ピクシブ百科事典

亀仙人

かめせんにん

亀仙人とは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

漫画「ドラゴンボール」に登場する武術の達人。亀仙流という独自の流派を開いている。
別名「武天老師」(むてんろうし)。

「仙人」の名とは裏腹に南国風の小洒落た出で立ちで性格はスケベで俗っぽい。しかしその実力は本物で「武術の神」として世界中に知られている。
普段は、小さな孤島に建てられた一軒家「カメハウス」にて、「人語を話す」ウミガメと二人で暮らしている。

弟子には悟空を初め数多くの名のある武道家を排出している。

人物像

エイジ430年生まれ。誕生日はいつもいつも誕生日。年齢は319歳(初登場時)~354歳(原作、『ドラゴンボールZ』終了時)。

身長165cm、体重44kg。年齡も然ることながら、体格も低身長で細身のいかにも老人といった風貌。禿頭にサングラス、もっさりと蓄えられた白い髭が特徴。普段はアロハシャツに半ズボン、サンダルといったラフな出で立ちをしているが、悟空やクリリンの指導を開始してからは武道着も着用している。

また、背中には名前の由来となった大きな亀の甲羅を背負っているが、この甲羅は20kgの重りであり、常日頃身体に負荷をかけている。この修行方法は悟空とクリリンも行っており、悟空は以降もインナーやリストバンド、靴などを使い同様の負荷修行を行っている。

木製の杖を常に携えているが、実際はそこまで足腰が衰えているわけではなく、無くても普通に歩いている。

一人称は「わし」。
好きな食べ物は宅配ピザ。好きな乗り物はエアワゴン。趣味は昼寝、テレビ鑑賞、読書、インターネット(いずれもエッチなものが目的)、テレビゲームなどかなり多趣味であり、非常に若々しい趣向を持つ。また、伝説の「芭蕉扇」を鍋敷きに使ったりなどズボラなところもある。

加えてかなりのスケベであり、日頃からエッチな本やビデオを鑑賞するなどしている。作中の女性陣に対しても、初対面のブルマに良いものを渡す代わりにパンツを見せるように言い出したり、フライパン山の火事を消すためにブルマのオッパイを触らせるように条件付けたり、悟空とクリリンが入門するにあたって「ピチピチギャル」を連れてくるようにせがんだり、そうして連れてこられたランチに対して際は、「亀仙流の道着」と称して彼女にレオタードのランジェリーを着せたり…などなど、かなり大っぴらにスケベな要求をしており、その都度ウミガメに咎められている。
チチの乳というギャグも、ベジータが言うよりずっと以前に回収している)
ドラゴンボール超でも、天津飯の道場を狙った妖術使いの美女・ユーリンと相対した際、格闘家としての力の差を見せつけたものの、パンモロに興奮した隙を突かれて妖術をかけられてしまった。スケべが祟って実力を発揮できなかった良い例である。
しかし力の大会参加にあたってこれではまずいと思ったのか、美女に変身させたプーアルを相手に特訓した結果、ついにスケベを克服、色仕掛けに心を乱さない精神力を手に入れた。

こうしたアクの強い描写こそよく取り上げられてしまうが、武術に関しては真摯な姿勢を持ち、その力を私利私欲に使ったりはしていない(こうした姿勢はかつての兄弟弟子・鶴仙人と正反対であるといえる)。そのためか、滅多に弟子をとらないと世間でも知られており、悟空に対して修行をつけようと声をかけたのも非常に珍しいことであったようである。

ときには弟子である悟空やクリリンたちに対して道を指し示し、同時に学問の大切さ、高慢さが身を滅ぼすことも伝えるなど、良き師としての姿もしっかりと描かれている。そうした経緯から弟子たちからの人望も篤く、牛魔王も彼の言葉で人々への迷惑な行為を改め、悟空たち新世代の弟子たちも現在に至るまで亀仙流の山吹色の武道着を愛着し続けている。

