ピクシブ百科事典

浦島太郎

うらしまたろう

日本の昔話(民話)のひとつ。 しがない漁師の青年・浦島太郎が子供にいじめられている亀を助け、そのお礼として海深くの楽園『竜宮城』へと案内される物語。 ただ、その結末は決して幸福なものではなく、またこの結末から科学分野での現象名が作られている。
目次[非表示]

昔話の一つ。またその主人公の名前。
助けたに連れられて竜宮城に行って帰って来てみれば数百年が経っていたというお話。

概要

漁師の青年の浦島太郎は、ある日浜辺に打ち上げられた海亀が子供にいじめられているのを見つける。
彼は子供たちを叱って追い払い、亀を海に帰してやろうする。
すると亀が突然しゃべり始め、太郎にお礼を述べる。
そして、お礼として彼を『竜宮城』へと招待すると言ってきた。
太郎はその申し入れを受け、亀の背に乗って海深くの竜宮城へと案内される。
そこはこの世とは思えないほど美しい海の楽園であり、そこで乙姫と呼ばれる美女と彼女の従者たちが太郎を迎えてくれた。
3日間、彼女たちとの宴会を楽しんだ太郎だったが、ふと両親のことが気になって地上に帰りたいと乙姫に申し出る。
別れを惜しみながら、乙姫は玉手箱を「決して開けてはならない」言いつつ手渡し、太郎は亀の背に乗って地上へと帰った。
地上に帰った太郎だが、そこに自分の家はなく、また周りの景色も随分と様変わりしていた。
なにより、自分を知るものは誰もおらず、また見知った顔もだれ一人いなかった。
ふと遭遇した人物に浦島太郎の存在について聞いてみると、何と浦島太郎は300年もの昔にいなくなってしまったという事実が発覚。もはや地上に太郎を知る人間がいないのは当然だったのだ。

あまりの寂しさに絶望した太郎は、開けてはならぬ玉手箱を開けてしまう。
そして、そこから飛び出た三筋の煙を浴びて、太郎は老人となってしまった。
その後、老人になってしまい、完全に絶望した太郎は、いつの間にかの姿となり、何処か遠くへと飛び去ってしまうのだった。
その後の浦島太郎だった鶴の行方は、誰も知らない…。

原形

その原形は奈良時代風土記万葉集に記されるほど古く、現在の話は室町時代御伽草子に乗せられたものを、明治時代になって子供向けに改編したものである。
参考ページ
発祥の地としては、京都府の与謝郡伊根町、神奈川県横浜市神奈川区、そして沖縄県にも同様の伝承が伝わるが、かなり異なるバージョンもある(動画)。
さらに『古事記』『日本書紀』において記されている、古代日本において南九州に存在したというヤマト王権と敵対した勢力である熊襲(くまそ)の平定服従を元に説かれた『山幸彦と海幸彦(やまさちひことうみさちひこ)』には、本作のモチーフとなったとされる類似する話は存在し、ここに大陸からの思想や観念が混ざったことから発生した物語であるとする向きもある。

なお『御伽草子』版では、浦島太郎は老人ではなくに変化している。
また乙姫も単に竜宮城の主というだけではなく、亀の正体として描かれている。
明治期に改編されたのは、竜宮城での宴でやはり子供向けにふさわしくないシーンがあったらしいため。

余談


  • 比喩表現
久しぶりに復帰したら様子が変わってしまっていて戸惑ったりついていけなくなることの例えとしても使われる。また、科学用語としても使用され、光速に近い宇宙船で外宇宙に行って帰って来た場合、同じように乗員の体感より地球上の経過時間のほうが遥かに長い現象が起こることを、ウラシマ効果と呼んでいる。

  • 海外の似た話
アメリカの短編小説「リップ・ヴァン・ウィンクル」の主人公が昼寝している間に20年経ってしまったという似たような憂き目に遭っているため、同様に扱われることがある。

ケルト神話でも同様の話があり、フィオナ騎士団長の息子オシーンが二アム王女と恋に落ち、彼女の故郷である常若の国(ティル・ナ・ノーグ)で至福の時を過ごし、子宝にも恵まれた。オシーンはある時、帰りたくなってしまい、常若の国にやって来る時に乗っていた白馬を駆って故郷へと帰って来たが、フィオナ騎士団は大昔に滅んだ事を知り、現地で困っていた住民を助ける為にオシーンが馬から降りると、常若の国で過ごした300年の年月が体を襲い、老化してしまい、常若の国へ帰る事も出来なくなってしまった。

  • 亀に関する小話
この海亀、実はメスである。最古の伝承でもカメは娘の姿になって現れた、とあるが、日本近海で海亀が砂浜に上陸するのは産卵の時だけ(甲羅干しなどで上陸するのは赤道付近のみ)なので、この海亀はメスということになる。『トリビアの泉』でも紹介された。

  • 名前について
現在では一般的に彼の名前は、苗字を浦島、名前を太郎としているが、直接の原型となる伝説は『日本書紀』に記されており、その際には浦嶋子と言う名前が使われている。
つまり、元々は苗字がで、名前が島太郎と言うことになる。

日本の昔話としてはかなりポピュラーな話であり、平成以降の時代では桃太郎と金太郎とまとめて三太郎と呼ばれ。よく桃太郎金太郎と共演することが多い。

浦島太郎をモチーフとする作品・キャラクター



浦島太郎ではなく亀の方に憧れている。また、本作には浦島太郎をベースにしたエピソードも存在する。

火遠理とは海幸山幸の山幸彦の事であり、浦島太郎の元ネタとされる神の名前を指す。

暴走する乙姫をセーブするブレーキ役となっている。

作中では「妖怪むかしばなし」シリーズ最終作として紹介され、海底都市が竜宮城の正体とされた。

作中の設定では浦島太郎と乙姫が結婚して生まれた子の子孫であり、竜の巫女の血を引く特異体質の持ち主。それ故にかぐやから執拗に狙われた。

短編の一つとして浦島太郎がアニメ化されたが、登場人物は全て人間となっている。
太郎が使用人であるお亀を助けた事から、竜宮城に招待され、歓待を受ける。
しかし、その実態は言葉たくみに連れてきた男を幻覚を見せるお香(※)でヤク中に陥らせ、龍を醜くしたかのような女主人「お竜」の為に子種を絞り取られるというもの。連れてこられた男達は死ぬまで地下牢に閉じ込められる。
やがて太郎は恐怖のあまり竜宮城から抜け出し、老人のような姿に変貌するが、竜宮城が恋しくなったのか、玉手箱に入っていたキセルで一服。死んでしまった母親の幻影を追いかけるように海へと転落していった。

話の内容はアラビアに伝わる暗殺教団伝説から派生した「秘密の園」に酷似している。

(※)なお、お香の形は亀を模しているが、頭部はモロにアレである。

『ポケモンKidsTV』にてピカチュウを主人公としたMVが公開された。
配役はそれぞれ次の通り。


関連タグ

昔話  SF
竜宮城 玉手箱 老化 ウラシマ効果 乙姫/乙姫様 
海底人/深海人
浦島虎徹・・・浦島太郎の絵が掘られている
新・鬼ヶ島 桃太郎伝説 三太郎シリーズ
動物報恩譚 異類婚姻譚

関連記事

親記事

昔話 むかしばなし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「浦島太郎」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「浦島太郎」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2598985

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました