宗派を排斥するケースがあるが、排斥の度合いについては地域と時代によるところが大きい。歴史的には「共存」と言える関係を築いたこともあるが、近世以降もエルサレムをめぐる問題もあり、緊張関係は継続されていると言える。また過去にはキリスト教の異なる宗派同士で宗教戦争が戦われた歴史もある。
科学に関しては、進化論や文献学、本文批評など、聖典や教義と衝突する局面いがいはむしろ親和的である。キリスト教においても聖職者は聖書や神学以外の学問を修めていることも多く、その意味でも知識人ポジションであった。
聖職者以外でもニュートンのように信心深い科学者が存在している。

 日本には戦国時代南蛮貿易で伝来したが、江戸時代に危険思想として弾圧された。現代日本で信者数は少ないが、クリスマスイースターなどの行事はイベントとして盛ん。
 
 また、キリスト教に出てくる事物(天使悪魔天国・天地創造・など)は文化的な常識としては広く知られているが、クリスチャン以外にはその本来の意義はあまり理解されていない。
 
 聖書の解釈により、保守的なキリスト教徒は性に関わる道徳に厳格であり、同性愛や婚前交渉を否定する。日本においても、東京都青少年健全育成条例の改正などを主張する表現規制推進派には多くのキリスト教信者やキリスト教関連団体が加わっている(もっとも、クリスチャンの全てが同性愛否定派・表現規制推進派という訳ではなく、ゲイの牧師、クリスチャンの表現規制反対運動家、カトリック信仰を公言するエロ漫画家も存在する)

教義

神観

キリスト教史において様々な機会において信仰内容をまとめた「信条」という短いテキストが編まれてきた。
第1ニカイア公会議で成立した「ニカイア信条(原ニケア信条)」においては、主流派キリスト教の全ての教派に共通する神観が表現されている。

我らは、見えるものと見えざるものすべての創造者にして、
すべての主権を持ち給う御父なる、唯一の神を信ず。

我らは、唯一の主イエス・キリストを信ず。
主は、御父より生れたまいし神の独り子にして、御父の本質より生れ、(神からの神)、光からの光、
まことの神からのまことの神、造られずして生れ、御父と本質を同一にして、
天地万物は総べて彼によりて創造されたり。
主は、我ら人類の為、また我らの救いの為に下り、しかして肉体を受け人となり、
苦しみを受け、三日目に甦り、天に昇り、生ける者と死ぬる者とを審く為に来り給う。

また我らは聖霊を信ず。

主の存在したまわざりし時あり、生れざりし前には存在したまわず、
また存在し得ぬものより生れ、
神の子は、異なる本質或は異なる実体より成るもの、造られしもの、
変わり得るもの、変え得るもの、と宣べる者らを、
公同なる使徒的教会は、呪うべし。

(wikipediaより引用)

このように、キリスト教とは、唯一神信仰でありつつも、人間のメシアであるイエスを「唯一の主」とし、彼を世界の創造主とみなす宗教である。

「初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。 この言は初めに神と共にあった。 すべてのものは、これによってできた。できたもののうち、一つとしてこれによらないものはなかった。 この言に命があった。そしてこの命は人の光であった。 」(『ヨハネによる福音書』1章1節~4節)
父なる神と共に在り、世界を創造した「言(ロゴス)」が、イエスとしてユダヤの地に聖母マリアの子として生まれ、布教の末に囚われて処刑され、三日後に蘇った。(彼はその40日後に)天上に戻ったが、世界の終末において再臨し、最後の審判を執り行う。
上記の信条はキリスト教におけるイエス観の軸となる部分を語ったものと言える。

