ピクシブ百科事典

庵野秀明

あんのひであき

アニメスタジオ「株式会社カラー」の代表取締役。日本のアニメーター。アニメ監督。映画監督。
目次[非表示]

概要

1960年5月22日生まれ、山口県出身。A型。大阪芸術大学芸術学部中退。
学生時代は自主制作アニメに没頭していたが、『風の谷のナウシカ』の人材募集に採用されると中退し、商業アニメーターになる。
1984年、ガイナックスの設立に参加。
1988年、『トップをねらえ!』で初監督。
2002年、漫画家安野モヨコと結婚。
2006年、ガイナックスを退職し、株式会社カラーを設立。
2012年、東京都現代美術館の企画展『特撮博物館』を企画。
2013年、宮崎駿監督作品『風立ちぬ』の主役声優(堀越二郎役)を務める。
2014年、『日本アニメ(ーター)見本市』を企画立案。

人物

経歴

  • 建物爆発シーンを描くのが得意。爆炎の広がり方や飛び散る破片の落下速度まで緻密に計算されて描かれた爆発シーンは俗に「庵野爆発」とも称される。一方、人物を描くのは苦手。『ナウシカ』制作時には宮崎駿が人物も描くよう指示したが、あまりの出来の悪さから「人物はマルチョンで描いておけ。あとは俺がやる」と宮崎を呆れさせた。『新世紀エヴァンゲリオン』制作当時には「アニメーターの庵野秀明は天才だったけど、もうお亡くなりになった」と語っていた。
  • 学生時代は、山賀博之赤井孝美島本和彦士郎正宗など錚々たる面々が同級生であった。山賀と赤井とは自主製作映画グループ「DAICON FILM」を結成し、後のガイナックス設立につながる。
  • かねてより製作委員会と称する、アニメーターを安く使い潰す伝統的なアニメ制作体制を否定しており、現状打破の一環として『株式会社カラー』を設立。「新劇ヱヴァ」製作はファンサービスであると同時に、アニメーターが正当な利益を得るためのシステム構築の意義も込められているという。


2012年頃よりうつ病を患っていた事を後に告白。一時はスタジオに近付けないほどの重症だったが、その後上記の『特撮博物館』や『風立ちぬ』『日本アニメ(ーター)見本市』等の仕事を経て現在は快復しているとのこと。

ちなみにTVシリーズの『新世紀エヴァンゲリオン』制作当時も精神状態は不安定で、ガイナックスの屋上から何度も飛び降りようと思ったと述懐したり、「をいくら飲んでも気持ちよくならない」と周囲に嘆き、盟友摩砂雪に「当たり前だろ」と批判されたりしていた。

宮崎駿との関係

  • 風の谷のナウシカ』に参加したのがプロとしての最初の仕事で、以来、宮崎駿を創作の師匠と仰いでおり、アニメージュ誌に連載されていたナウシカの漫画についても「宮さんはナウシカを俺のために描いてくれている」と周囲に漏らすほどの傾倒ぶりであった。 アニメーター時代の功績としてよく語られるのが、巨神兵がドロドロに溶けながら現れるシーン。その後もクシャナを主人公とした外伝を作りたいと言い続けては宮崎に拒否されていたが、現在は「庵野がやるならいい」と、宮崎本人からナウシカの続編制作の許可を得ている。しかし鈴木敏夫によると、この続編にはなかなか手をつけずにいるらしい。
  • 宮崎駿のアニメ映画『風立ちぬ』には「零戦が出てくるなら」とアニメーターとして参加したがっていたが、宮崎と鈴木プロデューサーの「に本物のインテリとしてのリアリティがある」との意向で、主人公の堀越二郎役の声優をつとめることになった。

特撮と軍艦

  • 特撮大好き。取り分け『ウルトラマン』から『帰ってきたウルトラマン』などの初期ウルトラシリーズにハマっていたとされ、大学時代には『帰ってきたウルトラマン』の自主制作映画を撮ったりしている。『トップをねらえ!』や『新世紀エヴァンゲリオン』には、昔ながらのミニチュア特撮の意匠が少なからず詰め込まれている。いわく「『エヴァ』の原点はウルトラマンと巨神兵」。それだけに特撮技術の継承断絶を本気で憂えており、『特撮博物館』まで企画した。 仮面ライダーも好きであり、取り分け1号ライダーがお気に入りだとして部屋にフィギュアを飾っているという。平成ライダーでは555にハマっていたらしくそれの変身ベルトの玩具を購入していたことが語られている。
  • 筋金入りの軍艦オタクで、「火垂るの墓」にアニメーターとして参加したときは摩耶のラッタルの数まで正確に描いた(が、監督の判断で塗りつぶされてしまう憂き目に。この際に塗りつぶしたのが、のちの貞本義行である)。また、「エヴァ」の登場人物には軍艦名をもとにした名前の登場人物が複数登場する。
  • 2015年には東宝のゴジラシリーズ新作映画の監督を務める事となり、その翌年の2016年に実写版『キューティーハニー』以来の本格特撮映画である『シン・ゴジラ』を制作、公開した。同作は翌年の日本アカデミー映画賞選定において最優秀作品賞を受賞するという快挙を成し遂げている。

その他

作品

特記がない限り監督

アニメ

トップをねらえ!(1988年)
ふしぎの海のナディア(1990年)
新世紀エヴァンゲリオン(1995年)
彼氏彼女の事情(1998年)
Re:キューティーハニー(2004年)
ヱヴァンゲリヲン新劇場版(2007-2013年)

実写映画

愛国戦隊大日本(1982年) - メカニックデザインナレーション
DAICON FILM版 帰ってきたウルトラマン マットアロー1号発進命令(1983年) - 総監督、ウルトラマン
ラブ&ポップ(1998年)
式日(2000年)
キューティーハニー(2004年)
巨神兵東京に現わる(2012年) - 製作総指揮、脚本、光学作画
シン・ゴジラ(2016年)-総監督、脚本

出演

あぶない刑事フォーエヴァー THE MOVIE(1998年)
日産CM(2005年)
ナイスの森~The First Contact~(2006年)
日本沈没(2006年)
さくらん(2007年)
クワイエットルームにようこそ(2007年)
風立ちぬ(2013年) - 堀越二郎

その他

特撮博物館(2012年) - 館長

関連タグ

アニメーター / 映画監督
安野モヨコ / 宮崎駿 / 樋口真嗣 / 島本和彦
ガイナックス / 株式会社カラー
アオイホノオ…庵野秀明をモデルとした人物が登場
SHIROBAKO…上に同じ。(ただし菅野光明という名前になっている)

外部リンク

庵野秀明公式web
庵野秀明 - Wikipedia
庵野秀明とは (アンノヒデアキとは) - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「庵野秀明」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 371482

コメント