ピクシブ百科事典

ゴテンクス

ごてんくす

漫画『ドラゴンボール』に登場する孫悟天とトランクスがフュージョンで合体した姿。
目次[非表示]

概要

声:野沢雅子草尾毅

ドラゴンボール』の魔人ブウ編から登場するキャラクター。
孫悟天トランクスフュージョンという技によって融合した姿。
ブウとの戦いで敗れていった仲間達やあの世に帰らねばならない悟空に代わってブウを倒すべく、悟空とピッコロの指導を受け誕生した。

逆立ったヘアスタイルで、中心が悟天の黒髪、左右がトランクスの青髪という二色の髪色を持つ。
衣装はフュージョンを編み出したメタモル星人の民族衣装に変化する。
他の融合戦士同様テンションが高く、生意気かつ自信過剰な性格で調子に乗りやすい。

フュージョンの性質上、この姿でいられるのはわずか30分のみ。
また融合前少しでもポーズを間違えると、不完全な肥満体やガリガリな姿になってしまう。

名前は、それぞれの「ゴテン」「トランクス」を合体させたものからきている。
ちなみに名前に慣れていない頃、ピッコロから「トランテン」と呼ばれたこともある。

戦闘力

実力

フュージョンの効果により2人がコンビを組んで戦うよりも圧倒的に高い戦闘力を誇る。
初めて融合が完璧に成功した時点で、その力は「気の嵐」と評されるほどであった。

初めは融合前にそれぞれが超サイヤ人に変身してからではないと超サイヤ人なれないとピッコロから予想されていたが、精神と時の部屋での一週間にわたる修行後は、ゴテンクスの状態で超サイヤ人に変身していた。

更にその修行の際、悟空が7年かけてやっとたどり着いた超サイヤ人3にも変身可能となった。
その戦闘力は魔人ブウ(悪)を上回るが、悟空同様エネルギー消費が非常に激しい為、変身持続時間は約5分と非常に短い。また老界王神に潜在能力を解放されたアルティメット悟飯よりは戦闘力は劣るらしい。

主な技

悟天もトランクスもまだ子供な為、ゴテンクスもそれは同じで、必殺技は子供らしいコミカルで遊びの要素が多い。

  • ギャラクティッカドーナツ
指で円を描いてリング状の気を作り出し、それを相手に投げつけて締め付ける。
ブウに対して使用したが力ずくで破られている。またゴテンクスを吸収したブウも使用している。

  • 連続死ね死ねミサイル
両手でエネルギー弾を連射する。ブウに大ダメージを与えるがすぐに再生されてしまった。だが攻撃中には反撃を許さず精神的にも大きなダメージを与えた。

  • 連続スーパードーナツ
超サイヤ人3の状態で使用。
両手の親指と人差し指を合わせて輪をつくり、そこから気のリングを連続発射して相手を完全に閉じ込める。

  • 激突ブウブウバレーボール
上述の連続スーパードーナツでボール状に拘束した相手…というか魔人ブウを文字通りバレーボールのように扱い、最後にスパイクで思い切り地面に叩きつける。
ピッコロがトス役をさせられたが、「オレはやらなくてよかったんじゃないか…?」と後悔していた。
ちなみに天津飯排球拳と似ているとファンから指摘される事があるが、『オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』では実際にゴテンクスが天津飯の技と踏まえた上で排球拳を使用している。

  • スーパーゴーストカミカゼアタック
口から本人そっくりのオバケのような形をした気の塊を放出する。
オバケはちょっとした刺激で大爆発を起こし、その威力は。ブウにも大ダメージを与える程。
またオバケそれぞれが意思を持っており、会話する事も可能で、作戦会議を行ったりの中に飛び込めさせたりなど様々な使用方法がある。ただオバケ同士が接触しても爆発するので注意が必要。
後にゴテンクスを吸収したブウもベジット相手に使用するが全く通用せず、「子供の考えた技だぞ」と笑い飛ばされた。
劇場版では一気に100体のオバケを作り出している。

劇中での活躍

孫悟空が対魔人ブウへの切り札として二人に伝授。
悟空があの世に帰ると代わりにピッコロが指導を行った。当初は悟天とトランクスの息が合わなかったために肥満体になったりガリガリになったりと、まったく力も姿も安定しなかったが、3回目でようやく成功させた。

成功後は自信過剰な性格から、ピッコロの忠告を無視し超サイヤ人にならないまま単身魔人ブウに戦いを挑みに行くが、すぐに敗れ帰ってきている。(原作ではその戦いの様子は描かれていないが、アニメではオリジナルシーンとして描かれている。)体力が回復し超サイヤ人の状態でフュージョンを行うと、またしてもブウに戦いを挑みに行くが、ブウの家についた所で時間切れで合体が解けてしまい、2人は逃走した。

