ピクシブ百科事典

サイヤ人

さいやじん

サイヤ人とは、漫画『ドラゴンボール』に登場する宇宙人。宇宙最強の戦闘民族。孫悟空やベジータが代表例。
目次[非表示]

概要

惑星ベジータを母星とする宇宙人。容姿は平均的に地球人黄色人種に似ている。
屈強な肉体と高い戦闘能力、好戦的で凶暴かつ残忍な性格を有し、銀河最強クラスの戦闘民族と呼ばれる。
凶暴性に関しては技術を手に入れる以前の野蛮人時代からの風習、事業の性質上そのような性格に仕上がってしまうだけで、地球到着時はまだ赤ん坊であるカカロット(孫悟空)は命令を覚えている間こそ凶暴だったが頭を負傷して忘れてからは純粋な善人に育ち、既に残忍な性格に育った王子ベジータも超えるべき目標や家庭を持ってからは性格が軟化したりと、要は取り巻く環境次第である模様。
ただし好戦的な面に関しては、そのカカロットからも見られる辺り先天的な性質のようである。
それでも例外は存在し、ギネターブルはそもそも戦闘そのものを好まない温厚な性格であり、このような場合は「非戦闘タイプ」と見なされる。

歴史

元の母星は惑星サダラ。少数民族で流浪の民だったが、惑星プラント移住後は先住民のツフル人文化技術丸型宇宙船スカウターなど)を吸収したのち侵略し、惑星名を惑星ベジータに改め、王政を敷く。
ベジータ王フリーザと手を組み、数々の惑星を侵略・制圧しそれを異星人に売るといった、地上げ屋のような仕事を国全体で行うようになる。

それから数年後、(原因は諸説あるが)フリーザの手により惑星ベジータは消滅。
この際、サイヤ人はベジータら少数の男性のみが生き残り、純血サイヤ人は絶滅する運命にある。

身体・能力の特徴

  • 黒髪黒眼が殆どで、風貌は概ね地球人の黄色人種に似るが、のような茶色く長い尻尾が生えている。
  • 尻尾は失くすと、再生したり再生しなかったりする。尻尾を強く握られると力が抜けるという弱点があるが、鍛錬すれば克服は可能。尻尾は腰に巻きつけている者、下げたままの者などまちまち。
    • 悟空の尻尾は二度と大猿にならないよう地球の神の力によって完全に切除されたが、ベジータの尻尾は何ら処理をしていないにも関わらず、その後二度と生えてくることがなかった。
    は生まれた時から生えきっており、生涯長さは不必要に変化しない。切れても元の長さまで生える。ただし、禿げることはある。
  • サイヤ人の男女比率は8:2くらい。サイヤ人の女は非常に少ない。また、種族全体の性格でサイヤ人の女も気が強い者が多く、サイヤ人の生き残りである悟空とベジータが地球人で妻としたチチとブルマは、気性が類似しているという。(→女サイヤ人参照)
  • 先祖は地球人と似た年齢の取り方だったが、代々戦闘種族として進化して行き、その結果、子供時代は15歳頃まで幼児体型で相手を油断させ、その後18歳くらいから一気に戦闘に向いた体型に成長するようになった。そしてより多く闘うために、青年期は更に長くなり、50~60歳台でも顔に小さな皺ができて年齢を感じさせる程度で肉体の方は全く老化しなくなったが、ある年齢時期を境に一気に老けてしまい、反動で戦闘能力も著しくレベルが低下してしまう。ベジータの話によると最高80歳くらいまで肉体面は若いままでいられるよう進化したらしい。その寿命は地球人と同程度。
  • 別の資料では「地球人より自然寿命は長いが、戦いの中で生きているため、若くして命を落とす者が多く、結果的に平均寿命はそれほどでもない」ともある。(最強ジャンプ2014年3月号付録冊子エピソードオブバーダック参照)
  • 大食いで、地球人の数倍は食べる。
  • 種族全体の戦闘技術で、舞空術のようなもの、エネルギー弾を撃つことを体得している。ただし、気を探ることや戦闘力のコントロールはできない。
  • 傷の治りが早く、瀕死状態から回復すると戦闘力が大幅に上昇する。ただしこれにも限界があるらしく、サイヤ人の戦闘力の壁を何段階も超え続けてきた『超(漫画版)』時代の悟空やベジータはもはやこの性質が殆どなくなっている。
    • この事を知ったクリリンは「激しい戦いの度に悟空は強くなっていった」と述懐しており、サイヤ人が襲来する前から悟空のパワーアップはサイヤ人の特性も手伝っていた事が仄めかされている。
    生身のまま宇宙空間で生存できるかどうかは、原作では明言されていない。
    • 原作では、悟空が兎人参化如意棒を使って月まで連れて行っている話があるが、初期はギャグテイストが強いため、参考にならない。
    • 原作では、サイヤ人編で悟空と対決したベジータが地球そのものを破壊しようとしたシーンがあるが、ハッタリだったのか本気だったのかは不明。フリーザ編では、フリーザは宇宙空間でも生きられるがサイヤ人は無理という会話が出てくる。
    • 原作者脚本の『神と神』では、悟空と破壊神ビルスが最終的に戦っている場所はギリギリ空気のある成層圏。続編の『復活の「F」』では、同じ状況下で宇宙空間に放出されたベジータとフリーザに対して、破壊神ビルスが「あいつ(フリーザ)は宇宙空間でも生きられる」と発言していた。
    • アニメ版では、ベジータとナッパが宇宙空間で活動するシーンや、バーダックが宇宙空間に飛び出してフリーザ軍と戦うシーンがある。ブロリーは宇宙空間の移動にバリアを使っている。なお、過去にパラガスが暴れているブロリーを止めようとして片目を潰された時も宇宙空間にいた。この時ブロリーはもちろん、パラガスも生身であった。


