ピクシブ百科事典

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人・進化

すーぱーさいやじんごっどすーぱーさいやじんしんか

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人・進化とはベジータが可能性の殻を破り辿り着いた新たな超サイヤ人ゴッド超サイヤ人である
目次[非表示]

概要

ドラゴンボール超宇宙サバイバル編にて悟空身勝手の極意へと到達したのに対し、ベジータが新たに可能性の殻を破り到達した姿。

ブルー特有の青い髪やオーラがより濃い色へと変化し、全身が光り輝き、瞳が身勝手の極意の時の状態と似たものになる。
大神官は「今までの超サイヤ人ブルーをはるかに凌駕する力を我が身に集約させた」姿と評しており、ピッコロは超サイヤ人ブルーのその先の力だと語っている。

超サイヤ人ブルーに則って、「超サイヤ人ブルー進化」となる。
その他の名称としては『ドッカンバトル』では「超サイヤ人ゴッドSSベジータ(進化)」、BDBOX購入特典の「SETTING ART BOOK」では「超サイヤ人ブルー強化」と呼称されている。

活躍

アニメドラゴンボール超宇宙サバイバル編にて登場。
第11宇宙最強の戦士ジレンとの闘い。ブルマを始め、トランクスやブラ、そして第6宇宙のサイヤ人キャベとの約束を果たす為、己の殻を打ち破り覚醒。
超サイヤ人ゴッド超サイヤ人20倍界王拳を開放した孫悟空と共にジレンに挑み、不一致な連携攻撃でジレンを翻弄させる。

が、その戦いに破壊神モードとなったトッポの乱入、孫悟空と分断されてしまう。
先程とは比べ物にならないほどのパワーアップを遂げたトッポを相手に苦戦を強いられる。
しかし、追いつめられた末にブルマたちを思い起こす。そして徐々にトッポを上回り、遂には破壊のエネルギー突破し猛攻をしかける。
最後はかつて魔人ブウに対して使用した自爆技でトッポの破壊玉をかき消し、彼を場外へと押し出す。

全てを捨てた力に対し、全てを背負った力で打ち勝ったのであった。

そしてジレン戦。トッポとの戦いで激しく消耗してはいたが変身は可能で、孫悟空と17号の3人でジレンに挑むもフルパワーを開放した彼には通用せず、一蹴されてしまう。

その後、力尽き変身すらままならない状態でジレンに食い下がり続け、残りの気を孫悟空へ託し場外へと落ちていった。

漫画版での登場

  • 力の大会編

宇宙サバイバル編でこの姿に相当する形態を披露。アニメ版とは違い瞳や体格の変化は無いがオーラの形状が変化している。ジレン曰く身勝手の極意・兆を発動した悟空の次に強いとのことで、悟空はこの少し前に超サイヤ人ブルー界王拳に相当する変身を披露しており、つまりこのベジータの姿はその時の悟空よりも強い事になるが、それでもジレンには遠く及ばない。

この章でベジータは、この形態を「フルパワーの超サイヤ人ブルー」と呼んでいる。

ナメック星にて、死刑囚“星食いのモロ”との戦いで開放。
モロを上回る戦闘力で追いつめるも、モロの保有する対象のエネルギーを吸収する能力により、戦闘中に気を奪われてしまい敗北。

その後、一時的に復活した大界王神との会話では、エネルギーを吸収し肉体が全盛期近くまで回復したモロ相手でも、超サイヤ人ブルーならば倒せると発言している。

しかし、モロのエネルギー吸収に対する手段を持ち合わせておらず、再び劣勢となる。
それを打破するため、ベジータはヤードラット星へと赴く。
そこでスピリット(気)の操作を学び、新たな得た能力を会得する。さらに上昇した基礎戦闘力のおかげで超サイヤ人ブルーの強さも以前とは比べ物にならない程上昇しており、身勝手の極意“兆”を発動した孫悟空と互角以上に渡り合ったモロに食い下がれるまでになっていた。
それに加え、ヤードラット星で覚えたスピリットの強制分離でモロを弱らせ追いつめていく。