他にも、第21回天下一武道会で戦ったナムが故郷の渇水状態を救うという大会出場の経緯を知った際には貯水タンクのホイポイカプセルと会場内の井戸水(利用無料)を与え、神様ピッコロを道連れに自殺しようとした際は誠心誠意で説得して止めるなど、俗な趣向を除けは非常に心優しい人格者であることが窺える。
…でもやっぱりスケベなせいか筋斗雲には乗れない。

戦闘力

序盤においては、作中最強クラスの実力者だったが物語が進むにつれ徐々に弟子達に追いつかれていく。そして第23回天下一武道会で次世代の武道家たちの成長を見出し戦線を離脱。以降は自らの戦いの経験を活かしサポート役へと回る。

物語の展開が宇宙や未来、天界といった大スケールな世界と干渉するようになると、流石に話が追いつかず戸惑う姿を見せた。さらにそのスケールに合わせ、悟空たちとの力の差もどんどん開いていき、本人も「武術の神と呼ばれていた時代が懐かしいわい…」と嘆いている。

しかし、戦線から一歩引いた現在でもその実力は衰えることはなく「武術の神」と呼ばれたその実力は未だに健在である。また『』では修行を再開しており、悟空も驚くほどのパワーアップを遂げている。

通常時

外見こそ小柄で細身ないかにも老人といった風貌だが、銃火器を持った軍人達を一人で倒したり、マシンガンの銃弾を全て素手でキャッチしたり、多数の残像を残すほど素早く動いてみせるなど、常人離れした戦闘能力を持つ。

正体を隠してジャッキー・チュンとして第21回天下一武道会に出場した際には決勝戦で悟空と激闘を繰り広げた末に勝利し、第22回大会では暗殺者を志していた天津飯とも互角以上の戦いを繰り広げた。

劇場版『この世で一番強いヤツ』ではその実力を見込まれ、Dr.ウィローの新たな肉体として狙われるがウィローの部下であるバイオマン達を一蹴し、ナッパレベルの凶暴戦士三人組ともしばらくの間戦い続けている。またDr.ウィロー本人との戦いでは弟子の悟空やクリリンと共に三大かめはめ波を披露した。

サイヤ人編にてブルマがラディッツスカウターで計測した際の戦闘力数は139。

MAXパワー(最大出力)

亀仙人のフルパワー形態に相当する姿。筋肉を隆起させ肉体は二倍近く膨れ上がり、戦闘力も飛躍的に上昇する。その力はかめはめ波で月を消し去る程。エネルギーの消費が激しく月を消し去った際には、気をほとんど使い果たし、その後すぐに通常時の姿に戻っている。

原作ではフルパワーのかめはめ波を放つ時のみの姿だったが、劇場版『復活の「F」』やTVアニメ『ドラゴンボール超』ではこの姿で戦っている。『復活の「F」』編ではソルベ率いるフリーザ軍の残党達をなぎ倒し、途中長年修行をしていなかったクリリンと共に息切れを起こす場面も見られたが悟空が到着するまでの間持ちこたえた。

宇宙サバイバル編では、「力の大会」の第7宇宙の代表選手の一人として悟飯に選ばれこの姿で戦った。大会が始まる前、悟空がスカウトに向かった際には、鶴仙流のユーリンの妖術にかかってしまい悟空と天津飯と戦うことになるが、修行の成果か天津飯を萬國驚天掌でひるませし、通常状態の悟空とも渡りあっている。

得意技

武術の達人だけあり、非常に多彩な技を使う事ができる。
長年生きているためか武術から妖術まで、様々な技術を会得している。
ただし鶴仙流の技である舞空術は使えず、その煩悩から筋斗雲には乗れないため、飛行には子ガメラを使用している。

亀仙人自ら、50年の月日を経て生み出した大技。本気で放てばすら破壊できる。亀仙人が最初にこの技を出したとき、肉体をムキムキに膨らませていた。ゲームによっては「元祖かめはめ波」だったりもする。
  • 萬國驚天掌
体内に流れる微量な電流を両手で倍増させて放出、相手を宙に浮かせて動きを封じ感電させる非常に危険な技。物理的破壊力こそかめはめ波に劣るものの対生物の技としては最強クラス。その威力故、滅多なことでは使用しない。
元は亀仙人・鶴仙人の師匠である武泰斗が修行の旅に出で編み出した技。
相手を殺さず、札を貼った容器に封印する特殊技。
素早い動きで残像を残し、相手に自分の位置を誤認させる技。
一度に多くの残像を生み出す多重残像拳もある。
酒に酔ったふりをし、その動きの中で相手を攻撃する技。
  • よいこ眠眠拳
歌と動きで相手を眠らせる技、即ち催眠術である。
相手を催眠状態に陥らせて暗示をかける技。男狼を人間に戻すために使った。
  • 金縛りの術
眉間のツボを突き、相手の動きを一切を封じる技。
相手の心の中を読む超能力