その後、ブウは姿を変え神の宮殿まで乗り込むが、そのブウを見て今のゴテンクスではブウには敵わないと判断したピッコロにより、悟天とトランクスは精神と時の部屋に入れられる。ピッコロの時間稼ぎにより約1週間修行した2人はブウが部屋の扉を開けた時には大幅にパワーアップしていた。

ブウとの再戦では序盤は修行中に開発した必殺技で遊び半分に闘ったためには劣勢となるが、その超サイヤ人3に変身すると状況は一変。ブウを相手に優勢にバトルを押し進め、トドメをさす直前までいく。だらそこでエネルギーがなくなり通常形態へと戻り、変身も解けてしまう。

その後、界王神界から駆け付けた悟飯に救われるが、一時間後の再戦の際ゴテンクスの力とピッコロの知能に目を付けたブウにより吸収されてしまった。ブウに吸収されてからは30分後ブウの体内で解け、更にその後、わざとブウに吸収された悟空とベジータの手により救われる。だが救出直後で気絶している際に、再び姿を変えたブウが地球に向けてエネルギー弾を放った為、悟飯やピッコロと共に地球ごと死亡した。最終的にはポルンガの力で蘇り元気玉の作成に協力した。

ブウ編後が描かれる『オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!』ではフリーザ軍の残党アボとカボとの戦いで彼らが合体したため、それに対抗しゴテンクスとなり超サイヤ人の状態で優勢となった。

ドラゴンボールGTでは全く登場せず、ベビーとの戦いでフュージョンしようとした際にはゴテンクスになったところでベビーには勝てないと悟空に止められた。

劇場版『神と神』以降のシリーズでは「次世代の戦士を失いたくない」「無茶をしすぎる」「経験が少なすぎる」「子供達を戦いに巻き込みたくない」などの理由から、一応出番はあるもののその数は余り多くはない。

破壊神ビルスとの戦いでは劇場版では彼の暴走を止めるために合体して超サイヤ人の状態で戦いを挑むが尻を何回もはたかれ敗北し、アニメ版ではノーマル状態で軽くあしらわれてしっぺ連打とデコピンによりに激突して敗北する。漫画版では超サイヤ人3に変身しているが、こちらでも敗北している。

復活したフリーザとの戦いでは、劇場版では出番はなかったもののアニメ版では登場し、超サイヤ人になった状態でタゴマの股間めがけて頭突きをして乱入する。そのままフリーザ軍を相手にしようとしていた所で合体が解けてしまい後ろへ下がった。

破壊神シャンパ編の破壊神選抜格闘試合ではフュージョンがルール違反のため出場できなかった。試合終了後には代表選手の1人であったモナカの宇宙船に紛れ込みポトフ星において、超人水にまつわる騒動に巻き込まれる。その際助けに来たベジータの力を取り込んだ超人水により生まれた複製ベジータと戦うが、彼が通常状態にも関わらず超サイヤ人3の攻撃が全く通用せず敗北し分離した。

余談

声について

ゴテンクスの声は悟天の声優である野沢雅子とトランクスの声優である草尾毅が同時に喋りあてている。この合体したキャラクターの声を元の2人の声優が声をあてるという例は、後にゴジータベジットを初めとした同作品の多くの合体キャラに適用されるようになる。

青年ゴテンクス

前述の通りGTでは出番がなかったゴテンクスだが、後にゲームドラゴンボールヒーローズで青年の姿となった悟天とトランクスがフュージョンした「ゴテンクス:青年期」が登場している。青年の姿になった事で以前より身長が伸びた他、新たに黒いインナーや茶色い手袋を着用している。

ゴテンクス:ゼノ

こちらはトランクス:ゼノ孫悟天:ゼノがフュージョンした姿。ドラゴンボールヒーローズのみ登場。青年期の方との違いは、ズボンが黒であること、剣を背負っていること(ただし、使用するのは超ユニット技時のみ)。ちなみにトランクス:ゼノは未来側の方なので悟天の存在は知らない、悟天とは親友ではないはずだが、フュージョンに対しては「2人で練習した」と語っている。

EXゴテンクス

こちらはドラゴンボールフュージョンズに登場する、メタモリングを用いたEXフュージョンでフュージョンした姿。性格はほぼ同じだが、容姿は異なっている。



関連イラスト

DBログ
Gotenks


いくわよーーっ!!
さいきん



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール超
復活のフュージョン!!悟空とベジータ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる 神と神
フュージョン 合体 融合
孫悟天 トランクス(ドラゴンボール)

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴテンクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 552436

コメント