しかし、トドメと言うところでモロは切り札としてとっておいた自分の全盛期の力をコピーさせておいたセブンスリーを吸収。その力はベジータを上回る程であった。
戦闘力が大きく離れた事によって、攻撃を当てなければ発動しないスピリットの強制分離が通用しなくなる。さらにベジータの技や能力もコピーされ、ビックバンアタックで瀕死のダメージを負ってしまう。

その後は、デンデにより回復し戦線に復帰。地球と融合したモロを能力で弱らせ孫悟空をアシストし、ピッコロたちの気を孫悟空に分け与える等、モロ撃破に大きく貢献した。

場所はビルス星。サイヤ人の過去の行いに負い目を感じていたベジータは、ビルスに下らないと一蹴される。そして、惑星ベジータ破壊の件は自分も携わっていた事を明かされる。
それに激怒したベジータは超サイヤ人ゴッド超サイヤ人・進化へと変身し、ビルスを攻撃。
力の大会よりも遥かにパワーアップした姿で挑むも、あっさりと返り討ちにされてしまう。
そして、過去の自分を破壊し新しい自分を創るべく、ビルスのもとで修行を受ける。

そして、かつてサイヤ人に滅ぼされたシリアル人の生き残りグラノラとの戦いでもこの形態を披露。
孫悟空を倒したグラノラに、過去のサイヤ人の行いなど現在の自分たちには関係ないと吐き捨て、グラノラを殺すべく激突。
シリアル星のドラゴンボールで宇宙一の戦士となったグラノラに対して多彩な戦法で対応するも、実力差はあまりに大きく追いつめられる。

しかし、ベジータはそれでは終わらず、ビルスとの修行により新たな力我儘の極意を発動させる。

ゲームでの活躍

スーパードラゴンボールヒーローズ

UVM1弾にて初カード化。
必殺技は、漫画版から引用の「ガンマバーストフラッシュ」となっている。
※なおこの必殺技は、漫画版の未来トランクス編合体ザマス戦にて超サイヤ人ゴッド超サイヤ人の状態で使用した技で、ゲーム内でこの技を放つときには、破壊神モードのトッポとの戦いでファイナルエクスプロージョンを使用した際のセリフである「破壊しきれんほどの技を食らわせてやる!」を言うなど、結構カオスな状況になっている。

さらに、ビックバンミッションでは、超サイヤ人ゴッド超サイヤ人・暴走制御という強化形態も登場。

同じくビックバンミッションで、超サイヤ人ゴッド超サイヤ人・進化となったゴジータも登場している。


プロモーションアニメでの活躍

第10話ではコアエリアの戦士のオレンカミンの合体、カミオレンに対抗するするためにこの形態となる。

第11話では彼らを圧倒し、ファイナルフラッシュで合体を分離させた。そのあと、悟空トランクスとともにハーツの重力に縛られしまう。それと同時に変身を解除されてしまった。

第6話でゴジータ:BMが変身。超サイヤ人ゴッド超サイヤ人状態で圧倒していた紅き仮面のサイヤ人(超サイヤ人ロゼフルパワー)を更に追い詰るべく変身。
不死身すらものともしない圧倒的な戦闘力を見せつけ、自棄を起こし突進してくる紅き仮面のサイヤ人に、カウンターで鉄拳を喰らわせ仮面を破壊。消滅へと至らせる。

ドラゴンボールゼノバース2

2019年7月11日DLC第9弾より、ベジータ(超サイヤ人ゴッド)、リブリアンともに参戦した。

ドラゴンボールZドッカンバトル

2020年6月28日に、孫悟空・超サイヤ人ブルー界王拳とのコンビカードでLRが近日実装されると発表された。

2021年の6周年では『ベジータ(超サイヤ人ゴッドSSベジータ(進化))』名義のLRで、『孫悟空(身勝手の極意)』とのWドッカンフェスで同年1月30日に実装された。



関連タグ

ドラゴンボール超 ベジータ 超サイヤ人ゴッドSS 超サイヤ人ブルー

超サイヤ人ブルー界王拳:悟空が超サイヤ人ブルーの姿に界王拳を上乗せした同じ派生形態。

超サイヤ人ゴッド超サイヤ人・暴走制御:スーパードラゴンボールヒーローズ出展の形態。

関連記事

親記事

超サイヤ人ゴッドSS すーぱーさいやじんごっどすーぱーさいやじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人・進化」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17251

コメント