ピクシブ百科事典

未来警察ウラシマン

みらいけいさつうらしまん

「未来警察ウラシマン」とは、タツノコプロ制作のSFアニメである。
目次[非表示]

概要

1983年1月から同年12月(または翌年1月上旬)にかけてフジテレビ系列局(ただし一部系列局除く)に加えて日本テレビ系列局約3局、TBS系列局・テレビ朝日系列局各約2局ずつにて全50話が放送。

元々は日曜夕方6時台前半に放送されていたが、本作と同じタツノコプロが手掛けたタイムボカンシリーズが土曜夜7時台後半に移動(ただしこれが命取りになってしまうのだが・・・・・・)したため、その代替番組として、タイムボカンシリーズが放送されていた土曜夕方6時台後半に移動するハメになった。ただし系列局によっては移動せずに済んだり、元から放送日時差し替えだったため移動しなかったり、放送日時差し替えでも放送日時が移動した例もあった、ばかりか、元から放送権を他系列局に譲るハメになってしまっていた例もあった。
また、この番組の放送枠移動後の後継番組は、報道系バラエティ番組の「サントリースポーツ天国」だったため、アニメ枠としては(一旦は)廃枠となった(ものの、それから3年半後に復活を果たしている)。

ストーリー

西暦2050年の大都会ネオトキオに、「ウラシマ・エフェクト」により1983年からタイムスリップしてきた少年は、タイムスリップ前の記憶を失っていた。彼はウラシマ・リュウという名を与えられ、機動メカ分署「マグナポリス38」の刑事となり、馴染めない未来社会ネオトキオで暗躍する犯罪組織ネクライムと戦っていく。

犯罪組織ネクライムの総統フューラーは、この時代に彼がタイムスリップしてくると知っていて、ある計画を進めていた。「ウラシマンを殺してはならない」という総統の厳命に不満を抱いていた組織の幹部ルードヴィッヒは、配下スティンガー部隊を率いて組織乗っ取りを企む。

フューラーは元からリュウの存在を知っていて、胸元の同じ所に傷跡が残っていた。
実は敵首領と同一人物なのか?なんらかの方法で過去に戻ったリュウが犯罪組織を作り上げたのか?とも疑われたが、そうではない。

登場人物

マグナポリス

ウラシマ・リュウ(CV:小林通孝
クロード・水沢(CV:神谷明
ソフィア・ニーナ・ローズ(CV:横沢啓子
権藤透(CV:大平透
ミャー(CV:勝生真沙子

ネクライム

アドルフ・フォン・ルードヴィッヒ(CV:塩沢兼人
ミレーヌ・サベリーエワ(CV:北浜晴子
ジタンダ・フンダ(CV:田中真弓
総統フューラー(CV:丸山詠二
スティンガー・ウルフ(CV:玄田哲章
スティンガー・キャット(CV:梨羽雪子
スティンガー・ホーク(CV:立原淳平・小滝進
スティンガー・シャーク(CV:二又一成
スティンガー・ベアー(CV:島香裕

その他

ジョセフィーヌ・キャッツバーグ(CV:榊原良子
ファントム

登場メカ

  • マグナビートル

この時代ではエアカーが普及して当然の乗り物になっている。リュウはタイヤの無いクルマに馴染めず、タイムスリップしてきた時に乗ってたワーゲンビートルを大改造して愛車とした。必要時にはルーフからパトランプが飛び出す。

  • マグナブラスター
普及している光線銃に馴染めないリュウが、ガラクタの中で拾ったリボルバー拳銃のフレームを改造して作った光線銃。玩具版ではスピーカーから豪快な射撃音が聞こえる構造で、アニメ本編中でも独特の射撃音がアイキャッチ等でよく聞こえている。
  • バトルプロテクター
マグナビートルの座席が変形して装着される戦闘用強化服。専用パトカーの座席上で強化服を装着する、という描写は「特警ウインスペクター」に先駆ける。なぜか商品化予定が中止されたので、アニメ本編ではどんどん出番が減ってしまった。

主題歌

オープニングテーマ

「ミッドナイト・サブマリン」
作曲:鈴木キサブロー 作詞:康珍化 編曲・歌:HARRY

エンディングテーマ

「ドリーム・シティ・ネオ・トキオ」
作曲:芹澤廣明 作詞:康珍化 編曲・歌:HARRY

コミカライズ

週刊少年チャンピオン冒険王→TVアニメマガジン、マイアニメ(いずれも秋田書店)にてコミカライズが掲載された。
特に週刊少年チャンピオン版に関しては、元々はかなりハードでシリアスな内容だったが、途中でショートコメディをまとめた格好の作品に改められた。作画担当者の途中変更が背景にある。

関連タグ

タツノコプロ

関連記事

親記事

タツノコプロ たつのこぷろ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「未来警察ウラシマン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 176280

コメント