変身能力

  • 尻尾を有した状態で、満月またはそれを模したパワーボールを目を通して見ることで、1700万ゼノ超のブルーツ波を吸収し大猿に変身、戦闘力が10倍にはね上がる。ベジータ曰くパワーボールの場合は少し戦闘力が落ちるらしい。王族やエリート戦士は大猿化しても理性や知性を維持できるが、下級戦士の場合は理性も知性も失われ、暴れまわるだけの怪物と化す。当然ながら言葉を発することもできない。しかし、ゲーム『ドラゴンボールヒーローズ』では、生まれた時から戦闘力が1万もあったブロリーはエリート戦士の部類に入るにも関わらず大猿化してもなぜか下級戦士同様理性も知性も失われたという設定になっている。満月から放出されるブルーツ波が途切れたり、尻尾を失くしたりすると大猿化が解ける。
    • GTでは黄金の大猿が登場、現状では悟空およびベジータといった超サイヤ人に覚醒済みのサイヤ人限定。ここで理性を取り戻すことによって超サイヤ人4に目覚める。かつては純粋サイヤ人限定だったが、後に例外としてGT悟飯が現れたため、混血であっても生まれた時に尻尾を有していれば大丈夫な可能性が現れてきた。
  • ある一定条件を満たすと、急激な戦闘力上昇により人型を保ったまま別の形態に変身することが可能。(→超サイヤ人参照)


文化的なもの

  • サイヤ人の社会は、ベジータ王を頂点にした専制君主制。最もベジータ王が侵略で奪った地で始めたので、同世代の他のサイヤ人がどれだけそれを受け入れていたどうかは不明ではある。パラガスなどは王の血統を脅かす可能性と言う理由で子を殺される事は受け入れなかった。後述から血統が重要視される世襲社会である事は間違いないだろうが。
    • ナッパがサイヤ人と地球人の混血(後述)を生み出して再びサイヤ人の天下を作ろうと提案した際、ベジータは「そんな奴らがいたら、俺達の立場が危うくなる」として提案を一蹴している為、王の血統を脅かしかねない存在を排除するという方針は、それ自体が王家の帝王学であるのかもしれない。
    血統と生まれた時の戦闘力の高さで身分が決まる。血統が良く戦闘力が高い者は「エリート」、親の身分が低く戦闘力が低い者は「下級戦士」。下級戦士はどんなに戦闘力があがってもエリート戦士にはなれない(例:戦闘力4000のナッパがエリートを名乗っている一方で、戦闘力10000超えのバーダックは下級戦士のまま)
  • 他惑星に攻め込みその星を制圧して異星人に売りつけることを生業とする。いわば宇宙規模の地上げ屋。この遠征はサイヤ人の戦士が子供の時分から行わされるが、次第に過激化してゆき、果ては戦闘力の数値が低い赤ん坊までもが、戦闘力の水準が低い惑星へ先鋒として送り込まれるようになった。ラディッツの「命令を覚えていたなら」という台詞から赤ん坊にはそういった命令を刷り込ませていると思われる。
  • 戦闘力が低い者や性格が非好戦的な者は他惑星に飛ばされる。生まれつき尋常でない戦闘力を持つ者もまた排除される(王族の脅威となりかねないため)。
  • 強さこそがすべてであり誇りである。戦えなくなった者、ついていけない者は見捨てられ、死ぬ
  • 親子愛や兄弟愛に乏しい。気に入らなければ親兄弟でも容赦なく殺す。ただしこれは「家族」という関係性へのこだわりが薄いだけであり、サイヤ人は独自の同族意識・仲間意識を持っている。
    • ラディッツが実の兄弟であることを利用して悟空に揺さぶりをかけていた為、骨肉の情の概念自体は理解しており、それが人にとっての弱みになり得る事も理解できている模様。
    • 家族の意識は、本来繁殖の為の最低限のものでしかないらしく、バーダックギネのように、繁殖目的以外ので結ばれるのは珍しいとのこと。バーダックはギネとの関係について「ギネの甘ったるい病気が移った」と述べており、サイヤ人社会の建前として、恋愛感情はあまり好ましいものではないとされている様子である。
    • 原作者脚本の『ブロリー(BROLY)』では、サイヤ人として生まれた子供はどんな階級でも保育カプセルに入れられ親の手をかけずに育てられる様子が描かれている(カプセル内で幼児達はチューブに繋がれて眠り続けており、戦士としての技術を刷り込み学習させているのだと思われる)。そして上述のようにサイヤ人の戦士は子供でも戦場に駆り出されるので、これでは親子や兄弟の触れ合いが弱くなるのもさもありなんだろう。
    • ターレス曰く「子供が親を殺す、それがサイヤ人だ」。パラガスは劇場版でその描写がある。パラガス曰く「これもサイヤ人のさだめか」。一方で彼自身はブロリーが赤子の頃から色々と気をかけており、それなりの父親らしさを持っていた。
    • 王族生まれのベジータは、自身のプライドの高い性格の影響もあって、魔人ブウ編では家族を持つことになった自分自身に対して疑問視しており、本来のサイヤ人と言える戦闘狂に戻るべく魔人ベジータに変化したのだが、魔人ブウを復活させてしまった事を責任に感じ、ベジータは完全に家族愛を受け入れるようになっている。
    • 親兄弟に特別な感情を抱くことが少ない一方で、「サイヤ人」という民族に対する同族意識を持っている者は多い。平和を愛するサイヤ人たち同じサイヤ人だからとごく自然に仲間に勧誘する者たち同族なのに死んだから復活させようと普通に考える者がいる。
  • コミカライズ版『ドラゴンボール超』で判明したが、前述の通り本来は惑星サダラに住まう者であったが、二派に分裂し滅んでしまい、後の惑星プラントに移住し今に至ったと云う。なお、平行世界である第六宇宙には同名の星は残っており、住民も健在である。そちらはサイヤ人(第6宇宙)の記事を参照。


