ピクシブ百科事典

舞空術

ぶくうじゅつ

舞空術とは、漫画「ドラゴンボール」に登場する、空中を浮遊し飛行する技。
目次[非表示]

概要

体内のコントロールし放出して浮遊飛行する
地球では鶴仙流独自の技「舞空術」として知られていた。
作中の世界では訓練すれば一般人でも飛べるようになる技術で、飲み込みの早いビーデルは一二日で習得したが、彼女よりも上位レベルの亀仙人桃白白ヤジロベーチチ牛魔王は飛べなかった。他の気功系の技は戦闘能力の向上で威力は低めながらも自然に体得できる部分があるが、舞空術に関しては戦闘能力とは関係なく個別の修行が必要である。
そして宇宙人はごく普通に空を飛んでいた。
とはいえ、鶴仙流の教えを受けていない地球人が独学で習得するのは非常に困難らしく、クリリンが独学の舞空術を披露した際には周囲から驚かれていた。
 
元々は、ほとんど宙に浮く程度の効果で、あまり速く飛ぶことは出来ず、サイヤ人編序盤・ラディッツ戦の時点で、遠距離移動に用いていたのはピッコロ大魔王(とラディッツ)くらい。使えた筈の悟空も移動手段としては専ら筋斗雲に頼っており、ピッコロに「きさまようなの情けない舞空術」といわれる有様、あの世の蛇の道で使った際にはすぐに体力を使い果たしてしまっていた
ナッパ・ベジータ戦の時点で(ヤジロベーを除いて)戦士にほぼ必須の能力の扱いとなり、遠距離移動には大抵、舞空術が使われるようになる。一種のご都合主義というか、地球上に散らばって修行していた戦士たちをスムーズに戦いの場に集わせる為には、舞空術の遠距離高速移動ができるという設定にしておかないと、話が成り立たなかった。という考え方もできる。

プーアルは初登場時から浮遊及び飛行する能力を見せ、フリーザ親子の地球襲来時には他の戦士の舞空術と同じ速度で移動していたが、舞空術と同じ原理か否かは不明。
人造人間の飛行能力は体内の反重力装置によるもので舞空術とは似て非なるものである。

戦士でなくとも、デンデは、かなりの速度で空を飛んでおり、他にも戦士タイプでないナメック星人が空を飛んでる描写がある。ナメック星人にとっては、使えて当然の技のようだ。

余談だが空術と語表記されるケースが多い技でもある。
と覚えると、間違えにくいであろう。

関連イラスト

それほど難しい技じゃないんだ



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ 筋斗雲
 空中 浮遊 飛行 飛ぶ

関連記事

親記事

鶴仙流 つるせんりゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「舞空術」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 591913

コメント