ピクシブ百科事典

七つの大罪

ななつのたいざい

キリスト教における最も重いとされる七つの罪業のこと。及びそこから派生した作品について本項で解説する。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. キリスト教の用語で「七つの罪源」とも言う。人間を罪に導くとされる欲望・感情を指す。
  2. 鈴木央による漫画。 → 七つの大罪(漫画)
  3. ホビージャパンがフィギュアを中心に展開する「魔王崇拝型コンテンツ」。 → 七つの大罪(ホビージャパン)及びsin七つの大罪
  4. クソゲーオブザイヤー据え置き部門2011におけるノミネート作の総称。詳細はリンク先へ
  5. ボカロPである悪ノPが作りだした物語音楽シリーズ。 → 七つの大罪シリーズ

ここでは1.について説明する。2と3と5に関してはそれぞれのタグを使用する事でマイナス検索が効果を発揮するので、そちらの方で明記する事。

概要

七つの大罪は、4世紀のエジプトの修道士エヴァグリオス・ポンティコスの著作に八つの「枢要罪」として現れたのが起源である。キリスト教の正典の中で七つの大罪について直接に言及されてはいない。

八つの枢要罪は厳しさの順序によると「暴食」、「色欲」、「強欲」、「憂鬱」、「憤怒」、「怠惰」、「虚飾」、「傲慢」である。6世紀後半には、グレゴリウス1世により、八つから現在の七つに改正され、順序も現在の順序に仕上げられた。「虚飾」は「傲慢」に含まれ、「怠惰」と「憂鬱」は一つの大罪となり、「嫉妬」が追加された。

13世紀のトマス・アクィナスも、その著作の中で、キリスト教徒の七つの枢要徳と対比する形で七つの「枢要罪」をあげている。現代のカトリック教会のカテキズムでは、七つの罪源について、ヨハネス・カッシアヌスやグレゴリウス1世以来伝統的に罪の源とみなされてきたものとして簡潔に言及されている。

表記方法

版権キャラ名を含む。

日本語ラテン語英語イメージカラーpixivにおけるタグ
傲慢/高慢superbiapride、黄色、プライド
憤怒/激情irawrath、赤、橙色イーララース
嫉妬/羨望invidiaenvy、赤、水色エンヴィー
怠惰/堕落acediasloth、水色、緑アケディアスロウス
強欲/貪欲avaritiagreed黄色、金、赤グリード
暴食/大食gulagluttony、橙色、黄色グラトニー
色欲/肉欲luxurialust、紫、赤ルッスーリアラスト

内容

キリスト教の本質的な部分とは無関係だが、各々が悪魔幻獣動物と関連付けられており、通俗的なグリモワールにおいて引用されることとなった。

AWAKENING!!!!!



傲慢プライド

象徴




憤怒ラース

象徴




嫉妬エンヴィー

象徴




怠惰スロウス

象徴



※しばしば、「怠惰≒無為」と結び付けられるが、中世キリスト教世界では「情熱の欠如、鬱屈、憂鬱」等のメランコリックな意味合いで捉えられていた、という分析もある。

強欲グリード

象徴




暴食グラトニー

象徴




色欲ラスト

象徴




上記のように、さまざまなモノによって象徴化されてきた「7つの大罪」であるゆえ、pixivにおいても擬人化されたりするケースは多々。

新・七つの大罪

2008年03月11日15時37分、バチカンのローマ教皇庁にある内赦院の内赦執行官ジャンフランコ・ジロッティ師が新しい「七つの大罪」を発表した。

上記で挙げた今までの七つの大罪はやや個人主義的な側面があったため、これまでとは違う種類の大罪もあるということを信者たちに伝え、理解させるためにこれらが追加された。

新・七つの大罪

罪名意味
遺伝子改造遺伝子操作
人体実験倫理的に議論の余地のある実験
環境汚染ゴミ等の不法投棄等
社会的不公正基本的人権の侵害
貧困貧困の押し付け
過度な裕福さ過剰な富の蓄積
麻薬中毒薬物の取引や使用

モチーフにしている創作物

装備や能力、歌、地名等に付けられているケースもあり、それぞれの罪を反映した人格・能力を持つ事もあれば、単にその称号を与えられただけの者もいる等、作品によって様々。対応する悪魔が全く違うものになっている作品も少なくない。

作品


キャラクター


名称・総称


組織・場所


装備・武器


他にもありましたら追加して下さい。

関連イラスト

Seven Deadly Sins
七つの大罪者たち



関連タグ

七つの美徳  エゴ リビドー 心の闇

関連記事

親記事

キリスト教 きりすときょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「七つの大罪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56922335

コメント