「聖霊を信ず」のあとの「主の存在したまわざりし時あり、生れざりし前には存在したまわず、」の部分は「イエスはある時点に父なる神に創造されたのであり、それ以前は存在しなかった」という論の否定である。
また存在し得ぬものより生れ、」というのは、「イエスはマリアから産まれる前から存在はしていたが、父なる神のように永遠の昔から存在する(始まりなしで存在する)のではなく、ある時点で無から創造された」という論をさしており、キリスト教はこれも否定する。
神の子は、異なる本質或は異なる実体より成るもの、造られしもの、変わり得るもの、変え得るもの」とは、信条の前の箇所にある「まことの神からのまことの神、造られずして生れ、御父と本質を同一にして、」の部分を否定、あるいは相対化する意見を指す。
キリスト教において、イエス・キリストは父なる神と同じく不変であるという点で「変り得るし、換え得る」被造物とは隔絶しており、ガチで100パーセント神なのである。
と同時にキリスト教におけるイエス・キリストとは「肉体を受け人となり」ガチで100パーセント人間でもある(こちらはカルケドン信条で強調される)。

と宣べる者らを、公同なる使徒的教会は、呪うべし。」この締めの文章は、その前に挙げられていたのが仮定上の異論ではなく、実際に主張していた人々が居たことを表わしている。
この信条が成立した「第1ニカイア公会議」はアリウス派を排斥する公会議であり、アリウス派とは、主流派キリスト教とは原ニケア信条における「また我らは聖霊を信ず。」までを部分的に共有し、その後の箇所では対立する意見を持つ人々であった(参考リンク)。

聖典、正典

概要にあるようにユダヤ教の聖典「タナク(タナハ)」と新約聖書を聖典とする。タナクに記されたメシア到来の予言はイエスの出現によって果たされ、彼を介して新たな契約が結ばれた、という考えからタナクはキリスト教において旧約聖書、と呼称される。
神の啓示によって書かれ、真理が記されたと見なされる書物を「正典(カノン)」といい、旧約部分については教派により正典である文書の数と収録タイトルに違いがある。
巻数と一覧の違いについては外部リンクや「聖書」の項目を参照。

ちなみに前述のアリウス派も正典じたいは主流派と重複しており、アリウス派独自の聖書文書(グノーシス主義の『ユダの福音書』のような)は存在しない。
ゴート語の四福音書写本「銀文字聖書」を残したアリウス派司教ウルフィラは『列王記』以外の旧約、新約の文書を全て翻訳した。
現代において主流派側から「三大異端」の一つに数えられるエホバの証人も正典はプロテスタント諸派における66巻と同じである。つまり正典の範囲が同じだけでは「正統」なキリスト教とは見なされない。

呼称と職名の教派別対応表

教派・組織正教会カトリック聖公会プロテスタント学校
司祭の呼称神父神父先生司祭神父先生先生
階位総主教(総主教区教会の首座主教)教皇(最高権威一人)牧師牧師教諭
府主教スラブ系で総主教区以外の首座主教)枢機卿(教皇補佐) 副牧師 
大主教ギリシャ系で総主教区以外の首座主教)大司教  
主教司教  
司祭司祭  
輔祭助祭  
副輔祭  



関連タグ

宗教 思想 哲学 ユダヤ教 イスラム教 仏教 神道
YHVH GOD デウス唯一神 救世主 イエスイエス・キリストイイスス・ハリストス聖母マリア聖母マリア生神女
聖書旧約聖書 新約聖書十字架 七つの大罪 贖罪 十字教
天使 悪魔サタンサタナ十二使徒使徒魔王
キリスト教文化
聖人 聖師父教父神父 牧師 修道士 修道女シスター教会 神殿 修道院 大聖堂 バチカン キリシタン
カトリック プロテスタント 正教 正教会 クエーカー
パンとぶどう酒聖体礼儀ミサ聖餐式
クリスマス降誕祭大斎 復活祭イースター復活大祭聖神降臨祭ペンテコステ五旬祭結婚式婚配機密バレンタイン ハロウィン ロンギヌス 聖骸布 聖杯 神曲 誦経
ザビエル 大友宗麟 高山右近 蒲生氏郷 一条兼定 小西行長 黒田官兵衛 細川ガラシャ 天草四郎
麻生太郎 石破茂 井上ひさし 又吉イエス 天池治彦 酒井勝軍

外部リンク

教派いろいろ対照表
各教派における正典の違い(英語版ウィキペディア)

関連記事

親記事

アブラハムの宗教 あぶらはむのしゅうきょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キリスト教」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 249424

コメント