地球人との混血

  • 純血のサイヤ人よりも潜在的な戦闘力が高くなるらしいが、純血サイヤ人に比べると戦闘を好まない傾向がある。また、サイヤ人としての形質の発現率もまちまちである。
    • 悟飯:誕生時は尻尾を持っていた(後に喪失)が、髪型は頻繁に変化し身長も年相応に伸びていていた。混血児の中では唯一大猿になった経緯を持ち、彼の場合は父親や父方の祖父が下級戦士故か、大猿になった時には理性が無かった。
    • 悟天:幼少期は髪型は変化せず(後に無理矢理変えた)身長の伸びも遅く、最初から尻尾を持たない。超サイヤ人に初めてなった時期は7歳の頃とかなり早めであり、アニメ版によればチチとの稽古で簡単に覚醒したとされている。
    • トランクス:尻尾を持たず髪も伸びるが、身長の伸びは遅い。ただし未来トランクスは身長の伸びが早めで、初めて超サイヤ人になった経緯も違う為、育った環境で成長の仕方が左右される模様。
    • パン:尻尾は存在していないが、赤ちゃんの頃から舞空術が使え、背が伸びやすくて髪型も頻繁に変わるなど、父親の遺伝が強い様子が窺えられる。GTでは110歳以上生きており、従来のサイヤ人の寿命を大きく超えている。
    • ブラ:尻尾は存在していない。一方で身長はかなり伸びやすく、GTでは9歳にして160cm台のベジータ&ブルマ夫妻に迫らんとする高身長となっている。髪型などはトランクス以上に母親の遺伝が強い。
  • GTでは、それぞれバーダックベジータ王の末裔となる孫悟空Jr.ベジータJr.が登場している。サイヤ人の血はかなり薄くなっているのだが、二人共隔世遺伝されたが如く悟空やベジータに酷似しており、(ベジータJr.は知らなかった様子だが)超サイヤ人に変身できるなど、相当サイヤ人の血は強いことが伺えられる。


絶滅への道

  • 惑星ベジータ滅亡後、生き残ったサイヤ人は、他惑星にいたベジータナッパラディッツターブル、そしてカカロット(孫悟空)の5人のみ。アニメオリジナルを含めると、ターレスブロリーパラガスの計8人。また映画『ブロリー』では生存していたベジータのチームにナッパやラディッツ以外の大人のサイヤ人が数名確認できる(その後も生き残ったかは不明)。
  • 惑星ベジータ滅亡により、女のサイヤ人はいなくなったため、今後純血のサイヤ人の誕生は見込めない。原作終盤まで生き残ったベジータ、カカロット、ターブルの3人はみな異星人のを娶っており、うちベジータ、カカロットは地球人との間に子をなしている。
  • GT最終話までの年月を計算すると、惑星ベジータ崩壊から150年以上は種の絶滅を免れた事になる。だが、上記の事実が付与された事により別宇宙のサイヤ人は未だ健在の可能性が見えてきた。


主なサイヤ人

純血サイヤ人の名前の由来は、野菜のアナグラム。
その名前を聞いただけでサイヤ人と特定している者もいるため、結構色々な名前のあるドラゴンボール世界でもかなり独特な名前である様子。
『ドラゴンボール超』ではベジータがブラにサイヤ人らしい名前として「エシャロット」と名付けようとしていたため、サイヤ人にとってもサイヤ人らしい名前の基準が存在するようである。

王族エリート
下級戦士地球人との混血種
除名・追放処分人工生命体
融合戦士第6宇宙
古代サイヤ人非戦闘員
原初サイヤ人別次元のサイヤ人

※は原作未登場のキャラクター。
原作、アニメ以外のキャラクターは数が多すぎる為、個別記事がある者のみ抜粋。

関連動画

【ドラゴンボール超】宇宙サバイバル編PV~サイヤ人編~


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボールGT ドラゴンボールマイナス ブロリー(映画のタイトル)
超サイヤ人 大猿 宇宙人 フリーザ軍 ナメック星人
男サイヤ人 男超サイヤ人 女サイヤ人 女超サイヤ人 サイヤ人(第6宇宙)
318 3月18日 サイヤの日
戦闘民族 ファナリス ラージャン
夜兎:こちらも宇宙最強の戦闘民族などと言われるなど、共通点が多い。

サイヤ人で構成されたグループタグ

牛蒡一家バーダック ギネ 孫悟空 ラディッツ (孫悟飯 孫悟天 パン 孫悟空Jr.
野菜王家ベジータ王 ベジータ ターブル (トランクス ブラ ベジータJr.
バーダックチームバーダック セリパ トーマ トテッポ パンブーキン
地上げ屋トリオ:ベジータ ナッパ ラディッツ
悟空顔孫悟空 バーダック 孫悟天 ターレス 孫悟空Jr. ゴクウブラック

関連記事

親記事

ドラゴンボール どらごんぼーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サイヤ人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3537327

コメント