ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

2004年10月から2012年3月までテレビ東京系列で放送された。

テレビ東京とスタジオぴえろが制作したアニメでは、同じジャンプ原作の『NARUTO-ナルト-疾風伝』に次ぐ長期作品となる。

ナレーションは飛田展男氏。

劇場版については「劇場版BLEACH」を参照。


特徴

エヴァンゲリオン』シリーズなど庵野作品でおなじみの鷺巣詩郎氏が劇中音楽を担当していることもあって、原作のスタイリッシュさが生き生きと表現されている。


放送時間は火曜夜6時半→同夜7時半→水曜夜7時半→火曜夕方6時。

夕方に放送していた事もあってか子供の視聴層に考慮してアニメオリジナルは子供向けの作風になっている。

その為、原作特有のオサレ厨ニ感を好む一部ファンからの評判は賛否両論気味になった。

人気上位の二次創作小説でも一部のアニオリ設定が省かれる辺り、それが窺えるだろう。


尸魂界篇」までは多少の改変や前回のあらすじはあれどオリジナルも少なく、最近のジャンプアニメだと鬼滅並にテンポよく進んでいたが、「破面篇」から、引き伸ばされたり前回のあらすじが長かったりアニオリの話が多くなったりするようになった。

その次の原作長編である「死神代行消失篇」では引き伸ばしこそあるものの、アニオリや前回のあらすじは少なく、破面篇よりはテンポもよくなった。ある意味原点回帰と言える。


しかしアニオリをここまで入れまくっても原作に追いついてしまっていたためか、視聴率低迷のせいか、両方かは不明だが、「死神代行消失篇」(原作の54巻まで)で一旦アニメが打ち切られてしまった。

※なお、当時のネット局のうち凡そ半数に当たる13局では「護廷十三隊侵軍篇」を以て物語に一区切りがついたためか打ち切られ、それから1年半時系列が進んだ「死神代行消失篇」は放送されなかった。


ファンの間では最終章「千年血戦篇」もアニメ化してほしいという再開を望む声も多く、その声に応えたのか2021年8月、遂に原作20周年を記念したプロジェクト『face again』のスタートが発表され、その一環で念願の「千年血戦篇」のアニメ化も発表された。


2022年7月より「ベストセレクション」と題して、これまで放送された中からTwitterでのファン投票により選ばれた上位13話がTOKYOMXBS11で放送された。

本編は同年10月より放送開始された。

放送時間を夕方から深夜に移し、これまでより原作に近づけた作風・デザインになっている。

原作の平均消費話数は尸魂界篇どころか死神代行篇よりも多くなり、それにより最もテンポのよい話になった。全52話を予定している。


詳しくはBLEACH千年血戦篇の当該箇所を参照。


スタッフ

原作久保帯人
監督阿部記之
シリーズ構成
キャラクターデザイン工藤昌史
音楽鷺巣詩郎
音楽制作アニプレックス
アニメーション制作studioぴえろ

※千年血戦篇のスタッフは該当箇所に記載。


主題歌

OP、EDの映像や演出は非常にスタイリッシュで評価が高い。

またアニメ声優陣によるカバーアルバム(通称ブリコン)も、本家と同じくらい評価が高い。

詳しくは⇒こちらを参照。


オリジナルストーリー

キャラクターは「BLEACHの登場人物一覧」の当該箇所を参照。


中編・長編

名称該当話説明
カラクライザー篇33、50ドン・観音寺率いる「空座防衛隊」が主人公
バウント篇64~109人造人間のような敵・バウントとの戦いを描く
日番谷先遣隊奮闘記(通称)128~137日番谷先遣隊がメインの短編集
メノスの森147~149元々原作に含まれる予定だったが都合により削られた
新隊長天貝繍助篇168~189後日談は204・205話
魂葬刑事カラクライザー篇213・214本編と一応リンクしている
斬魄刀異聞篇228~255
刀獣篇256~265上記の後日談
護廷十三隊侵軍篇317~342

短編

本編とはパラレル扱い。

228話。護廷十三隊死神たちが慰安旅行で現世に遊びに行く。


ジャンプ掲載時の扉絵をモチーフに制作されたシリーズ。

287話は"魔法のランプ"、304話は原作379話の扉絵"ハロウィン"がそれぞれ下敷きになっているが、設定は繋がっている。

アニメではこの2話しかないが、後にブレソルで続編が作られた。


  • 映画連動企画

劇場版第4作地獄篇の公開記念。

298話は尸魂界の映画祭での騒動がメイン。

299話は「地獄篇・序章」と題し、元十刃ザエルアポロアーロニーロ、及び「死神代行篇」でかつて黒崎一護に倒されたシューリーカーが咎人として、それぞれ再登場する。


  • 正月スペシャル

303話は死神が正月を楽しむ話。

305話は檜佐木修兵が温泉旅館に行く話。

355話は「死神代行消失篇」の唯一のアニオリ回で、旧アニメ最後のアニオリ回。内容は死神が正月を楽しむ話。本編に先立ち死神が再登場した。原作との辻褄を合わせるためか護廷十三隊以外のキャラは登場しない。ただし、死神の容姿は全員、破面篇の頃のままである。


関連タグ

BLEACH BLEACHの関連曲一覧 スタジオぴえろ


外部リンク

公式サイト

アニメ公式サイト


Wikipedia - BLEACH (アニメ):各話リストなどはこちらを参照。

関連記事

親記事

BLEACHのストーリー一覧 ぶりーちのすとーりー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9106

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました