ピクシブ百科事典

ラミエル

らみえる

ラミエルとは、ユダヤ、キリスト教の天使。または「新世紀エヴァンゲリオン」に登場する使徒と呼ばれる敵の一体。※画像は「新世紀エヴァンゲリオン」の使徒ラミエル。
目次[非表示]

天使としての概要

神に謁見することを許されるいわばエリート天使集団、通称「七大天使」の一人であり、レミエルとも呼ばれる。その名は「神の高揚」を意味する。
ユダヤ教の伝承とキリスト教の伝承とでは少し立ち位置が違う天使で、ユダヤ・イスラム・キリスト教の伝承では最後の審判によって復活した善なる魂を見守り神の助手として審判に参加する仕事を持つ天使である。しかし、キリスト教だけの観点だけから見ると違う解釈がなされており、彼は雷と幻視を司る天使である。
この幻視というのは、神のお告げを人間の夢に天使が入り込み、その神のお告げを夢の中で告げるというものである。
また、ジョン・ミルトンの「失楽園」ではどういうわけか、凶暴な堕天使として描かれている。

使徒としての概要

新世紀エヴァンゲリオンの第5・6話に登場した、第5使徒。
見た目は青い正八面体をしており「ホー…ホー…」と女性の声の様な音を一定間隔で発しながら浮遊移動する。
本体下部から掘削シールド(巨大ドリル・ブレード)を伸ばし、NERV本部・ジオフロントへ進入しようとした。

他の使徒と同様に強固なA.T.フィールドで通常兵器を無効化するうえ、周囲に接近した物体を察知すると高威力の加粒子砲で迎撃するという能力を持つ。
この空中要塞のような性質故にEVA初号機は出撃した瞬間に狙い撃たれて敗北。「エヴァンゲリオンがA.T.フィールドを中和しつつ接近し、コアの破壊を試みる」という従来の戦術は完封されてしまう。

やむなく作戦部長の葛城ミサトは、戦略自衛隊が開発していた陽電子砲と日本全国の電力を徴用し、初号機に改造陽電子砲(ポジトロンスナイパーライフル)を携行させ、超長距離からラミエルを狙撃する作戦、通称『ヤシマ作戦』を実行した。

作戦を察知したラミエルは初号機の第一射を加粒子砲で妨害したものの、追撃は零号機の構えた耐熱光波防御盾によって阻まれてしまう。その直後に初号機が再度発射したポジトロンスナイパーライフルがコアを直撃したことで致命傷を負い、撃破された。

ラミエル出現からヤシマ作戦決行に至る展開は序盤の山場でもあり、本作を代表する名シーンのひとつとして知られている。

新劇場版では第6の使徒として登場。詳細はそちらを参照。

攻撃方法

加粒子砲
強力な加粒子砲による攻撃を行う。最初は出撃直後のEVA初号機を中破させた。
最大出力では、山を半分吹き飛ばすほどの威力。

ボーリング・マシン
身体下部から、直径17.5Mの巨大ドリル・ブレードを伸ばし、穴を掘る。

その他

モデルは「帰ってきたウルトラマン」に登場する怪獣・プリズ魔。ラミエルの登場時の効果音は、プリズ魔と同じものである。

星のカービィ64」では、ステージボスのピクスのデザインが同様の正八面体である他、ラミエルに酷似した雑魚敵「ラミ」が登場している。コピー能力は、ラミエルが「雷」を司る天使の為か、スパークである。
オンラインゲーム「コズミックブレイク」に登場する大型の敵に似た形状の「フラクタリス」というのがいるが、こちらはビームの雨を降らしたり、雷を落したり、極太の即死レーザーで薙ぎ払ったり、終いにはプレイヤーから「ラピュタの雷」と呼ばれている下方向への超広範囲即死攻撃までするなど形もさることながらラミエルを意識した敵である。

スーパーロボット大戦」シリーズにも何度か登場。基本的にヤシマ作戦再現用のイベントキャラとして登場する。一応自力で撃破する事も可能だが、防御力や加粒子砲の射程・威力が非常に高く設定されていることが多いため難易度は高い。
MXのように「イベントを起こさなければ絶対に倒せない」作品も存在する)
ゲーム終盤もしくは続編で再登場することもあり、この場合は普通に戦うことになる。F完結編のエヴァバッドエンドルートやαドリームキャスト版追加ルートではイベント時そのままステータスで登場するため、味方ユニットが育成強化された状態でも手ごわい相手となる。ただし、「第3次スーパーロボット大戦α」で登場したものはやたら弱く、あまり苦戦しないことが多い。

関連タグ

新世紀エヴァンゲリオン エヴァンゲリオン
使徒 第6の使徒
プリズ魔
ブルーウォーター:おそらくこれの形が基になっている。

関連記事

親記事

使徒 しと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラミエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1078321

コメント