人間関係

作中に登場する唯一の肉親として占いババがおり、亀仙人とは180歳以上年が離れている。

かつては武泰斗という武道家の下で修行をしており、その過程で彼とピッコロ大魔王の戦いを見届けている。また、兄弟弟子である鶴仙人はこの戦いの後に卑劣な性格に転じていったという。

弟子には悟空の養父・孫悟飯牛魔王がいるが、牛魔王は力任せで不器用なせいか奥義である「かめはめ波」の体得には至らなかった。

以降は弟子をとることはなかったが、後に悟空クリリンヤムチャといった若い世代の武道家たちを育て上げている。まだ少年であった悟空とクリリンに対しては、武道だけではなく学問の必要さも説き、文武両道である修行を課してきた(最も、官能小説を教科書代わりに読ませていたが)。天下一武道会においては自分の下でめきめきと強くなっていく弟子達が天狗になる事も既に予見していた為、自ら変装して“謎の武道家ジャッキー・チュン”として出場。特に悟空とは互角以上の闘いを繰り広げてギリギリのところで勝利し、世の中にはまだまだ上には上がいる事を実戦を通して説いた。

ブルマは、初対面で彼女の勘違いでノーパン姿を見せられたり、フライパン山では彼女(に变化したウーロン)にパフパフしてもらったりなどエッチなやりとりが多く、以降は顔を合わせるたびにパフパフを要求するなどしている。ただ亀仙人はウーロンだとは気付いていないため、ブルマはパフパフしてくれる性格だと思い込んでいるものと思われる。

アニメ版ではこうしたセクハラともいえるやりとりがチチ18号ビーデルマロンにまで及んでいる。

同じくスケベなウーロンとは気が合うのかよく二人で行動しており、アニメなどでもピチピチギャルやエッチな本など共通の趣味に興じている姿がよく描かれる。

ウミガメとは長い付き合いで敬意を持って接されてはいるものの、エッチな趣向や齢不相応な行為を咎められることもしばしば。登場時は彼の甲羅に乗って海を渡ってきている。
その他、永遠の命を与えるという不死鳥がいたらしいが食中毒で死んだらしい。フライパン山へ向かう際には、筋斗雲以外の移動手段として子ガメラを呼び出し回転する彼の甲羅に乗って飛行している。

家族としては、前述のカメハウスで長らくウミガメと二人だけで暮らしていたが、後に弟子入りした悟空とクリリン、二人が連れてきたランチを加えた3人を住まわせ、以降もクリリンは亀仙人の下に残っている。後にクリリンが結婚したことで18号が、二人の間に生まれたマーロンが家族に加わっている。

声優について

老人のキャラクターな為、担当声優も年配の方が多く鬼籍に入られたなどの理由で多くの担当声優が存在する。初代は宮内幸平が務め現在は主に佐藤正治が役を務めている。

宮内幸平無印、Z2話 - 260話
八奈見乗児無印137話での代役
増岡弘Z288話、GT
佐藤正治『龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる』、、『神と神』『復活の「F」』、
愛川欽也最強への道
石森達幸ゲーム『アドバンスアドベンチャー


関連イラスト

亀仙人
ドラゴンボール表紙カラー


第21回天下一武道会編 4  ジャッキー・チュン
亀仙人ファンアート



関連タグ

ドラゴンボール
仙人 武道家 スケベ 高性能じいちゃん
亀仙流 武天老師 ジャッキー・チュン
もうちょっとだけ続くんじゃ

pixivに投稿された作品 pixivで「亀仙人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1434071

コメント