ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ガンマ2号

がんまにごう

映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』に登場するキャラクター。
目次 [非表示]
※この記事は、映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』のネタバレを含みます。

「ちょっとガッカリだなあ…“もっと凄い!”って思ってたのに〜」

「たった今確信した どっちが悪か!!!」

概要

CV:宮野真守


映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』に登場するキャラクター。

新生レッドリボン軍ドクター・ヘドが生み出した新たな人造人間の2号機。


一人称は「ボク」。青いマントと青い光線銃、2つの頭の突起が特徴的。

ややノリが軽く(インタビューにて演者の宮野氏曰く「お調子者」との事)、ガンマ1号にたしなまれることも。しかし、「“正義”の心」は本物であり、ヒーローの文化にソコまで詳しくないピッコロですら「スーパーヒーロー」と認める程。それ故に敵対した劇場版ゲスト達の中では主要人物達からの好感度は非常に高く、彼らが悪戯に破壊される事を良しとしなかった。


キャラデザのモチーフはおそらく1号同様ウルトラマン

人造人間開発のモチーフとしては、1号のモデルとなったと思われる1号そのままの容姿をしたヒーローが存在しており、そちらのデザインをアレンジしたものと思われる。


漫画版ではサイヤマンX1・X2として活動するトランクス(ドラゴンボール)孫悟天にヘドが感銘を受けてモチーフとしており、「敵ながらめちゃくちゃカッコいいヒーローをモデルにした」と本人達に語っていたらしい。


戦闘力

Dr.ヘドが宇宙で最強の人造人間を作ると豪語しただけはあり、潜在能力を解放したピッコロすら圧倒する程の実力を誇る。また、相手の戦い方を学習する機能も搭載されているため、戦いが長引けばどんどん性能が向上していく。


戦闘方法は派手な肉弾戦は勿論、光線銃からビームを複数発射したりチャージし高出力の一撃を放つことも可能。

生体スコープも搭載されており相手の位置を探る事ができる。

また、17号18号達の様な永久型では無くエネルギーに限りはあるが、許容量は非常に高くしかもエネルギーが続く限り常に全力で戦い続けることができ、更にそれらを一気に使い切ることで一時的に攻撃力を高めることもできる。


活躍

悪の組織として教えられたカプセルコーポレーションを打ち倒す為にヒーローとして造られたことに誇りを持っており、その為の実戦テストでかつて世界を脅かしたピッコロ大魔王もといピッコロを襲撃。

そのまま秘密基地へ帰還するも、トドメを刺し損ねたピッコロに後をつけられ彼の侵入を許してしまう。


そしてマゼンタたちによる誘拐作戦を利用したピッコロの計略で、娘であるパンを救出しにきた孫悟飯が秘密基地に現れる。それを迎撃し、以降はガンマ1号と孫悟飯との戦いを観戦。

その最中、変装したピッコロがパンを痛めつける演技に激昂。

それと同時に孫悟飯も激昂し全盛期まで力を取り戻したことでガンマ1号が劣勢となってしまい、Dr.ヘドの指示で加勢に入ろうとする。

そこへ、正体を現したピッコロと交戦。

潜在能力を解放したピッコロは以前からは考えられない程のパワーアップを果たしていたが、それでも徐々に圧倒していく。

が、これまでのレッドリボン軍の行動や、悪意を感じ取れないピッコロたちを間近で見てきたことで自身の存在理由と正義の価値観に混乱してしまう。

それでも使命をまっとうするべくピッコロを追い詰めるもピッコロは覚醒し、パンチ一発で倒されてしまう。


その後、子どもであるパンに容赦なく発砲するカーマインの愚行を目の当たりにしたことでどちらが悪であるかを判別しレッドリボン軍を完全に見限り、(その際に光線銃でカーマインの銃を撃ち、パンの攻撃に繋げた。)ピッコロたちとの誤解は解消された。


しかし、追い詰められたマゼンタが死に際に起動させたセルマックスが暴走。その余波がヘドを巻き込み彼の消息は不明になってしまう。

そして、ガンマ1号とともにセルマックスに挑むことに。加勢しにきた孫悟飯たちにセルマックスの弱点を伝え戦う。

それでもセルマックスの猛攻は激しく業を煮やした末、命懸けの特効を仕掛けることを決意する。

ガンマ1号にヘドの安否を伝え、ピッコロたちに撹乱を任せ宇宙空間まで飛び立ちエネルギーを高める。

そしてそのままセルマックスの頭部目掛け一直線に突撃。

左腕を破壊することに成功するが弱点には届かず、自身もエネルギーがなくなり完全に機能を停止(=死亡)してしまう。

その後はピッコロに庇われ、ガンマ1号の手でヘドのもとへ運ばれる。


そして、ピッコロたちの足止めと孫悟飯ビーストの活躍でセルマックスは無事に撃破。

全てが終わったあと、ピッコロ、ヘド、ガンマ1号に看取られながらスーパーヒーローはこの世を去っていった。


ドラゴンボールゼノバース2では

DLC『正義のヒーロー編』にて登場。


博士を名乗るフューにより21号16号と共に集められる。

フューの計画で西の都に向かい、歴史通りピッコロと孫悟飯と交戦。

しかし、歴史改変のエネルギーに研究用のタンクが耐えられずにセルマックスが暴走してしまい、ピッコロ達と共闘することに。

フューの手でセルマックスを別の場所に転送し、戦いを開始。

ある程度セルマックスにダメージを与えると、セルマックスの弱点を破壊するために人造人間16号とガンマ2号が同時に動き、プレイヤーにはその「どちらか1人」を止めるかという選択肢が出てくる。


