ピクシブ百科事典

ヤミー・リヤルゴ

やみーりやるご

ヤミー・リヤルゴとは、漫画『BLEACH』の登場人物。
目次[非表示]

概要

通称"ヤミー"。
藍染惣右介に仕える破面(アランカル)の集団"十刃(エスパーダ)"の一員。
七つの大罪の一つ「憤怒」を司る。

粗暴な言動の目立つ巨漢。
数字でランク付けされている十刃で、もっとも下っ端の"No.10"として登場するが、実は"1"の刻印を消すことで"No.0"となり、全破面の中でもっとも強大な力を発揮できる。

アニメ版の担当声優乃村健次

帰刃

名前は憤獣(イーラ)。解放の際は刀を抜くと同時にその爆発させ(煙になるようにも見える)、赤いオーラを出しながら肥大化していく。帰刃後は、下半身がの足をいくつも持った巨人のような姿となる。この際、赤い前掛けをしている。さらに、先端がハンマーのようになっている尻尾も持ち、肘や背中から黒い杭のようなものを生やしている。頭の突起は黒くなり、つながったように並んでいる。


実は、上記の姿は第1段階に過ぎず、さらなる怒りを覚えた際は、再び赤いオーラを出す。その後、上記よりさらに巨大な姿となる。下半身は赤い毛に覆われ、怪獣のようなヒレを持った尻尾も生えている。上半身は普通のデブのようになっているが、顔の目より上が、後ろに突き出した4本の角に覆われていて、下顎も鋭いキバをいくつも生やしている。さらに背中からも2本の巨大な角を生やす。
この形態では魂吸といって強制的に周囲の人間のを奪い取り、捕食することが出来るようになる。

本編での動向

破面編序盤、ウルキオラと空座町に登場。井上織姫茶渡泰虎を一人で追い詰めるも、駆け付けた黒崎一護により右腕を切断されてしまう。一時戦況は不利になったかと思いきや、虚化を恐れ動けなくなった一護を仕返しと言わんばかりに痛めつけた。
一護にとどめを刺そうとしたとき、浦原喜助四楓院夜一の妨害に遭い、虚圏に帰還。帰還後、切断された右腕を直してもらい、右腕を治してくれた破面を殺害した。
その後しばらく出てこなかったが、ロリ・アイヴァーンと織姫の二人と出くわし、ロリに啖呵を切ってしまったためロリと戦闘に入り、ロリを打破するも織姫には逃げられてしまう。その直後、やってきた石田雨竜と立て続けに戦闘になるも、床をもろくされていたことに気づかず下層階に転落してしまう。
しばらくして脱出に成功すると、偶然にも氷漬けにされたルドボーン・チェルートを発見し、ルキアらの目の前でルドボーンを粉砕し殺害した。そのまま居合わせたルキア、恋次茶渡と戦闘。帰刃してからは3人を軽くあしらうまでに至り、ついには一護の虚化した月牙天衝さえも「少し切っちまった」程度にしか効かないほどの化け物になった(ただし、これは一護の力が弱まっていたことが原因かもしれない)。
しかしながら、不運にも朽木白哉更木剣八の危ない二人が助太刀に現れたため、一護を殺すことは叶わず、白哉と剣八の二人にフルボッコにされ、上記の第2段階となって迎え撃った。そこからの戦闘シーンは省略されてしまっているが、彼らに敗北し、虚の子犬に看取られながら没したようである。戦闘終了時には、右腕を失い左胸部から縦に真一文字の大きな傷がついている描写があり、それらが致命傷になったと思われる。また、(漫画版では)天蓋に2つの大穴が開いて虚圏の月が見えており、どれほどの激闘だったかがうかがえる。

関連タグ

ヤミー
BLEACH 破面 十刃
巨人 10

関連リンク

破面 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤミー・リヤルゴ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16215

コメント