「ガンマ2号を止める」を選択した場合は、人造人間16号がセルマックスの頭部にしがみつき自爆機能を使用。一時的にセルマックスを止める。

16号との最期の言葉を交わし、彼の決意を受け取ったガンマ2号は人造人間21号達と連携し、セルマックスに立ち向かう。そして、孫悟飯ビーストとオレンジピッコロの魔貫光殺砲でセルマックスを撃破された後は、1号、2号、21号は16号の様なヒーローになると固く誓うのであった。


「人造人間16号を止める」を選択した場合は、原作通りガンマ2号が突撃しセルマックスの左腕を破壊。その直後に彼は消滅するが、ガンマ1号は彼の青色の光線銃を手にセルマックスに立ち向かい、ピッコロ達の援護のもと人造人間16号、21号と共に頭部の弱点を狙撃。

セルマックス撃破後はその光線銃も消えてしまった。


ドッカンバトルでは

2022年10月に劇場版連動キャンペーン第3弾の目玉キャラとして1号と共に初登場。

1号が攻撃を受けながら防御力を高めていくタイプなのに対し、こちらは連続攻撃で攻撃力を高めていくタイプ。

最大4回の怒涛の連続攻撃に加え、攻撃するたびにステータスと会心率が上昇。さらに味方への気力とATK(いわゆる攻撃力)サポートも持っており、超攻撃型の性能である。

当時、最難関イベントであった「目醒める恐怖!セルマックス」において特攻キャラに指定されており、この2号はダメージソースとして大活躍していた。

現在ではインフレによって同時登場の1号に遅れを取っているが、それでも相当な実力者であり、一部カテゴリのミッションクリアには必須級。


そして2024年2月、9周年キャンペーンにて1号とのコンビカードとして祭限定LRが登場。

特筆すべき点として広範囲カテゴリへの50%という高倍率サポートを持っており、特にこの1号&2号をリーダーとして運用すれば「超HERO」カテゴリでは実質的に250%リーダーとして使える。

現在のドッカンバトルではリーダースキルは200%の補正倍率が最大のため、相当なインフレを果たしている。また同カテゴリは同じく9周年で登場した最強格のキャラや、最強格に返り咲いたキャラも編成可能なため、見栄えも強さも最高の編成を組むことができる。

その他の性能はダメージ軽減や連続攻撃など1号と2号の性能デザインをそのまま複合させたような性能となっている。


ここからさらにスタンバイスキルが発動可能。

サポートはそのままに、基礎補正倍率とダメージ軽減率が引き上がり、1号単体で戦うこととなる。

この状態でフィニッシュスキルを発動すると、セルマックスに特攻するあのシーンが超ハイクオリティの再現度で流れ、作中同様に相手に大ダメージを与える事ができる。


これでも敵が倒れていなかったら再び1号単体で戦闘することとなる。

サポートはやはり据え置きのまま、2号から託された正義を胸に最大条件下でのステータスとダメージ軽減率が大きく引き上げられ戦う。

スタンバイスキル以前よりも強化されており、一部では1号を2号を射出して強化する男と呼んでいるとかいないとか。


ちなみに9周年キャンペーンは敵も味方もインフレが大きく進んでおり、これだけの性能がありながら9周年のメインキャラの中では最弱候補という恐ろしい状況になっている。

まあ、本当にぶっちぎりでこの世界で一番強い男最強の融合戦士最大の敵、サイヤ人など本当に猛者揃いなので致し方ない部分もあるのだろうが。


ちなみにスタンバイスキル発動前のカードイラストは劇場版第2弾ビジュアルのポーズと一致しており、孫悟飯ピッコロの視点から見た二人を描いているのだと思われる。


余談

ガンマ2号とゼロ

  • ヒーローがモチーフな上、頭部の形状、青いマント、からウルトラマンゼロを連想する意見がある。
    • 尚、1号役の神谷氏もウルトラマンシリーズでジャンボット役で宮野氏と共演している。
    • また、彼らの産みの親であるドクター・ヘドを演じる入野自由氏もジャンナイン役で共演している。
    • 更に、海外限定で日本では観る事が出来ないが円谷プロの公式Youtubeチャンネルで配信されているウルトラマンZの英語吹替版でのゼロの声優は英語版悟空の声優を担当されているショーン・シェメル氏が担当されている等何かと縁がある様だ。

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超

スーパーヒーロー(ドラゴンボール)

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2979544

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました